おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

アメリカン・ティーン

2008-10-07
アメリカン・ティーン

 ハリウッドの名プロデューサーだったロバート・エヴァンズの半生を追ったドキュメンタリーで名をあげた(「くたばれ!ハリウッド」)ナネット・バースタインが、アメリカ中南部インディアナ州の地方都市ワルシャワにあるワルシャワ・コミュニティ高校に少数のスタッフと乗りこみ、約1年間、カメラを回し続けて出来たのが「アメリカン・ティーン」であります。サンダンス映画祭、ドキュメンタリー部門、最優秀監督賞を獲得した秀作です。

5人の生徒、それも高校3年生、17歳の生徒をフィーチャーして“青春”の歓び、苦しみ、恋の行方、人生の出発点へのアプローチなどを浮かび上がらせていきます。田舎町が肌に合わず、映画を学びたいと熱望するが現実との間で揺れる“変わり者”のハンナ、外科医の末娘で、学生自治会で副議長をしている女王様メーガン、高校バスケット部の花形選手で全校の憧れの的コーリン、マーチングバンドでクラリネットを吹いているオタクのジェイク、バスケットチームのレギュラー選手で才能はコーリンほどではないけれどイケメンのミッチ、彼らの日常の中で展開される、まさに“青春”を美事にとらえて、若さの秘密をさぐっていく手腕に、私は甘酸っぱさを感じノスタルジーに浸りました。同世代の人達必見のドキュメンタリーではありますが、彼らの親の世代も、是非、見て欲しい作品であります。
-----------------------------------------------
■「アメリカン・ティーン」作品情報はコチラ
-----------------------------------------------

(C)2008 BY PARAMOUNT VANTAGE,A DIVISION OF PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. TM,(R)& Copyright (C)2009 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。 テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX