海外ドラマの最新情報をお届け!ファン待望の海外ドラマ専門サイト!海外TVドラマファン
トップページ > ドラマ一覧 > アタシんちの男子

アタシんちの男子

4月14日スタート フジテレビ系 毎週火曜 後9:00〜9:54

出演者ストーリーキャストプロフィール主題歌情報記者会見情報
公式サイトはコチラ

【出演者】堀北真希向井理瀬戸康史つるの剛士岡田義徳永山絢斗/岡山智樹/要潤山本耕史草刈正雄(特別出演)/高島礼子 ほか

堀北真希がホームレス&20歳のママに挑戦! 義理の息子6人との生活を描く新感覚コメディー

堀北真希がホームレスに変身!! 借金取りから逃走中でホームレスの峯田千里(堀北真希)が、ひょんなことから、血の繋がっていない6人のイケメンの義理の母になり、「家族」になっていくコメディー。「家族のぬくもり」や「帰れる場所」をテーマに、「血の繋がらない擬似家族でもこんなに絆は強くなれる」「人はもっと分かりあえて大事にし合える」ことを訴える。一見、重くなりそうなテーマを、ハチャメチャな設定で、明るく元気いっぱいに描く。突然、20才そこそこの若いママが登場することで起こるドタバタや、奇妙な恋愛模様(?)なども盛り込まれる予定だ。



ストーリー

母が病死し、父は1億円もの借金を残して失跡。借金取りから逃れるため、ネットカフェを渡り歩くホームレス生活を余儀なくされていた峯田千里。ある日、借金取りに追われている途中、大蔵新造(草刈正雄)という男が現れ、借金を肩代わりしてくれると言う。その条件は、1カ月の間、新造の妻になることで、「ただそばにいてくれるだけでいい」という新造の言葉に、千里は承諾する。だが、1カ月後に新造がこの世を去った。そして、新造が自分の後継ぎに考えていた養子6人の男が呼び集められ、千里は母親として、彼らと一つ屋根の下で暮らすことになった。

▲ページ上へ

キャストプロフィール

■峯田千里(20)(堀北真希)
母は病死、父は1億円の借金を残して失跡中。その借金の肩代わりを条件に大蔵新造と結婚、が、その1カ月後に新造は死去。血の繋がらない6人の息子の母親になる。思い立ったら即行動するタイプで、幼少の頃から苦労してきたせいか、食べ物や寝る場所があるありがたみを誰よりも知っている。気が強く、少々、ガサツな一面も。

■大蔵風(30)(要潤)
大蔵家長男。無職で、一見、いい加減に見えるが、実はしっかり者。ただ女性関係にはだらしない。女性が食べさせてくれるので生活には困っていないが、放浪癖があり神出鬼没。幼少時の成績は常にトップクラスで、15才の時に大蔵家へ。後継ぎとして英才教育を受けるが、のんびりした性格ゆえか、継ぐ気はさらさらなかった。

■大蔵猛(27)(岡田義徳)
大蔵家次男。現役の暴走族で昼間は自慢のバイクでバイク便の仕事をしている。趣味はギャンブル。時代遅れ風のヤンキーで、基本的にKY。けんかっ早いが、弱くて見栄っぱり。すぐ調子に乗って、自分を大きく見せるウソをつく。酒を飲むと人格が豹変し、腰が低いお人好しに。実の父親のある事件がトラウマとして強く残っている。

■大蔵翔(25)(向井理)
大蔵家三男。ホストでバツイチ、子持ち。現在は息子の力とアパートで二人暮らし。孤児院暮らしをしていたが、10才の頃、新造の養子に。慰謝料、養育費を払うためにナンバー1ホストとしてがむしゃらに働くが、息子が疎ましく思う自分に腹が立つことも。いざとなったら、「やる時はやる」たくましさを持っている。

■大蔵優(22)(山本裕典)
大蔵家四男。ファッション誌のカリスマモデル。モテるが、童貞。その過去には初恋でひどい仕打ちをされたトラウマがある。シャイで人見知り。8才の時に祖母が死去し、遠い親戚の大蔵家に養子に。現在は新造の家「トリックハート城」で暮らす。一見、穏やかだが、自己中心的で、社会性に欠けるため友達はいない。

