おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

インビクタス/負けざる者たち

2010-02-04
インビクタス/負けざる者たち

 クリント・イーストウッドの新作が“ネルソン・マンデラ”を主人公にした作品だと聞いた時、どんな政治映画になるのだろうか、と思っていました。ところが「インビクタス/負けざる者たち」を見終わって、最初に感じたのは、イーストウッドという人はなんという人なんだろう、でした。2000年以降、彼が作る映画はどれをとっても“秀作”以外の何物でもありません。
 1994年、南アフリカ共和国に初めての黒人大統領が誕生しました。“ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)”その人でした。27年間、前政権のもとで投獄されていた“不屈の人”です。そのマンデラが、1995年、すでにきまっていた“ラグビー・ワールドカップ”開催に向かって意欲を見せはじめます。アパルトヘイトの象徴だったラグビー(白人のするスポーツ)の南アのチーム“スプリングボクス”には黒人の選手はひとりだけ。あとは白人ばかり。何故、マンデラは、この“南アの恥”と呼ばれたチームに肩入れしたのか…。そこにはマンデラの壮大な目的があったのです。チームのキャプテンであるフランソワ・ピナール(マット・デイモン)を官邸に招いて語り合った時、ピナールはマンデラの目的に気付きます。
 一年かけてチームは変身を遂げます。ラグビーの試合も感動的ですが、マンデラの目的に、涙を流すほど胸がふるえました。日本の政治家と比べてしまいました。2010年幕開けの大傑作であります。
-----------------------------------------------
「インビクタス/負けざる者たち」劇場・作品情報
-----------------------------------------------
(C)2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX

ソーシャルブックマーク: