余命半年で出会った恋が、私を変えた―。この冬、全女性必見。感涙のラブストーリー。

私だけのハッピーエンディング

2011年12月17日(土) 感涙のロードショー
  • twitter
  • facebook

CAMPAIGN

映画「私だけのハッピーエンディング」公開記念キャンペーン

キャンペーン期間 2011年12月1日(木)~12月26日(月)
応募すると抽選で10名様に「私だけのハッピーエンディング」プレスが当たる!
「映画 私だけのハッピーエンディング」
さらに、Wチャンスとして応募者の中から抽選でT-POINT100ポイント100名様にプレゼント!

TSUTAYA online専用 劇場鑑賞割引きクーポン 当日、通常鑑賞料金より200円割引き!

ケータイサイトで割引きクーポンをGETする!
<有効期間>2011年12月17日(土)~上映期間中有効
※本券ご持参の方1名様1回限り、当日一般料金より200円割引きいたします。※シニア割引きなど他の割引き制度、割引き券との併用はできません。※インターネット購入、レイトショー、オールナイト及び特別興行でのご使用はできません。※一部劇場ではご利用できない場合がございます。

NEWS

2011.12.13 試写会コメントを公開しました

2011.12.08 劇場鑑賞割引クーポン・対象劇場リストを公開しました。

2011.12.01 プレゼントキャンペーンがスタートしました。

2011.12.01 特集サイトを公開しました。

TOP

INTRODUCTION&STORY

“さよなら”の代わりに“大好き”をー「あなたに見つめられた時、私は生きていると感じた。」

マーリー(ケイト・ハドソン)、30歳、独身。
広告代理店でバリバリ働き、楽しく過ごす友達はたくさん、恋も思いのまま。
深刻な出来事だっていつもユーモアで吹き飛ばす。
誰もが憧れる自由なキャリア・ウーマン。
そんなある日、彼女に訪れたのは“がん”の宣告。
突如訪れた悲しみと絶望。そんな時マーリーが出会ったのは、
主治医ジュリアン(ガエル・ガルシア・ベルナル)。
彼の存在が、だんだんと彼女の心を溶かしていく。
その大切さに気がついたとき、
マーリーに残された時間はあとわずかだった・・・。
人生のほんのわずかな時間・・・
それでも愛することを後悔しないと誓うマーリーの姿に、
たくさんの笑顔とたくさんの涙が溢れ出します。

ケイト・ハドソン × ガエル・ガルシア・ベルナル 全女子必見の、この冬一番の感涙ラブストーリー

自由に生きる女性に突如訪れた病・・・その事実に直面した主人公を演じるのは、はつらつとした美しさで「ラブコメの女王」と呼ばれるケイト・ハドソン。
「脚本を読んだ後、20分間泣いた」と語るとおり、明るさの中に秘めた悲しみを見事に演じきり、マーリーは誰もが共感できるキャラクターとなった。そのマーリーと恋に落ちる主治医ジュリアンを演じるのは、ハリウッドの恋愛映画への出演はめずらしいガエル・ガルシア・ベルナル。感情の起伏の激しい役が多い中、「彼はだんだんと彼女の旅の相棒となるのです」と語り、本作では女性を不器用ながら、暖かく包む医師を純粋に演じる姿が初々しい。前作でコミカルでドラマティックな演出を高く評価されたニコール・カッセル監督により、2人ともそれまでに演じたことのない役どころを見事に表現した。
そしてファンタジックでいて重要な掲示を与えてくれる神様役をウーピー・ゴールドバーグ、マーリーの母親役をキャシー・ベイツが固め、友人や両親らの確かな演技が、物語をより感動的に彩っていく。

TOP

CAST&STAFF

cast
cast

ケイト・ハドソン
(マーリー・コーベット役)

cast

ガエル・ガルシア・ベルナル
(ジュリアン・ゴールドスタイン医師役)

cast

キャシー・ベイツ
(ヴェバリー・コーベット役)

cast

ルーシー・パンチ
(サラ役)

cast

トリート・ウィリアムズ
(ジャック・コーベット役)

cast

ローズマリー・デウィット
(ルネ・ブレア役)

cast

スティーヴン・ウェバー
(ロブ・ランドルフ役)

cast

ロマニー・マルコ
(ピーター役)

cast

ピーター・ディンクレイジ
(ヴィニー役)

staff
  • 監督:ニコール・カッセル
  • 脚本:グレン・ウェルズ
  • プロダクション・デザイナー:スチュアート・ワーツェル
  • 撮影監督:ラッセル・カーペンター
  • 衣装デザイナー:アン・ロス
TOP