おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

ダークナイト

2008-07-29

 「ダークナイト(夜の騎士)」はクリストファー・ノーラン監督とクリスチャン・ベールが組んだ「バッドマン/ビギンズ」の2作目であります。話題は、今年急死した「ブロークバック・マウンテン」でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた“ヒース・レジャー”が世紀の大悪党“ジョーカー”を演じているということと、「サンキュー・スモーキング」で認知度があがったアーロン・エッカートがゴッサム・シティーの新任検事ハービー・デントとして登場してくることでしょう。ふたりともブルース・ウェイン=バットマンと複雑にかかわりあってきます。

今回の“バットマン”はハッキリ言って、扱いづらい作品です。“ジョーカー”という狂気じみた残忍な人物(第1期シリーズの第1作「バットマン」でジャック・ニコルソンが演じたジョーカーとは、まったく異なった人物になっています)は、どんなルールも一切関係ない、たとえ自滅しても平気、ただ、ただ、破壊に熱中していく者として描かれています。彼が動くことでストーリーが次々と変化し、彼が何か仕掛ければ、まったく違う展開が始まります。それを書いたり、喋ったりすれば、映画を見る意味が希薄になってしまう怖れがあります。派手だし、サスペンスはたっぷりありますが、全篇、暗い、限りなく暗いのです。ゲイリー・オールドマンマイケル・ケインモーガン・フリーマンと名優揃いですが総てが迷っている。あげくに、そういう終わり方…。でも、つまらなくはない…。あなた見ますぅ…?
-----------------------------------------------
■「ダークナイト」作品情報はコチラ
-----------------------------------------------

TM &(C)DC Comics (C)2008 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX

ソーシャルブックマーク: