おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

君のためなら千回でも

2008-01-29
君のためなら千回でも

 「ネバーランド」で人間洞察の鋭さを見せてくれたマーク・フォースター監督が、カーレド・ホッセイニのベストセラーを映画化したのが「君のためなら千回でも」であります。

映画は、2000年のサンフランシスコから始まります。小説家を夢見たアミールは初めての小説が出版された日、一本の電話を受けとります。故郷アフガニスタンで父の友人だったラヒム・ハーンからだった。ハーンはアミールに衝撃的な事実を伝え、20年振りにパキスタンで会いたいと言う。初めは断ったアミールだが、真実はあまりにも重かった。

まだアフガニスタンが平和だった頃、1970年代、ソ連軍が侵攻してくる前、アミールは上流社会の一員だった。裕福な家庭ではあったが母はアミールを出産する時に亡くなり、父親の手で育てられた。そんな境遇の心の支えは、召使いの息子でひとつ年下のハッサンだった。幼い頃から一緒に育ち、いつも行動を共にしていたふたり。冬休み最大のイベント、凧揚げ合戦の日、アミールとハッサンは最高の栄誉を手にしたが、悲劇が待っていた。ハッサンに起こったひとつの出来事を目撃したアミールは、その時からハッサンを避け、ある裏切りをしてしまう。離れ離れになったふたりを、尚、引き裂いたのはソ連の軍隊だった…。一本の電話でハーンに会ったアミールは、タリバン政権下の故郷に入らざるを得ず、アフガニスタンに向うのだった…。

子供の頃に裏切った代償を払うアミールの前に繰り広げられるストーリーは驚愕そのものです。心を打つ行動を見ながら涙が出てきました。人間の絆をシッカリ見て欲しい。
----------------------------------------------
■「君のためなら千回でも」作品情報はコチラ
-----------------------------------------------

(R)&(C) 2008 DreamWorks LLC. All Rights Reserved.

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。 テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX