おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

デッド・サイレンス

2008-03-25

 ホラー映画大好き人間の私にとって「サイレント・ヒル」以来、胸をときめかすホラーに出会っていませんでした。それがウーンと唸ってしまうほど、懐かしくも情緒あるホラーを見て胸が踊ってしまいました。それも私が大嫌いな「ソウ」シリーズを作ったジェームズ・ワン監督と脚本家のリー・ワネルのコンビが作ったので、余計嬉しくなってしまったという“オマケ”もついた映画なのであります。タイトルは「デッド・サイレンス」。このホラーのアイテムは“腹話術の人形”。古いでしょう。懐かしいでしょう。スタッフは、昔々のユニバーサル映画のホラー映画へのオマージュでこの映画を撮ったみたいです。だから映画の頭に出るマークが'50年代のユニバーサルの地球の周りをプロペラ機がまわっているモノクロのもの、このオープニングから気に入ってしまいました。ある雨の夜、若い夫婦のもとに差出人不明のトランクが届きます。中にはビリーという名前の“腹話術の人形”が入ってました。夫がちょっとした買い物に出て戻ってくると妻は舌を抜かれてベッドの上で死んでいました。夫は、人形を見た時ある詩を口ずさんだ妻のことを思い出し、詩が読まれた夫の故郷レイブンズ・フェアに向います。果して、そこには何が待っていたのか?

とにかく“悪魔の手鞠唄”のように詩が謎を解く鍵に。そして、100体の人形が登場してくるクライマックス、衝撃のラストは思わず息を飲んでしまう嬉しさなのです。
-----------------------------------------------
■「デッド・サイレンス」作品情報はコチラ
-----------------------------------------------

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX

ソーシャルブックマーク: