おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

息もできない

2010-03-18
息もできない

 今まで、存在も知らない、名前も勿論知らない、自分が無知だったのか、事情通でなかったのかもしれないけど、自分にとって無名だった人物が、1本の映画で強烈に印象付けられて、それからは忘れられない存在になってしまう、ということが起こるから面白いのです。“ヤン・イクチュン”。韓国の俳優として知っている人は知っている人物みたいです。短編では主演を務め、長編への出演もあって、韓国のインディーズ界では、それなりの存在だったみたいです。そのイクチュンが製作、監督、脚本、編集、主演の5役をこなした映画が「息もできない」であります。
 父への怒りと憎しみを抱きながらヤクザ稼業に入り、喧嘩早く、考えるより先に手足が出てしまう男サンフンと、たまたま道を歩いている時、サンフンの吐いた唾が胸元にかかって、それに文句をつけ、喧嘩になった女子高校生のヨニ(キム・コッピ)。ヨニはサンフンに殴られ、気を失ってしまうが、目を覚ますとサンフンが傍らで気づくのを待っていたのをきっかけに、年は離れているのに、魂が引き合ったように付き合い始めるふたり…。そのふたりに何が起こり、どんな結末が用意されているのか…。題名通り“息もできない”展開が待っている作品です。見たくなくても、スクリーンに目がいってしまう程のインパクトの強い映画です。とにかく“息もできない”映画です。
-----------------------------------------------
「息もできない」劇場・作品情報
-----------------------------------------------

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX

ソーシャルブックマーク: