glee グリー シーズン2

全世界で大ヒット、驚異のTVシリーズ待望の新シーズン登場!!

決戦はニューヨーク!負け犬たちのリベンジが始まる―。

Episode Guide

1 スカウト大作戦:Audition

メンバーに欠員が出たため、新たに部員を募集することになったグリー部。生徒たちは転入生のサムと留学生のサンシャインという逸材を発見、彼らを勧誘するがサンシャインの実力を恐れたレイチェルは彼女の入部を妨害する。その頃校長はアメフト部強化のために新コーチ、ビーストを雇う。そのためにチア部の予算を削られたスーは、同じくグリー部の予算を削られたウィルをそそのかし、ビーストを辞めさせるための嫌がらせを始める。幼稚な嫌がらせは次第に悪化し、生徒たちにまで影響が出始める。ウィルは自分の態度を反省し、ビーストに和解を申し入れる。一方、レイチェルもサンシャインへの態度を反省するも、結局彼女はライバル校のボーカル・アドレナリンに引き抜かれてしまう。それを知った部員たちはレイチェルのせいだと責め、彼女は激しく落ち込むのだった。

Music
  • ★ Empire State of Mind : ジェイ・Z feat アリシア・キーズ
  • ★ Every Rose Has Its Thorn : ポイズン
  • ★ Telephone : レディー・ガガ feat ビヨンセ
  • ★ Getting to Know You : ミュージカル「王様と私」より
  • ★ Billionaire : トラヴィー・マッコイ feat ブルーノ・マーズ
  • ★ The Power : SNAP!
  • ★ Listen : 映画『ドリームガールズ』より
  • ★ What I Did for Love : 映画『コーラスライン』より

PAGE TOPへ

2 憧れのブリトニー・スピアーズ:Britney / Brittany

ウィルはエマに未練を残すが既に彼女には歯科医のカールという新しい彼氏ができていた。グリー部ではイージー・リスニングの曲を課題に出そうとするが生徒たちは猛反発。カートからホームカミングにブリトニー・スピアーズの曲を歌いたいと提案されるが、即座に却下してしまう。そんな時、ひょんなことからカールに虫歯の治療をしてもらうことになった部員たちは、麻酔の影響でブリトニー・スピアーズの夢を見る。夢のおかげで自分に自信を持てるようになったレイチェルたちはイメチェンを試みる。エマの忠告もありブリトニーの曲を受け入れたウィル。だが今度は自分も一緒に歌うと言い出し生徒たちは困惑顔。そしてホームカミング当日。グリー部は全校生徒の前でパフォーマンスを披露するが、興奮した一部の生徒たちが暴走し、舞台はめちゃくちゃになってしまう。

Music
  • ★ I'm a Slave 4 U : ブリトニー・スピアーズ
  • ★ Me Against the Music : ブリトニー・スピアーズ feat マドンナ
  • ★ ...Baby One More Time : ブリトニー・スピアーズ
  • ★ Sailing : クリストファー・クロス
  • ★ Stronger : ブリトニー・スピアーズ
  • ★ Toxic : ブリトニー・スピアーズ
  • ★ The Only Exception : パラモア

PAGE TOPへ

3 ホット・チーズサンドに願いを!:Grilled Cheesus

ある日、ホット・チーズサンドの焦げ目にジーザスの顔を見たフィンは、その“チーザス”様に自分の願いを祈る。すると不思議なことに次々とその願いが叶い、フィンは有頂天になる。すっかり信仰に目覚めたフィンはグリー部で神を讃える曲を歌おうと提案。だが神を信じないカートは反対する。その矢先、カートの父親バートが突然倒れ、意識不明の重体に陥ってしまう。 カートを心配した部員たちはスピリチュアルな歌と祈りで彼を慰めようとするが、カートの心には届かなかった。同じように神を信じないスーにそそのかされ、グリー部で宗教に関係する歌を禁止にするよう校長に訴えるカート。祈りを拒否し頑なになるカートを心配したメルセデスは彼を教会に誘う。メルセデスと教会の人たちの歌声に力づけられたカートは、仲間たちの友情に感謝するのだった。

Music
  • ★ Only the Good Die Young : ビリー・ジョエル
  • ★ I Look to You : ホイットニー・ヒューストン
  • ★ Papa, Can You Hear Me? : バーブラ・ストライサンド
  • ★ I Want to Hold Your Hand : ザ・ビートルズ
  • ★ Losing My Religion : R.E.M.
  • ★ Bridge over Troubled Water : アレサ・フランクリン
  • ★ One of Us : ジョーン・オズボーン

PAGE TOPへ

4 最強デュエット歌合戦!:Duets

パックが突然少年鑑別所に送られてしまい衝撃を受ける部員たち。パックの穴を埋めるためにサムが新たに入部し、ウィルはデュエット対決を提案。優勝したペアにはレストランのディナー券をプレゼントすると宣言する。カートはサムがゲイではないかと推測し、彼にペアを申し込む。それを見たフィンはカートが原因でサムが退部してしまうことを恐れ、なんとかペアを阻止しようとする。 一方レイチェルはフィンとのデュエットに絶対の自信を持っていたが、サムを受け入れるためにこの勝負にわざと負けようとフィンに提案する。フィンからペアを組めばサムに迷惑がかかると言われたカートは、自分自身が最高のパートナーだと一人二役で歌う。そんな風に強がりながらも、一人こっそり落ち込んでいたカートを見たレイチェルは、一緒にデュエットしようと誘うのだった。

Music
  • ★ Don't Go Breaking My Heart : エルトン・ジョン&キキ・ディー
  • ★ River Deep - Mountain High : アイク&ティナ・ターナー
  • ★ Le Jazz Hot! : 映画『ビクター/ビクトリア』より
  • ★ Sing! : 映画『コーラスライン』より
  • ★ With You I'm Born Again : ビリー・プレストン&シリータ・ライト
  • ★ Lucky : ジェイソン・ムラーズ&コルビー・キャレイ
  • ★ Happy Days Are Here Again / Get Happy :
    ジュディ・ガーランド&バーブラ・ストライサンド

PAGE TOPへ

5 ロッキー・ホラー・グリー・ショー:The Rocky Horror Glee Show

ウィルの想いとは裏腹に、エマは新しい彼氏のカールと順調に交際していた。極度の潔癖症が徐々に改善し、なんとエマがカールと一緒に『ロッキー・ホラー・ショー』まで観に行ったことを知ったウィルは、対抗心からついグリー部でも『ロッキー・ホラー・ショー』をやると嘘を付いてしまう。そんなきっかけだったとは露知らず、グリー部のメンバーはやる気満々。だがフィンは、サムの肉体美を見て急に自信を無くしてしまう。サムのアドバイスで自分に自信をつけるため、校内を下着一枚で歩き回るフィン。苦情を受けた校長は彼を停学にしてしまう。カールへの対抗心が思わぬ結果を生んでしまったことに反省したウィルは公演の中止を決定。生徒たちにも自分の押し付けだったと謝罪するが、彼らは自分たちのようなハミ出し者にピッタリのショーだと言って上演する。

Music
  • ★ Science Fiction/Double Feature :
    映画『ロッキー・ホラー・ショー』より
  • ★ Over at the Frankenstein Place :
    映画『ロッキー・ホラー・ショー』より
  • ★ Dammit Janet : 映画『ロッキー・ホラー・ショー』より
  • ★ Hot Patootie - Bless My Soul :
    映画『ロッキー・ホラー・ショー』より
  • ★ Sweet Transvestite : 映画『ロッキー・ホラー・ショー』より
  • ★ Touch-a Touch-a Touch-a Touch Me :
    映画『ロッキー・ホラー・ショー』より
  • ★ The Time Warp : 映画『ロッキー・ホラー・ショー』より

PAGE TOPへ

6 初めてのキス:Never Been Kissed

地区大会の出場校が決定した。ウィルはみんなを奮起させるために男女別に対抗させるが、男子チームに入れられたカートは不満顔。そんな時、偵察にいったライバル校、ダルトン・アカデミーでゲイのブレインと出会う。ここのグリー部ウォブラーズは学生たちに大人気だった。ブレインからダルトン高校は差別に厳しいと聞き感銘を受けるカート。ブレインに励まされた彼は自分を敵視するアメフト部のカロフスキーに立ち向かうが、思わぬ結果を招いてしまう。その頃、男子生徒たちの間でセックスの衝動を抑えるためにビーストの下着姿を想像することが流行し、大問題に発展していた。ウィルから真実を聞きショックを受けたビーストは学校を辞めようとする。それを知ったウィルは生徒たちに彼女を止めるよう言い、男子部員は彼女への謝罪を込めた歌を歌うのだった。

Music
  • ★ One Love/People Get Ready : ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ
  • ★ Teenage Dream : ケイティ・ペリー
  • ★ Start Me Up / Livin' on a Prayer : ザ・ローリング・ストーンズ / ボン・ジョヴィ
  • ★ Stop! In the Name of Love / Free Your Mind : ザ・シュープリームス / アン・ヴォーグ

PAGE TOPへ

7 代理教師にお任せ:The Substitute

校長が悪性の猿インフルエンザで休む間に代理校長の座に収まったスーは、ウィルにもそのインフルエンザを感染させる。レイチェルは倒れたウィルの代わりに張り切ってグリー部を仕切りだすが、それに納得がいかないカートは、代理教師のホリーに代理の顧問を依頼する。古い曲を好むウィルとは違い、部員たちの自由にやらせてくれる彼女は大好評。不満なレイチェルは病床のウィルにこのままではグリー部が奪われると忠告する。一方スーは校長の権限を振りかざしアメフト部を廃止にするとビーストに宣告するが、あっさり反撃されてしまう。怒りが収まらない彼女は代わりに生徒たちに人気がある学食のミニポテトを廃止する。親友のカートがブレインとばかり遊ぶようになりミニポテトに依存していたメルセデスはこの決定に断固抗議。スーを相手に宣戦布告する。

Music
  • ★ Conjunction Junction :
    アニメ「スクールハウス・ロック!」より
  • ★ Forget You : シー・ロー・グリーン
  • ★ Make'Em Laugh : ドナルド・オコナー
  • ★ Nowadays / Hot Honey Rag : ミュージカル「シカゴ」より
  • ★ Singin' in the Rain / Umbrella :
    映画『雨に唄えば』より / リアーナ feat ジェイ・Z

PAGE TOPへ

8 グリー式ハッピーウエディング:Furt

バートがフィンの母親キャロルについにプロポーズ。カートは自分がプランナーとなり、グリー部の協力で結婚式をすると張り切るが、フィンはあまり乗り気になれなかった。その矢先、カロフスキーから脅迫されたカート。それに気付いたウィルはスーに相談するが、脅迫だけでは停学にはできないと言われてしまう。執拗にカートに絡むカロフスキーに怒った男子はケンカになるがフィンだけが距離を置いていた。カートの状況を知ったバートは見て見ぬ振りをしていたフィンを責め、学校に抗議。カロフスキーの父親を交えて話し合い、彼は停学になるが、カートはある決断を下す。その頃スーはオンライン・デート・サービスでマッチするのが自分だけと知り、なんと自分と結婚式を挙げようと招待状を送りまくる。そこへ長らく音信普通だった母親が突然現れる。

Music
  • ★ Ohio : ミュージカル「ワンダフル・タウン」より
  • ★ Marry You : ブルーノ・マーズ
  • ★ Sway : マイケル・ブーブレ
  • ★ Just the Way You Are : ブルーノ・マーズ

PAGE TOPへ

9 運命の地区大会:Special Education

ウィルはマンネリ打開のために、地区大会ではサムとクインがソロを歌い、ブリトニーとマイクのダンスを強化したプログラムを提案する。納得がいかないレイチェルは猛抗議。追い討ちをかけるようにサンタナがフィンとの過去を暴露しショックを受ける。さらにマイクとブリトニーの浮気疑惑まで持ち上がり、部員たちの間に険悪なムードが広がる。 一方、ライバル校のダルトン・アカデミーに転校したカートは、ソロのオーディションを受けるが、個性より調和を重視するウォブラーズのやり方に馴染めずにいた。そして地区大会当日。それぞれの想いを胸にマッキンリーもダルトンも素晴らしいパフォーマンスを披露し、同点優勝する。その喜びで仲直りしたフィンとレイチェルだったが、レイチェルがパックと浮気しそうになったと告白、怒ったフィンは別れを告げるのだった。

Music
  • ★ Don't Cry for Me Argentina : 映画『エビータ』より
  • ★ The Living Years : マイク&ザ・メカニックス
  • ★ Hey, Soul Sister : トレイン
  • ★ (I've Had) The Time of My Life :
    ビル・メドレー&ジェニファー・ウォーンズ
  • ★ Valerie : マーク・ロンソン feat エイミー・ワインハウス
  • ★ Dog Days Are Over : フローレンス・アンド・ザ・マシーン

PAGE TOPへ

10 メリー・グリー・クリスマス:A Very Glee Christmas

クリスマスを前に施設の子供たちへの寄付を募ろうと教室で歌うがブーイングの嵐に落ち込むグリー部。そんな時、ブリトニーが未だにサンタの存在を信じていることが判明。アーティはなんとか彼女の願いを叶えようと部員たちに協力を頼み、モールのサンタのところに連れて行く。すると彼女はなんとアーティが歩けるようにと願う。その頃教師たちの間で秘密のサンタをやることになり、ウィルはスーにプレゼントを贈るハメに。エマがカールと結婚して落ち込んでいたところに更なる憂鬱が重なるウィル。だがエマやビーストの相手もスーだと発覚。ウィルからグリンチと非難され、プレゼントを回収されたスーは、部室のツリーを破壊した挙句プレゼントを強奪する。一方、アーティからサンタになってブリトニーを説得するよう頼まれたビーストは、彼女の家を訪ねるが……。

Music
  • ★ The Most Wonderful Day of the Year :
    クリスマスソング「赤鼻のトナカイ」
  • ★ We Need a Little Christmas :
    クリスマスソング「ささやかなクリスマスを」
  • ★ Merry Christmas Darling : カーペンターズ
  • ★ Baby, It's Cold Outside : フランク・レッサー
  • ★ You're a Mean One, Mr. Grinch : 映画『グリンチ』より
  • ★ Last Christmas : ワム!
  • ★ Welcome Christmas : 映画『グリンチ』より

PAGE TOPへ

11 踊る! アメフト部:The Sue Sylvester Shuffle

チア部のパフォーマンスに納得がいかないスーは、新境地開拓としてなんと人間大砲を購入。ブリトニーに大砲に入るよう命じる。その頃、アメフト部ではカロフスキーとフィンたちの対立が激化。なんとか地区大会決勝まで進んだものの、このままでは優勝は危ういとビーストに相談されたウィルは彼らを団結させるためにアメフト部員をグリー部に入部させる。チア部の人間大砲のことを知った校長は猛反対。怒りを爆発させたスーは周囲に当り散らす。その矢先、チア部とアメフト部の州大会が同じ日になり、アメフト部は自分たちでハーフタイム・ショーをするハメに。当初は反抗的だったカロフスキーたちもダンスの楽しさに目覚め始めるが、他の生徒からバカにされアメフト部を辞めてしまう。アメフト部廃部の危機を知ったレイチェルたちは、自分たちが試合に出ると言い出す。

Music
  • ★ California Gurls : ケイティ・ペリー feat スヌープ・ドッグ
  • ★ Need You Now : レディ・アンティベレム
  • ★ She's Not There : ザ・ゾンビーズ
  • ★ Bills, Bills, Bills : デスティニーズ・チャイルド
  • ★ Thriller / Heads Will Roll :
    マイケル・ジャクソン / ヤー・ヤー・ヤーズ

PAGE TOPへ

12 バレンタインに贈るラヴ・ソング:Silly Love Songs

フィンと別れても未練たっぷりだったレイチェル。だがフィンは地区大会決勝でクインとキスして以来、彼女のことが気になっていた。アメフト部が優勝してからモテモテだった彼はクインの気を引くために、グリー部の部費を集めることを名目に自分とのキスの権利を売ることに。その頃パックはカートの代わりに入部したローレンに何故か夢中。一方カートはブレインが好きな人に歌を贈ると聞いて、それが自分のことだと舞い上がる。 そんな時、ウィルがグリー部の課題にしたのは“愛する人への歌”だった。アーティはブリトニーへの愛を歌い、ティナはマイクを想い涙し、パックはローレンへの想いを歌に込める。バレンタインに恋人がいないサンタナはそんな様子が面白くない。その矢先、クインとフィンの態度から2人の関係に気付いた彼女は、ある計画を思いつく。

Music
  • ★ Fat Bottomed Girls : クイーン
  • ★ P.Y.T. (Pretty Young Thing) : マイケル・ジャクソン
  • ★ When I Get You Alone : ロビン・シック
  • ★ My Funny Valentine :
    ミュージカル「ベイブズ・イン・アームズ」より
  • ★ Firework : ケイティ・ペリー
  • ★ Silly Love Songs : ポール・マッカートニー&ウィングス

PAGE TOPへ

13 ビーバー・フィーバー:Comeback

チア部の全国大会連覇に失敗したスーは生きがいを失くし、周囲に八つ当たりして暴れまくっていた。エマの提案でウィルはスーをグリー部に入れて歌で彼女を癒そうとする。だがそれはグリー部の内部崩壊を狙うスーの策略だった。その頃、サムはクインとフィンの仲を疑っていた。彼女の心を取り戻すため、ジャスティン・ビーバーの曲を歌ったところ、女子はうっとり。それを見た男子たちは、ビーバー・フィーバーを結成する。スーは巧みな嘘でレイチェルとメルセデスを対立させる。だが彼女の思惑とは裏腹に、デュエットした2人は互いの実力を認め合う。レイチェルは州大会で勝つためにオリジナル・ソングを提案。みんなが反対する中、フィンだけが賛成する。一方、内部崩壊に失敗したスーは、州大会で対決するオーラル・インテンシティーの非常勤顧問に就任する。

Music
  • ★ Baby : ジャスティン・ビーバー feat リュダクリス
  • ★ Somebody to Love : ジャスティン・ビーバー
  • ★ Take Me or Leave Me : ミュージカル「レント」より
  • ★ This Little Light of Mine : アメリカ民謡
  • ★ I Know What Boys Like : ザ・ウェイトレシズ
  • ★ Sing : マイ・ケミカル・ロマンス

PAGE TOPへ

14 アルコール狂想曲:Blame It on the Alcohol

校長から飲酒の危険性を訴える集会でのパフォーマンスを依頼されたグリー部。だがその頃ウィル自身がお酒に頼っている状態だった。一方、レイチェルは父親が不在の間にパーティをしようとパックにそそのかされる。気乗りのしないレイチェルだったが、フィンから人生を楽しめと言われてパーティ開催を決意。だが彼女のパーティは行儀良すぎて退屈だった。再びパックにそそのかされ父親のお酒を出したところ、メンバーたちは大はしゃぎで酔っ払う。ゲームでキスをしたレイチェルとブレインはお互いに意識し合うように。心配なカートはレイチェルに忠告するが、彼女はブレインとデートしようとする。そして集会当日。緊張を紛らわせるためにお酒を飲んでパフォーマンスをした部員たちは舞台の上で大失態をさらしてしまう。校長に呼び出された彼らは停学を覚悟するが……。

Music
  • ★ My Headband : gleeオリジナルソング
  • ★ Don't You Want Me : ヒューマン・リーグ
  • ★ Blame It (On the Alcohol) :
    ジェイミー・フォックス feat ティー・ペイン
  • ★ One Bourbon, One Scotch, One Beer :
    ジョージ・サラグッド&ザ・デストロイヤーズ
  • ★ Tik Tok : ケーシャ

PAGE TOPへ

15 ホリー先生の性教育:Sexy

コウノトリが窓の外に巣を作っただけで妊娠したと思い込んだブリトニーを見て、ウィルはグリー部員たちの性知識の乏しさに愕然とする。代理教師として戻ってきていたホリーに相談したウィルは、歌で性教育をすることになる。生徒たちの前で過激な歌を歌うホリーを見て、保守的なエマは猛反発。もっと他に良い曲があると、カールに協力してもらいパフォーマンスを披露するが、エマは曲に込められていた意味を勘違いしていた。ホリーは生徒たちだけでなく、カールからも相談を受け結婚カウンセラー状態に。カールとエマは結婚しても一度も関係を持っていなかった。一方、スーの悪知恵を真に受けたブレインは、セクシーな曲を練習する。そこであまりにウブなカートを見て心配した彼はバートに相談する。その頃、サンタナは自分の本当の気持ちに気付くのだが……。

Music
  • ★ Do You Wanna Touch Me (Oh Yeah) : ジョーン・ジェット
  • ★ Animal : ネオン・トゥリーズ
  • ★ Kiss : プリンス
  • ★ Landslide : ディクシー・チックス
  • ★ Afternoon Delight : スターランド・ヴォーカル・バンド

PAGE TOPへ

16 目指せ! 悲願の初優勝:Original Song

州大会を目前に控え、グリー部は歌う予定だった楽曲の使用禁止通知を受け、オリジナル曲で勝負することに。プロム・クイーンを目指すクインは州大会が終わったらフィンに交際を公にするよう頼む。プロム・クイーンになるためにはフィンとのカップルであることが必要だったが、なにかと彼に関わってくるレイチェルの存在が邪魔だった。ダルトン校ではカートが面倒見ていたカナリアが死んでしまい、カートはビートルズの曲を歌って追悼する。その姿を見たブレインは自分の気持ちに気付き、州大会ではカートとデュエットを歌いたいと提案する。その頃、レイチェルは苦悩の中で曲を仕上げ、そして州大会当日がやってきた。本番前、レイチェルは自分の本当の気持ちを込めた曲だから聞いて欲しいとフィンに告げ、その想いは会場にも伝わり大きな感動を呼ぶのだった。

Music
  • ★ Misery : マルーン5
  • ★ Only Child : gleeオリジナルソング
  • ★ Blackbird : ザ・ビートルズ
  • ★ Trouty Mouth : gleeオリジナルソング
  • ★ Big Ass Heart : gleeオリジナルソング
  • ★ Hell to the No : gleeオリジナルソング
  • ★ Jesus is a Friend of Mine : サンシード
  • ★ Candles : ヘイ・マンデー
  • ★ Raise Your Glass : ピンク
  • ★ Get It Right : gleeオリジナルソング
  • ★ Loser Like Me : gleeオリジナルソング

