2011.6.15DVD&Blu-rayレンタル&セル同時リリース マックG(「ターミネーター4」) x マギー・Q(「ダイ・ハード4.0」) 新生「ニキータ」の 命を懸けたリベンジ・アクション!

EPISODE

vol.1

第1話 戦いの幕、再び(原題"PILOT")

6年前、死刑を宣告されたティーンエイジャーのニキータは、政府の秘密組織“ディヴィジョン”にリクルートされ、選択の余地なく暗殺者に育て上げられた。スパイや暗殺といった任務に従事していたが、愛する人を組織に奪われ、3年前に脱走。最初にして唯一の脱走者となった彼女はディヴィジョンに追われる身となったが、組織の総力を持ってしても彼女を捕まえることはできず、まるで魔法のように社会から姿を消したのだった。
3年間の沈黙の後、ニキータは突然姿を現す。それは、元上司のパーシー(ザンダー・バークレイ)、友人であり同僚であったマイケル(シェーン・ウェスト)とバーコフ(アーロン・スタンフォード)への復讐を宣言し、彼らの極秘任務をすべて阻止するためだった。一方ディヴィジョンは、今も社会から葬り去られようとしている若者たちをリクルートし続け、彼らを訓練している。ジェイデン(ティファニー・ハインズ)とトム(アシュトン・ホームズ)も、過去の人生の痕跡を消され、冷徹で有能な暗殺者になる訓練を受けている。そこへ、美しい容姿と暴力的な過去を持つアレックス(リンジー・フォンセカ)が入ってくる。アレックスは自分の運命を受け入れられずにいるが、まるでかつてのニキータのような彼女を、教育係のアマンダ(メリンダ・クラーク)が見逃すはずはない。彼女は、アレックスをみにくいアヒルの子から白鳥へ、その繊細な心を暗殺者の無情な心へと変えていくのだった。

第2話 対立(原題"2.0")

パーシーとマイケルは、アラブ系の要人を捕らえるという任務に就く。ニキータは彼らを阻止しようと、潜伏場所を突き止め乗り込んでいくが、そこには謎の人物が到着していた。一方アレックスは、早くも初めての特別任務を命じられ、銃撃戦に放り込まれる。

vol.1

pagetop

vol.2

第3話 証拠隠滅(原題"KILL JILL")

大きな飛行機事故が起きる。その事故とディヴィジョンの関係を暴こうとしたジャーナリストが危険にさらされ、ニキータが彼女を救う。マイケルとパーシーは、情報を漏らしているのがバーコフではないかと疑うが、本当の情報源は意外なところにあった。

第4話 過去からの亡霊(原題"ROUGH TRADE")

ディヴィジョンにいた頃、ベビーシッターを装い政府の要人を始末する任務を命じられたニキータ。今、あることを清算しようと彼の家族と再会する彼女の脳裏に、当時の映像が甦る。その頃ディヴィジョンでは、訓練中のアレックスがパニック発作に襲われ苦しんでいた。

vol.2

pagetop

vol.3

第5話 ブラック・ボックス(原題"THE GUARDIAN")

元エージェントのオーウェン(デヴォン・サワ)が、ディヴィジョンの極秘データを所持していることが発覚する。パーシーは彼の居場所を突き止めようと躍起になるが、ニキータはすでに彼と接触していた。一方、パーシーの部屋に侵入したアレックスはトムに見つかってしまう。

第6話 痛み(原題"RESISTANCE")

ディヴィジョンの訓練生たちが乗ったバスがテロに遭い、アレックスとトムが誘拐される。二人は拷問されるが、これがディヴィジョンのテストだとは知るよしもなかった。一方ニキータは、彼女のフィアンセの死について衝撃的な事実を知り、愕然とする。

vol.3

pagetop

vol.4

第7話 閉ざされた未来(原題"THE RECRUIT")

アレックスは、訓練生の一人が自爆作戦を決行させられようとしていることをニキータに告げる。それを阻止しようとするニキータは、駆けつけたマイケルと撃ち合いになる。その頃ディヴィジョンでは、ある訓練生が数人の警護官に襲いかかり、大混乱になる。

第8話 試練の時(原題"PHOENIX")

ディヴィジョンは、ある上院議員の不倫相手であるアンナを消すためにトムを送り込む。
その見返りは、ディヴィジョンへの予算を維持する法案の成立だという。ニキータはアレックスの助けを借り、スキャンダルを暴こうとするが、意外な障害が立ちはだかる。

vol.4

pagetop

vol.5

第9話 誰がために(原題"ONE WAY")

マイケルは、かつて自分の家族を殺したテロリストを殺害するという任務に就く。だがパーシーはニキータが彼に協力していることを知り、彼女を殺すためにエージェントを送る。一方、アレックスは医療ファイルを検索しているところを見つかり、窮地に陥る。

第10話 反撃(原題"DARK MATTER")

ディヴィジョンの極秘情報を手に入れたオーウェンが、チリで起きた暗殺事件にアメリカ政府が加担しているとメディアに漏らす。パーシーはCIAのライアンを暗殺の犯人に仕立て上げる。オーウェンとニキータは彼を助けにチリに行くが、二人も捕まってしまう。

vol.5

pagetop

vol.6

第11話 悲しみの果てに(原題"ALL THE WAY")

犯罪組織のリーダーを殺すという初めての任務を命じられたアレックス。ニキータは協力を約束する。その頃バーコフは、ディヴィジョンに内通者がいることをかぎつける。アレックスの任務はうまくいかず、ニキータがディヴィジョンに捕らえられてしまう。

第12話 エージェント(原題"FREE")

エージェントになりアパート暮らしを始めたアレックスは、隣に住むネイサンからパーティーに誘われる。ニキータは、人とは深く関わらないようにと彼女に警告するが、アレックスの心は、ディヴィジョンの任務と“普通の生活”との間で揺れ動くのだった。

vol.6

pagetop