トップページ > 作品紹介 > HEROES/ヒーローズ

HEROES/ヒーローズ 海外テレビドラマ

HEROES/ヒーローズ イメージ写真 海外テレビドラマ

HEROES/ヒーローズ イントロダクション 海外テレビドラマ

ある日突然それぞれ違う場所で暮らしていた人々に、それぞれに違う超能力が授かる。使命感を感じる者、能力を隠そうとする者──それまでまったく出会うこともつながりもなかった人々が集い、滅亡を目前にした世界を救うためにヒーローとして立ち上がる闘いと苦悩を描く。
思いもよらぬ運命に戸惑いながらも自らの道を切り開くヒーローたちのドラマ性はもちろん、出演者や作品に登場する財団、会社など豊富なインターネットコンテンツを用意しているのも特徴。『ER緊急救命室』『ザ・ホワイトハウス』『フレンズ』などと同じ全米NBCで2006年9月から放映され、同時期放映の『24 -TWENTY FOUR- <シーズン6>』や『LOST <シーズン3>』を大幅に上回る視聴率を記録したメガヒットドラマだ。マシ・オカ演じるヒロがバンザイをして「ヤッター!!」と叫ぶ姿が記憶に残る人も多いことだろう。

HEROES/ヒーローズ ストーリー 海外テレビドラマ

ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガス、テキサス、そしてインド、東京。何千何万kmも隔てた世界各地で、それまで平凡な暮らしを送っていた人々の身にある異変が同時に起こっていた。それは、映画やコミックに出てくるスーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。時空を操る能力や人の能力をコピーする共感能力、細胞組織の再生、凶暴な別人格による怪力、予知能力、飛行能力、テレパシー──その特殊な力を手にした人々の中には自分の能力に使命を感じる者もいれば、その力を周囲にひた隠しに隠す者や逆に悪用する者もいた。彼らの能力は誰が一体何のために授けたのか?5週間後に起こるとされているニューヨークの大爆発や、何らかの超能力を持つと思われる連続殺人鬼サイラーの出現などにより、彼らはヒーローズとして世界滅亡を防ぐ壮絶な闘いに身を投じることになる。

HEROES/ヒーローズ キャスト 海外テレビドラマ

モヒンダー・スレシュ(センディル・ラママーシー)

モヒンダー・スレシュ(センディル・ラママーシー

インドの大学で遺伝学の教授を務めていたが、人間に特殊能力が備わる可能性を信じるがため大学では浮いた存在に。ニューヨークで急死した父の死に疑問を抱き、移住してその真相を調べることにする。


ピーター・ペトレリ(マイロ・ヴィンティミリア)

ピーター・ペトレリ(マイロ・ヴィンティミリア

政治家で現実的な性格の兄ネイサンとは対照的に、夢見がちな性格を持った看護士。ある事件をきっかけに兄に飛行能力があると知り、自分も空を飛べると思い込む。未来のヒロから重大なメッセージを受け取る。


ヒロ・ナカムラ(マシ・オカ)

ヒロ・ナカムラ(マシ・オカ

東京の会社に勤務するサラリーマン。自分に超能力があると信じ、ある日自分が行きたかったニューヨークに瞬間移動したことで超能力者になったと喜ぶ。いいことがあると「ヤッター!!」と叫び、両手を広げる癖がある。


クレア・ベネット(ヘイデン・パネッティーア)

クレア・ベネット(ヘイデン・パネッティーア

高校でチアリーダーをしている女子高生。大けがをしても急激なスピードで肉体が再生するという不死身の体になるが、本当は普通の人間でいたいと願い、自分の能力を他人に知られることを恐れている。


ニキ・サンダース(アリ・ラーター)

ニキ・サンダース(アリ・ラーター

インターネットの有料サイトでストリッパーとして生活費を稼ぐシングルマザー。マフィアに脅された時、無意識に強大な攻撃能力を発揮。やがて、もう1人の自分が自分を見張っていると感じるようになる。


HEROES/ヒーローズ PICKUP 海外テレビドラマ

HEROES/ヒーローズ

全米新作ドラマ視聴率No.1!
社会現象を巻き起こした話題作、
遂にDVD化!

HEROES/ヒーローズ DVDジャケット写真

HEROES/ヒーローズ 動画予告編

HEROES/ヒーローズ 3つの「ハマり」ポイント 海外テレビドラマ

「ハマり」POINT1

全米で社会現象を起こした話題作


高視聴率はもちろん、2007年のエミー賞8部門ノミネートをはじめ、各賞レースで話題に。全米の視聴者の投票による賞では「最も好きな新ドラマ部門」最優秀賞を獲得。

「ハマり」POINT2

壮大なスケールのストーリー


アメリカの大都市はもちろん、インドや日本の東京など、限定された空間・地域にとどまらない、世界各地という大規模なスケールで物語が展開していく。

「ハマり」POINT3

親近感のわく愛すべき“ヒーロー”


特殊能力は持っていても奇抜なコスチュームや奇想天外な武器などは持たない“ヒーロー”たち。見た目はあくまでも普通の人々である彼らの人間味ある奮闘ぶりが共感を呼ぶ。

HEROES/ヒーローズ キーパーソン 海外テレビドラマ

製作総指揮・原案・脚本。TVシリーズ『シカゴホープ』(1996)、『ストレンジ・ワールド』(1998)、『女検死医ジョーダン』(2001)など人気作品に関わっている。

キーパーソン2人目

デニス・ハマー


製作総指揮。アーロン・スペリング・プロダクションのキャスティングディレクターとしてキャリアをスタート。『女検死医ジョーダン』ではT・クリングとともに製作総指揮を担当。

HEROES/ヒーローズ データ 海外テレビドラマ

放送開始

2006年9月25日〜アメリカ・NBC


エグゼクティブ・プロデューサー


受賞

サターン賞作品賞・助演男優賞・助演女優賞(2006)