おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

ディファイアンス

2009-02-10

 「007/慰めの報酬」のダニエル・クレイグが主演した「ディファイアンス」は、ナチスによって迫害されたユダヤ人を救ったユダヤ人の3兄弟の話で、これは実際にあった話を映画化したものです。1941年、ポーランドを占領したナチス・ドイツ軍は小さな田舎町まで迫ってきた。両親を殺された“ビエルスキ3兄弟”はベラルーシの森の中に逃げた。遊び馴れた森の中で生活を始めた兄弟のもとにドイツ人の迫害から逃げてきたユダヤ人の老若男女が集まってきた。長男のトゥヴィアがリーダーになって、この人々をドイツ軍から守っていった。1944年の終戦のとき、この森の中には1200人のユダヤ人が暮していた。教会も学校もあったといわれている。

 この兄弟の話は身内も公にしなくて、今まで語られることがなかった。「ラスト・サムライ」のエドワード・ズウィック監督が脚本も書いて映画化して、初めて、世界に知られるようになりました。シンドラー、杉原千畝とならんだユダヤ人の救世主。こういう映画を作る、というだけでも、その行為は“立派”と言わなければなりません。戦後、60何年たってもユダヤの人が受けた迫害を忘れずに映画にするのも“イスラエル”と“パレスチナ”の戦う今日、もう一度、考えなければいけないのだと思います。
-----------------------------------------------
■「ディファイアンス」劇場・作品情報はコチラ
-----------------------------------------------

★「淀川長治とおすぎの名作映画コレクション」絶賛発売中!!
「淀川の母」と慕うおすぎさんと、おすぎさんと自らをシンデレラとその姉と形容する淀川さん。仲の良いふたりが語る名作映画の数々。映画にあらわれるさまざまな人生への、二度とない水先案内書。

(C)2008 by DEFIANCE PRODUCTIONS,LLC. All Rights Reserved.

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX

ソーシャルブックマーク: