人類は支配されるのか―? 世界侵略:ロサンゼルス決戦

NEWS

2011.9.13 特集サイトをアップしました。

INTRODUCTION

いまだかつて見たことのない2時間ノンストップの銃撃戦。

主演の海兵隊・隊長役には、『ダークナイト』(08)で“トゥーフェイス”を演じ、一躍アクションスターとしても実力を認められたアーロン・エッカート。共演者には、『アバター』(09)でも異星人と戦ったミシェル・ロドリゲスのほか、ブリジット・モイナハン(『アイ,ロボット』(08))、世界的R&Bシンガーとしても人気のNe-Yoらも出演している。脚本を『将軍の娘/エリザベス・キャンベル』(99)のクリストファー・バートリニーが手掛け、『テキサス・チェーンソー ビギニング』(06)のジョナサン・リーベスマンが監督を手掛ける。

STORY

迫り来る地球外侵略者にまたたく間に包囲される恐怖、あなたはこの接近戦を戦い抜けるか?

1942年2月25日午前2時15分、ロサンゼルス。 発光しながら編隊を組む飛行物体25機を100,000人が目撃。日本軍の空襲と信じたアメリカ軍が1,430発の砲弾を撃ち込んだが1機も撃墜できず。砲弾破片の被害や、パニックによる心臓麻痺で3人の民間人が死亡。だが、実際に日本軍がそうした作戦を行った記録は一切なく「UFO」「宇宙人」という概念さえなかった時代の迎撃戦はアメリカ政府が調査に乗り出した最初の未確認飛行物体事件として「ロサンゼルスの戦い」と呼ばれる。
そして、その真相は現在に至るまで、闇の中にある―。
大量の流星群と思われる未知の物体が世界中に降り注ぎ、各都市が崩壊する中、ロサンゼルスも瞬く間に壊滅寸前に追い込まれる。軍の海兵隊が生存者救出に向かうも、正体不明の侵略者たちの驚異的な攻撃力の前に後退を余儀なくされ、気がつけば廃墟のロサンゼルスで包囲されていた。

―「応答せよ!人類は・・・あと何人だ」