おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

しあわせの隠れ場所

2010-02-25
しあわせの隠れ場所

 あのサンドラ・ブロックが“ゴールデン・グローブ賞”で主演女優賞を獲り、“米アカデミー賞”でも主演女優賞にノミネートされている映画「しあわせの隠れ場所」(日本語タイトルがダサい…)が公開されます。どんな映画かというと、プレスシートに“全米で誰もが知っている黒人のアメリカンフットボールのスター選手、彼は家も愛もない子供だった――その少年と、彼を引き取った家族との絆を描く感動の実話”と書かれている通りの映画です。こんな文章を読むとつまらなさそうに思えますが、これが、本当に感動ものの映画なのです。マイケル・ルイス原作の「ブラインド・サイド/アメフトがもたらした奇蹟」をジョン・リー・ハンコックが映画化しました。スラム街で育ったマイケルを、インテリアデザイナーのリー・アン・テューイとその夫ショーンが引き取ってアメフトを教えるストーリーは、イヤ味がなくストレートで、見ていて気持の良い映画になっています。ただ美しいだけで表情に乏しいサンドラにとって、この役はうってつけでした。感情を出さず、そのくせ、上流社会の女性が持つ雰囲気を美事に表現していて、文句のつけようがありませんでした。マイケル役のクイントン・アーロンも貧困の中で育ち、殆ど教育を受けていない孤独な青年という側面と、スポーツ万能の才能を立派に表現していて、こちらも気持が良い演技を見せてくれます。この春、一番のスポーツ映画でしょう。
-----------------------------------------------
「しあわせの隠れ場所」劇場・作品情報
-----------------------------------------------
(C)2009 ALCON FILM FUND, LLC ALL RIGHTS RESERVED

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX

ソーシャルブックマーク: