2012.1.18 DVDレンタル開始!DVDコレクターズBOX2012.2.22 リリース!“骨”のカケラが事件の真犯人を導き出す

NEWS

2011.12.08 特集サイトをUPしました。

INTRODUCTION

INTRODUCTION

INTRODUCTION

INTRODUCTION

過去シーズン

  • 骨だけが真実を知っている。物語はここから始まった・・・『BONES』のテーマはそのタイトル通り、ズバリ骨。あくまで骨にこだわったユニークな視点からは、想像以上に多様なドラマが生まれ、骨の欠片からどれほどの情報が引き出せるのか、その多彩さには目を見張るばかりだ。
  • BONES-骨は語る- シーズン2
    シリアル・ドラマ的要素がさらに充実し、ドラマに一層の深みを与えている。ブレナンたちが毎回遭遇する事件の数々もまた、シーズン1以上に手ごわい難事件が続出。ブースとブレナンの絶妙なコンビネーションはますますパワーアップ。 「ファンが語るオススメコメント」や「エミリー・デシャネル インタビュー」も!
  • 新たににブース、ブレナンのカウンセリングを担当する精神科医、ランス・スイーツ(ジョン・フランシス・デイリー)が登場。後に彼がこのドラマに欠かせない存在となっていく。徐々に殺人犯の人物像に迫り、“秘密結社”の真相を解き明かしていくメンバーの活躍から目が離せない。
  • BONES-骨は語る- シーズン4
    ロンドン・ロケや上海行きの飛行機での事件など、いつになくワールド・ワイドな雰囲気を持つシーズン4では、日本にまつわるエピソードも登場する。連続殺人鬼ゴルモゴンの手先だったことが判明したザックの後任や、ブレナンとブースとの関係にも変化が・・・ラボの人間関係にも目が話せないシーズンだ。
  • BONES-骨は語る- シーズン5
    ブースの記憶が戻り、再び一緒に事件の捜査にあたる2人の間にはこれまでと少し違った空気が流れていた。ブースは今後の2人の関係に積極的な姿勢を見せるが、そのいく末はいかに!?シーズン5も、ブレナンとブースの最強タッグで、骨を手がかりにあらゆる難事件を解決に導いていく!

CAST & STAFF

  • 製作総指揮:ハート・ハンソン
  • 【字幕翻訳】杉山 綠/藤田加代子 【吹替翻訳】平田百合子