■大蔵智(17)(瀬戸康史)
五男。高校生で、登校拒否の引きこもり。小さい頃に天才マジシャンとして時の人に。だが、12才の時に両親が経営するプロダクションに脱税疑惑が浮上し、倒産。両親から金と引き替えに、新造の元へ養子に出される。両親が失跡したせいで、脱税疑惑の批難を智が受けてしまい、それ以来、人が信用できず、どこか厭世的に…。

■国土豊(28)(つるの剛士)
千里が通うネットカフェで働いているオタク店員。ホームレス姿をしている千里の可愛さを見抜いていて、彼女の悲劇の境遇を知っていることもあり、二次元アイドル化し、惚れ込んでいる。キモそうに見えるがイケメンで、オタクの世界では「国土くん」としてカリスマ的存在。あまり口にしたがらないが、実は大富豪の息子。

■時田修司(山本耕史)
新造の片腕的存在で、新造の会社・玩具メーカー「ミラクル」の重役。突然、社長になった千里をけむたがる重役の中で、彼女の世話係を買って出る。穏やかな性格で、優しい笑顔につい気を許してしまうが、実は一筋縄ではいかない。ユーモアがあり、話術も巧み。過去は謎に包まれている。

■小金井響子(高島礼子)
新造の顧問弁護士。そのバックボーンは謎だが、デキる女で冷静沈着、無表情だが、色気があり、大人のフェロモンを振りまいている。意外と抜けている一面もあり、嘘がつけないことから、大蔵家の兄弟たちに振り回されることも。コンプレックスは恋愛したことがない。

▲ページ上へ

主題歌情報

■COMING SOON

▲ページ上へ

記者会見情報

堀北真希が血の繋がってないイケメン6人兄弟のママ役を熱演!

ホームレスの峯田千里(堀北真希)が、血の繋がってないイケメン6人兄弟のママに…!? 誰ひとり血の繋がってない家族のちぐはぐな同居生活を描く新感覚のホームコメディー「アタシんちの男子」の会見が行われた。
企画を担当した立松嗣章は「最近、本当の家族関係が希薄になっていると感じます。そんな中、血の繋がらない家族が、本当の“絆”を築いていく物語を描きたい」と抱負を述べた。また森安彩プロデューサーは「この物語はファンタジーです。ホームドラマですが、舞台は茶の間ではなく、お城や何故かサウナなどを設定し、より大きなスケール感を演出しています。衣装にもこだわり、(あまりのユニークさに)キャストも『なぜ、こんな恰好を?』と思っているかもしれません(笑)。子どもから大人まで楽しめる、見終わったらほっとする作品にしたい。もちろん、堀北真希演じる千里と兄弟の誰かの“ラブ”も用意しているのでお楽しみに」と見どころを語った。また、脚本を担当する武藤将吾(『シバトラ』『電車男』)にとってはこれが初のオリジナルドラマ。「オリジナルということで、最初はかなり意気込んでいたが、豪華なキャスト、信頼のおけるスタッフがいい化学変化、反応を起こして熱を帯びた作品になり、安心しています」とすでに手ごたえを感じている様子。

ヒロインの千里を演じる堀北は「千里は(失跡した父親が残した)1億円の社金を抱えたホームレスで、ダンボールハウスやネットカフェなどで、パワフルに生きてきた女性。半年前に20歳を迎え、いずれはお母さん役をやりたいと思っていましたが、こんなに早く実現するとは思っていなかったのでびっくりしました。仲の悪い家族がいろんな化学反応を起こし、本物の家族を超える絆を築いていく姿を描きたいです」と抱負を語った。

女性にモテて放浪癖がある長男・風役の要潤は「神出鬼没でフラフラしている役なので、現段階では皆さんと絡んだお芝居はしていません(笑)。あたたかい絆にいち早く絡みたい。これから頑張るので皆さん、どうか風を支えてください!」と。

現役の暴走族だが、喧嘩はからっきしの次男・猛役の岡田義徳は「自分は27歳ながら暴走族という人の道を外れた役(笑)。でも仕事はバイク便をやっています。彼に足りないのは”愛”。この作品で愛を学びたい」と冗談を交えつつ、役柄や作品に対する思いを。

ホストで妻子がある三男・翔役の向井理は「(年齢的にも)お兄さんたちに囲まれていて、やりにくい現場です(笑)」と取材陣の笑いを誘い、「ホスト役なので、実際にホストクラブへ取材にいったのですが、空気になじめずに、今も『本当にできるのか?』と悩んでいます(笑)。このホームコメディーの中で、この家族が、どのように変わっていくか、その変化を感じてもらえれば」と話した。

現役人気ファッションモデルだが女性が大の苦手という四男・優役の山本裕典は「6人兄弟のキャラがそれぞれ濃いが、僕のキャラの濃さが一番だと思います。そんなキャラを楽しんで演じたいです。ドラマ枠の1時間があっという間に過ぎるくらい面白いので、楽しんでみていただければ」とこの役を演じる喜びを語った。

ひきこもりの五男・智役の瀬戸康史は「ひきこもりというとマイナスのイメージがあって、暗いと思われがちでしょうが、僕が演じる智は攻撃的で口が悪い(笑)。ひきこもりのイメージを壊す役柄です。家族の大切さを描いて明るい気持ちになるので放送を毎週お楽しみに」と話した。

12歳ながらに兄貴を上から目線で見る頭脳派中学生で六男の明役には、これがデビュー作となる岡山智樹。「一生懸命頑張るので、よろしくお願いします」という初々しい発言に、会場はあたたかな笑顔に包まれた。

千里が通うネットカフェの店員で、オタクのカリスマ。千里を二次元キャラのような気持で愛している国土豊を演じるつるの剛士は「久々の俳優業で、若干緊張気味。まだ(6人兄弟と)絡んでいないが、ネットカフェを舞台に一緒にお芝居をする設定があるらしいので、国土くんとともに楽しみにしています」と述べた。

国土が務めるネットカフェの店員・真島平次役の永山絢斗は「店長のつるのさんの足をひっぱらないように楽しんでいけたら…。いい作品づくりを目指します」。

結婚を条件に千里の借金を肩代わりする大手玩具会社「ミラクル」社長・大蔵新造役の草刈雅雄は、貴族然としたユニークな衣装に「『髭男爵』じゃありません(笑)」と、取材陣を笑わせ、「衣装通りの変なおじさんです。脚本も面白く愛がたっぷり。3カ月、楽しみにしています」。

新造の顧問弁護士でバックボーンは謎だらけの小金井響子役・高島礼子は「この年齢になって、実は本格的なコメディーは初めてでワクワクしながら演じています。千里をごまかし、いじめる役がらなのですが、真希ちゃんの目力が強いので負けないように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

現場での面白いエピソードについての質問があり、堀北は「う〜ん」と考え込み、「いや、あるんです(笑)! いろいろあるけれど、サウナのシーンや、コスプレも面白かったし…」と語り、岡田は「常に楽しいが、コメディーこそ真剣に」と。向井は「昨日、千葉ロケに行ったんですが、お弁当が2種類あり、岡田くんが肉を選んだんです。岡田くんはフィレステーキだと喜んでいましたが、実際は鶏のササミ。なんて安い舌だと思いました(笑)」と明かし、会場は爆笑の渦に巻き込まれた。山本は「強めの青いアイシャドーを入れているんですが、最初は『なんだその顔は?』とみんなに笑われていたんです。でもこの会見でアイシャドーをしていなかったら堀北さんから『なんか物足りない』と言われて(笑)」など、それぞれ楽しい話で仲の良さをアピールした。

また初の母親役について堀北は「話を聞いた時はお母さんらしくなるために勉強しなくちゃと思っていましたが、千里はお母さんという役目を嫌がり、戸惑っています。だから素直に演じればいいと思えたし、6人の息子たちも素直なリアクションを返してくれるので楽しいです」と話した。

さらに、実際、現場では誰が長男らしいのかという質問に、要、岡田、山本、瀬戸、草刈それぞれが「向井」と答え、向井自身も「自分が一番長男ぽいかも」と。それを受け、もっとも年下の岡山が「僕が長男だと思います!」としっかりと答え、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

「家族」をテーマに、夢がいっぱいつまった舞台設定、ユニークな物語展開でホームドラマの新境地を拓く本作。撮影現場も、あまりにあり得ないユーモアあふれる設定やお芝居で、いつも笑い声が絶えない。このあふれ出す楽しい雰囲気がテレビの前のあなたの気持ちをあたたかくしてくれるはず。明るくて楽しい“春”にふさわしいドラマに期待を!

▲ページ上へ