おすぎのシネマ言いたい放題|映画評論家おすぎが、公開映画を一刀両断!いま観るべき映画の答えは、このなかにある!


【注目】
【注目】

瞳の奥の秘密

2010-08-12
瞳の奥の秘密

 本年度の“米アカデミー賞外国語映画賞”でオスカーを手にしたのがアルゼンチン映画の「瞳の奥の秘密」であります。アルゼンチンの映画なんて…と思っていたのは確かでした。当てにしないで試写を見ました。見終った時、“これぞ映画!!まぎれもなく素晴らしい映画だ!!”と思いました。あまりの感動に目には涙が滲んだくらいです。まず、ストーリー展開、ということは脚本のうまさ(エドゥアルド・サチェリ/ファン・ホセ・カンパネラ)と監督の端正かつ綿密な演出力、そして映像の適確さと美しさ(サスペンスを盛り上げる何気ない雰囲気作り、そして冒頭にフラッシュバック的に使われる映像が、物語が展開するにつれ、えっ、ここに入るのォ、という驚きも…)。何よりアルゼンチンの俳優、女優を私たちは知らないから、登場人物総てがリアルに見えるというのも、この映画に入りこんでしまう要素のひとつでしょう。刑事裁判所の捜査官を定年退職したベンハミンは、孤独な時間をもてあまし、25年前の殺人事件を題材に小説を書こうと決意し、調査目的で久し振りに元の職場を訪れる。元の上司で、今は女検事として活躍しているイレーネと会い、小説を書くことを告げる…。そして1974年の事件当時の回想に入っていく…。1970年代のアルゼンチンの政治、環境は腐敗しきっていた…。過去と現在が交叉して、ラストは驚愕の出来事で終わります。サスペンスとラブストーリーが一体となって感動の真っ只中へ…。必見です。
-----------------------------------------------
「瞳の奥の秘密」劇場・作品情報
-----------------------------------------------
(C)2009 TORNASOL FILMS - HADDOCK FILMS - 100 BARES PRODUCCIONES - EL SECRETO DE SUS OJOS (AIE)

<おすぎブログサービス終了のお知らせ>
平素はTSUTAYA onlineをご利用いただきありがとうございます。
誠に勝手ながら、2010年8月下旬を持ちまして、おすぎブログを終了いたします。
ブックマークやお気に入り登録されている方は、9月以降アクセスができない状態となりますのでご注意ください。
今までご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

プロフィール

おすぎ
1945年神奈川県生まれ。映画評論家。テレビ、ラジオ出演のほか新聞・雑誌の執筆、講演やイベントの企画制作など多岐にわたり活動している。

作品別INDEX

ソーシャルブックマーク: