おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

イーグル・アイ

2008-10-14
イーグル・アイ

 S・スピルバーグが10年前にアイデアを思いついた時、この映画はSF映画でした。しかし、今日、これだけデジタル・テクノロジーが進化し、日常の中で無くてはならないものになったら、この映画は怖しいほどのサスペンス映画になってしまったのです。

「イーグル・アイ」はコピーショップに勤める若者の日常から始まります。別に特別の人ではない、トランプの博打に興じ、仕事はイヤではないけど適当にこなし、束縛されるのをキラい、でも人生に目的を持たない普通の人間が、ある日、テロ容疑でFBIに拘束されてしまう。それも携帯電話から、まったく知らない女の声で「あと10秒後にFBIが捕えにいく、逃げろ!!」と言われ、カウント・ダウンされているうちに捕ってしまったのだ。取り調べの最中、またまたケイタイに女の声が流れ「部屋の隅に行け!!」と聞こえるか聞こえないうち、壁や窓が破られ「逃げろ!!」と言われ、高層ビルから脱出したジェリー。そのあとは、電光掲示板、交通信号、ATM、監視カメラ、GPSなどで、行くべき所、やるべき事を指示される。それを拒否すると突然命を落すようなアクシデントがジェリーを襲うことに…。同じような目にあったシングル・マザーのレイチェルと、アリアと名乗った女の声の導きで出会い、ふたりはアメリカを震撼させる巨大ミッションに巻きこまれていくのだった…。

このイントロダクションだけで、あとは知らないで劇場に足を運ぶことをおすすめします。何も判らない登場人物と、まったく同じサスペンスフルな体験を楽しめます。そして、ラスト…考えるにも悲しい…。
-----------------------------------------------
■「イーグル・アイ」作品情報はコチラ
-----------------------------------------------

Copyright(C)2008 DreamWorks Pictures LLC. All Rights Reserved

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。 テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX