海外ドラマの最新情報をお届け!ファン待望の海外ドラマ専門サイト!海外TVドラマファン
トップページ > ドラマ一覧 > サラリーマン金太郎

サラリーマン金太郎

10月10日(金)スタート テレビ朝日ほか 毎週金曜 後11:15〜深0:10

出演者ストーリーキャストプロフィール主題歌情報DVD情報

【出演者】 永井大井上和香青山倫子風見しんご細川茂樹柴俊夫古谷一行宇津井健菊池健一郎/小川那奈/辻修ほか

不況なんてぶっ飛ばせ!!
痛快サラリーマン金太郎が永井大主演で復活!

高橋克典主演で人気を誇った同名ドラマが、永井大で復活! 関東一円でその名を鳴らした暴走族・八州連合の元ヘッドの矢島金太郎(永井大)が、暴走族時代に培った独特の感性と人望で、不況にあえぐ世の中に鉄槌を下す痛快ドラマだ。金太郎役を引き継いだ永井は役者として「今まで溜めこんできたものを披露する機会が来た」と意欲満々。今作の永井版・金太郎は、本宮ひろ志のコミック原作により近い設定と劇画タッチで描く。特技が空手の永井だけにアクションシーンには注目。金曜夜、疲れた脳みそをスカッ! とさせる一押しドラマはコレ。

サラリーマン金太郎

ストーリー

大手建設会社のヤマト建設・営業四課に矢島金太郎(永井大)が赴任してきた。背中には子供を背負い、白いハチマキ姿、言動も上下関係のしがらみをまったく気にしない。そんな金太郎に同僚たちは唖然、呆然。ちょうどその頃、ヤマト建設は、創業者で会長の大和守之助(宇津井健)と、社長の大島源造(柴俊夫)の派閥争いの真っただ中で、社長派がやや優勢だった。社内改革をどうするか? 会長派の専務・黒川優作は、会長のために専務の職を辞そうとしていたが、金太郎のサラリーマン離れした言動を見せられて、いちるの望みを抱く。金太郎は大和会長の最後の切り札だったのだ…。

▲ページ上へ

キャストプロフィール

■矢島金太郎(永井大)
ヤマト建設営業四課の新入社員。元暴走族ヘッドで腕っぷしも強いが、チンピラたちにも顔が利く。金太郎の型破りな言動に眉をひそめていた同僚たちも、次第にその生きざま、人望に好意を抱き、活力を取り戻していく。

■末永美鈴(井上和香)
銀座の高級クラブ「ジャルダン」のママ。政財界に太いパイプを持ち、過去に金太郎と関係があったらしく、運命的な再会を果たす。

■桜井京子(青山倫子)
大島社長の秘書。事業の失敗で莫大な借金を作った親のために、大島の言いなりになっている。

■水木衛(風見しんご)
営業四課課長。新橋でチンピラに殴られているところを上京したばかりの金太郎に救われた。

■鷹司誠士(細川茂樹)
ヤマト建設の新入社員。元国土交通省の役人で、大島社長が次期社長候補として引っ張ってきた隠し玉。異常なほどに金太郎に敵意を向ける。

■大島源造(柴俊夫)
ヤマト建設社長。建設官僚からの天下りで公共事業を受注し、ヤマト建設を大きくした実績を持つ。会社の実権を握ろうと、大和会長と壮絶な派閥争いを展開中。

■黒川優作(古谷一行)
ヤマト建設専務。創業時代からのたたき上げで、会長を支えてきた重鎮。だが大島社長の派閥拡大の波を受け、自らが犠牲になってポストから退き、会長を守ろうとする。

■大和守之助(宇津井健)
ヤマト建設の創業者で会長。海で自分の命を救ってくれた金太郎の心意気や人間性に惹かれ、自分の会社に就職させる。金太郎の最大の理解者で、会社を大改革する存在になって欲しいと望んでいる。

▲ページ上へ

主題歌情報

■主題歌:シシカバブー/ゆず
シシカバブー/ゆず
J-POP/シングル
2008年

特集はこちら

▲ページ上へ

DVD情報

サラリーマン金太郎 DVD-BOX
サラリーマン金太郎 DVD-BOX

発売日:2009年 3月 27日
価格(税込):19,950円

詳細はこちら

▲ページ上へ