ミシェル・ゴンドリー×ジャック・ブラックが贈る超アナログな最先端ハンドメイドムービー

僕らのミライへ逆回転 BEKIND REWIND

10月11日(土) シネマライズ、シャンテシネ、新宿バルト9ほか 全国ロードショー!

劇中でリメイクされる名作たち紹介!

僕らのミライへ逆回転

僕らのミライへ逆回転

INTRODUCTION

おもいっきり笑って泣いて、あたたかなものが心に残る、宝物のような映画

『エターナル・サンシャイン』でアカデミー賞脚本賞を受賞、心に響く名作を作り続ける天才ミシェル・ゴンドリー監督と、『スクール・オブ・ロック』で大人気のジャック・ブラックが夢のコラボレーション!遊び心にあふれたキュートな映像と奇想天外な展開にメチャクチャ爆笑、そして最後はホロリとしてしまう、今年一番幸せな気持ちになれるハートウォーミングムービーの傑作です。

名作・旧作映画を、手づくりでリメイク!?

何かとトラブルを引き寄せるジェリーとつぶれそうなレンタルビデオ店の店員マイクは幼なじみ。ある日突然、店のビデオから映像が消えてしまう事件が発生!なんと発電所で感電し、超強力な電磁波を帯びてしまったジェリーが全ビデオをダメにしてしまったのだ!?慌てたふたりは、自作自演でで「ゴーストバスターズ」「ライオンキング」など消えた名作・旧作映画を作りなおすはめに!しかしこの苦し紛れの映画制作が店をそして街全体に希望と誇りをもたらしていくことに…。

映像の鬼才ミシェル・ゴンドリー×笑いの帝王ジャック・ブラックの素敵な化学反応!

ジェリー役を演じるのは、話題作への出演が相次ぎ、日本でも大人気の超個性派スター、ジャック・ブラック。本作でも本領を発揮し、特にリメイクシーンは爆笑必至。相棒のマイク役を演じるのは、ヒップホップ界きっての知性派ラッパーとして知られる一方、『16ブロック』などの映画で俳優としても注目されているモス・デフ。そして監督は、クリエイティブな映像で、心を打つ感動作品を作り続ける超個性派監督ミシェル・ゴンドリー。本作ではその眼を社会に向け、デジタル全盛のハリウッドへの風刺も盛り込みつつ、古き良き時代へのノスタルジー、そして映画への愛を描きます。コミュニティの中で共に生きることの喜びが心に深く響く、優れた人間賛歌となっています。まさに円熟期を迎えての最高傑作となりました。

僕らのミライへ逆回転

STORY

再開発の波が迫る街角のおんぼろレンタルビデオ店。何かとトラブルを引き寄せるジェリー(ジャック・ブラック)とこの店の店員マイク(モス・デフ)は幼なじみ。ある日、店員のマイクに店を任せ、店長(ダニー・グローヴァー)は旅行に出かけてしまう。期待に応えるべく、やる気満々のマイクだったが、なぜか続々と客からクレームが…。なんと前日に発電所に忍び込んだジェリーが強力な電磁波を浴び、その磁気のせいで全てのビデオの中身が消去されてしまったのだ。

パニック状態の二人は追い詰められた挙句、とんでもないアイデアを思いつく。埃だらけのビデオカメラを使って「ゴーストバスターズ」、「ラッシュアワー2」など消えた名作・旧作を自作自演でリメイク!段ボールに手書きの背景と衣装替わりのアルミホイルや家電製品で作り出し、どうにか危機を乗り越える。ところが、驚くことにその手作り映画が、大好評で、たちまち店は大繁盛!客のリクエストに応えて、ヒット作、名作を次から次へと勝手にリメイク!しまいには町の人々もこぞって出演を希望しはじめ、主演のジェリーはすっかりスーパースター並みの人気者に。
泥沼のように退屈だった町が少しずつ輝き始めたその矢先、ハリウッドの映画会社の弁護士たちが訴えにやってきた。二人の、そして町のミライはいったい…?

僕らのミライへ逆回転

僕らのミライへ逆回転

MOBILE

TOLでは、ケータイサイトでも「僕らのミライへ逆回転」を大特集!
さらに詳しい作品紹介はもちろん、今後、待受などスペシャルなコンテンツを続々リリース! 今すぐアクセス!

TOLケータイサイトアクセス方法


(c)Newline Productions/Junkyard Productions