PAGE TOPへ

17 ディーバの苦悩:A Night of Neglect

見事全国大会への出場を決めたグリー部。だがNYまでの旅費が足りない。アーティたちが所属する秀才クラブもコンテストの決勝戦に進んでいたが、同じく旅費がないため出場辞退を考えていた。そこで資金集めのコンサートを開催することに。スーは邪魔をするためにライバル校のボーカル・アドレナリンのコーチや、クビになったサンディ、ウィルの元妻テリを集め破滅同盟を結成。そんな時、グリー部の前にサンシャインが現れコンサートに協力したいと申し出る。レイチェルは猛反対し、メルセデスをたきつける。そんな彼女にローレンが近づき、自分がマネージャーになると言い出す。そこからメルセデスは無茶な要求を連発する。そしてコンサート当日。結局サンシャインはやって来ず観客はわずか6人。それでもコンサートを開催するが、サンディたちにヤジられる。

Music
  • ★ All By Myself : セリーヌ・ディオン
  • ★ I Follow Rivers : リッキー・リー
  • ★ Bubble Toes : ジャック・ジョンソン
  • ★ Turning Tables : アデル
  • ★ Ain't No Way : アレサ・フランクリン

PAGE TOPへ

18 ボーン・ディス・ウェイ:Born This Way

ダンス練習中に鼻を骨折したレイチェルは医者から整形を勧められ、本気で考え始める。クインの鼻にしたいと思ったレイチェルは、彼女に病院に付き添ってもらうことにする。その頃、プロム・クイーン争いもますます熾烈なものになっていた。サンタナはひょんなことからカロフスキーがゲイだと気付き、彼を更正させてカートが戻ってくれば、自分がプロム・クイーンに選ばれると考える。そしてカロフスキーにはお互いのために付き合っているフリをしようと提案。さらにローレンも立候補。それを知ったクインは対抗意識を燃やし、ローレンもクインの秘密を見つけ出す。レイチェルの整形に反対する部員たちは彼女を説得。ウィルは生徒たちが自分の個性を受け入れられるように、レディ・ガガの曲を歌い、Tシャツに自分のコンプレックスをプリントすることを提案する。

Music
  • ★ I Feel Pretty / Unpretty :
    映画『ウエスト・サイド物語』より / TLC
  • ★ I've Gotta Be Me : サミー・デイビス・Jr.
  • ★ Somewhere Only We Know : キーン
  • ★ As If We Never Said Goodbye :
    ミュージカル「サンセット大通り」より
  • ★ Barbra Streisand : ダックソース
  • ★ Born This Way : レディー・ガガ

PAGE TOPへ

19 うわさの真相:Rumours

ウィルは突然戻ってきたエイプリルから一緒にブロードウェイに行こうと誘われる。夢のブロードウェイに心が揺れるウィルだったが生徒たちのことを考えると踏み出せない。そんな彼にエマは夢を掴むよう助言する。相変わらずグリー部崩壊を狙うスーは学校新聞をゴシップメインに方向転換。グリー部員たちは噂に翻弄され険悪な雰囲気になってしまう。 デタラメな噂のせいで疑心暗鬼になっている彼らにウィルは、フリートウッド・マックのアルバム『噂』を課題として出す。その頃フィンはクインの浮気を疑い、レイチェルと一緒にモーテルに張り込んでいた。しかしそこに現れたのはカートとサムだった。まさかカートが浮気!? と困惑する2人だが、翌日には今度はクインがサムとモーテルから出てくるところを目撃。2人の関係を追及したフィンは、サムの窮状を知る。

Music
  • ★ Dreams : フリートウッド・マック
  • ★ Never Going Back Again : フリートウッド・マック
  • ★ Songbird : フリートウッド・マック
  • ★ I Don't Want to Know : フリートウッド・マック
  • ★ Nice to Meet You, Have I Slept with You? : gleeオリジナルソング
  • ★ Go Your Own Way : フリートウッド・マック
  • ★ Don't Stop : フリートウッド・マック

PAGE TOPへ

20 夢のプロム・クイーン:Prom Queen

プロムが目前に迫ったマッキンリー高校。グリー部はキャンセルになったバンドの代わりにプロムでパフォーマンスすることに。ブレインと一緒にプロムに行くことになったカートは有頂天。少し前からサンタナとカロフスキーの警護を受けていたカートは、しばらくイジメにあっていないと気付きゲイに対する理解が深まったのではと考える。みんながプロムに浮かれる中、メルセデスだけは浮かない顔。誰かに誘われたいとレイチェルに本音をこぼすメルセデス。自分も相手がいないレイチェルは、2人でサムをプロムに誘う。そんな時、レイチェルの前に突然ジェシーが現れ、過去を謝罪。クインと付き合いながらレイチェルのことが気になっていたフィンは、ジェシーが彼女をプロムに誘ったと知り激しく嫉妬する。そしてプロム当日。いよいよプロム・クイーンが発表されるが……。

Music
  • ★ Rolling in the Deep : ジョン・レジェンド
  • ★ Isn't She Lovely? : スティービー・ワンダー
  • ★ Friday : レベッカ・ ブラック
  • ★ Jar of Hearts : クリスティーナ・ペリー
  • ★ I'm Not Gonna Teach Your Boyfriend How to Dance with You :
    ブラック・キッズ
  • ★ Dancing Queen : ABBA(アバ)

PAGE TOPへ

21 突然の別れ:Funeral

ジェシーをコンサルタントとして雇ったグリー部は、彼の提案でソロ・オーディションをすることに。レイチェル、カート、サンタナ、メルセデスが立候補するが、フィンは彼にけなされたことで自信を失くしてしまう。その頃、スーは突然可愛がっていたベッキーをチア部から追い出していた。ベッキーの母親から話を聞いたウィルはスーに猛抗議するが、そんな彼にスーは最愛の姉ジーンが亡くなったと告白。ベッキーを見るとジーンを思い出すから辞めさせたと話す。それを知ったフィンとカートはジーンの葬儀をグリー部で手伝うことにする。葬儀ではジーンが好きだった『夢のチョコレート工場』をイメージした装飾がされ、施設関係者も大勢集まった。そこでスーの心がこもった弔辞を聞いたフィンは、自分の本当の気持ちに気付き、クインに別れを告げるのだった。

Music
  • ★ Back to Black : エイミー・ワインハウス
  • ★ Some People : ミュージカル「Gypsy: A Musical Fable(原題)」より
  • ★ Try a Little Tenderness : オーティス・レディング
  • ★ My Man : 映画『ファニー・ガール』より
  • ★ Pure Imagination : 映画『夢のチョコレート工場』より

PAGE TOPへ

22 夢のニューヨーク:New York

全国大会のためにとうとうニューヨークにやってきたグリー部。憧れの大都会に興奮する彼らにウィルはオリジナル曲が完成するまでホテルに缶詰を命じる。そんなウィルは生徒たちに舞台出演の話を切り出せずにいた。一方、作曲に集中できない部員たちは、部屋にこもっていても良い曲は書けないと、ウィルの命令を無視して街へ繰り出す。その日の夜、クインと別れたフィンはレイチェルに想いを告げるために彼女をデートに誘う。いいムードになった2人だが、最後の最後でレイチェルはキスを拒み逃げ出してしまう。 愛と夢の間で揺れるレイチェル。そんな彼女をカートはある場所に誘う。カートの励ましで自分の進むべき道を確信したレイチェルは、全国大会本番直前、フィンを拒んだ理由を正直に彼に話す。2人の想いがすれ違う中、いよいよ舞台の幕が上がる……。

Music
  • ★ My Cup : gleeオリジナルソング
  • ★ I Love New York / New York, New York :
    マドンナ / フランク・シナトラ
  • ★ Still Got Tonight : マシュー・モリソン
  • ★ Bella Notte : 映画『わんわん物語』より
  • ★ For Good : ミュージカル「ウィキッド」より
  • ★ Yeah : アッシャー feat リル・ジョン&リュダクリス
  • ★ As Long as You're There : gleeオリジナルソング
  • ★ Pretending : gleeオリジナルソング
  • ★ Light Up the World : gleeオリジナルソング

PAGE TOPへ