SEXしても友達。それが二人のハッピールール? 2012.2.8 Blu-rey&DVD セル&レンタル同時リリース

CAMPAIGN

TSUTAYA×ステイ・フレンズからカワイイ贈り物。キャンペーン期間2月8日[WED]~3月12日[MON]

今、TSUTAYAで『ステイ・フレンズ』を借りると、バレンタインにピッタリの【AMO'S STYLE byTriumph】のカワイイルームウェアやランジェリーを抽選で50名様にプレゼント!!

A賞ルームウェア 15名様 B賞もこもこスリッパ 15名様 C賞ランジェリー20名様

※商品の在庫等の関係上、実際にご手配させていただく商品は画像と異なる可能性もございます。
ご了承いただきますようお願い致します。※モデル着用の商品はイメージです。実際の賞品とは異なります。
  • カワイイ!LABO 女の子みんなの「カワイイ!」をカタチにします!カワイイ!LABO始動!!
  • 応募する

NEWS

2012.2.7 キャンペーンがスタートします!
2012.2.3 特集サイトをUPしました。

INTRODUCTION

恋愛ナシ、感情ナシ、セックスだけ。何があっても二人は友達! NY、LA―男女の友情は遂に〈ここまで〉進化した!

LAのアートディレクター ディラン。NYのヘッドハンター ジェイミー。恋愛がメンドくさくなってきた二人は、仕事で出会って意気投合。その結果、恋愛感情ナシ、甘い言葉厳禁、SEXアリの進化した友情を選ぶことに-。

『ソーシャル・ネットワーク』で卓越した演技力を認められたグラミー賞受賞のアーティスト、ジャスティン・ティンバーレイクと、『ブラック・スワン』でナタリー・ポートマンのライバル役を演じ今大注目のミラ・クニスというフレッシュな顔合わせで「友情にセックスが加わっても、男女は友だちでいられるのか?」をテーマに、恋愛、友情、セックスに関する男女の本音を満載したセフレムービー、それが『ステイ・フレンズ』だ。 有能な人材のヘッドハンティングをしているジェイミー(ミラ・クニス)は、LAで活躍する敏腕アート・ディレクターのディラン(ジャスティン・ティンバーレイク)を転職させるため彼をNYに招待する。一晩NYを案内するうち二人は自分たちの恋愛観が似ていることに気づく。二人ともあまりに多くの恋で失敗してきたため、恋愛そのものを楽しむことができなくなっていたのだ。 ジェイミーの説得によってNYへの転職を決めたディラン。NYで暮らすようになったディランとジェイミーは、あっという間に仲の良い友達になった。お互いにまったく恋愛感情を持たない二人。しかしある時ジェイミーがふともらした「セックスしたいわ」という一言をきっかけに、二人は、恋愛ナシ、感情ナシ、甘い言葉厳禁を条件にセックス・フレンドになることを決めたのだった。 お互いの気持ちイイ部分を言い合い、余計な感情を持ち込まずに純粋にセックスを楽しむ二人。理想的に思われた関係だったが、ほんのちょっとしたことから、今までのオトクな関係に微妙なずれが生じてきて-。

今最もフレッシュでセクシーなティンバーレイクとクニスの本音トークにどっきり!『ソーシャル・ネットワーク』で、トップアーティストであると同時に、役者としても確固たる地位を築いたジャンスティン・ティンバーレイクと、『ブラック・スワン』で主演のナタリー・ポートマンと共演し演技力を認められた新星ミラ・クニス。今最も旬の若手二人のあけすけで率直な会話やベッドでの掛け合いは、新鮮であると同時に、ハリウッド王道のセクシーかつユーモアいっぱいのコメディの魅力にあふれている。 このエネルギッシュな主演の二人を囲む脇役にはウディ・アレンの『人生万歳!』のパトリシア・クラークソン、『扉をたたく人』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた『食べて、祈って、恋をして』のリチャード・ジェンキンス、同じく『ラリー・フリント』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた『2012』『ゾンビランド』のウディ・ハレルソンらベテランの演技派俳優たちだ。 監督は2010年にエマ・ストーン主演の学園コメディ『Easy A』を手掛け大ヒットに導いたウィル・グラック。

ニューヨーク、ロサンゼルスの魅力がいっぱい!ディランとジェイミーはともに NY、LAを舞台に成功しているビジネスマン。二人のドラマはこの大都市の名所、まさしく絵になる街をバックに展開する。NYではセントラル・パーク、ハドソン川、タイムズ・スクエア、グランド・セントラル・ステーション、LAではチャイニーズ・シアター、マリブ・ビーチ、ハリウッドのパンタージュ・シアター、ダウンタウンのユニオン・ステーション、LA国際空港などがあらゆるシーンが登場。そしてLAの究極的シンボルHOLLYWOODサインが思いもよらない形で観客を楽しませてくれるのもお楽しみ。

STORY

ロサンゼルスで活躍するアート・ディレクターのディラン(ジャスティン・ティンバーレイク)は、永年ロサンゼルスタイムスの記者を務めていた父(リチャード・ジェンキンス)、姉アニー(ジェナ・エルフマン)とその幼い息子の4人でマリブビーチが目前に広がる瀟洒な家に住み、気の置けない同僚との気楽な仕事に満足していた。ただひとつの悩みは、女性関係がいつもうまくいかないこと。そんな彼にニューヨークからGQ誌のアート・ディレクターへの転職の誘いが舞い込む。 ディランに転職を斡旋したのはジェイミー(ミラ・クニス)。高いピンヒールでNYの街を闊歩するセクシーで優秀なヘッドハンターだ。母ローナ(パトリシア・クラークソン)はシングル・マザーで、ジェイミーは本当の父の姿を知らない。ローナはジェイミーが聞くたびに、違う男性像を父として描きだす。そのおかげで、ジェイミーはクールなニューヨーカーを気取っている一方で、実は白馬の王子様が現れるのを心の底から望んでいて情緒不安定なところがあり、いつも安定した恋愛関係には縁がなかった。そんなディランとジェイミーが初めて出会ったのは、ジェイミーがヘッドハンティングのためにディランをNYに招待したとき。初めは乗り気でなかったディランだが、ジェイミーの熱心な口説きと彼女が見せるNYの街の魅力に、ついに転職を決心。
広いLAからNYの雑踏へ飛び込んだディランに、ジェイミーはNY的生き方を教え、恋愛に失敗続きゆえの似た者同士なだけに、二人はあっという間に親友となる。NY式パーティで遊んだり、お互いのアパートでビールを片手にラブコメを観ながら毒舌を吐く。そんな友達関係に満足していたはずだったが、ふと恋愛について語りつつ「恋愛は面倒がつきものだけど、セックスは時々無性にしたくならない?」「セックスはテニスのようなもの。週末旅行もなしで試合後は握手して終わりだ」という会話から「僕らなら割り切ってテニスが出来る」と盛り上がり、「恋愛なし、感情なし、セックスだけ、何があっても二人は友達」の誓いを立てて、ついにゲーム開始!お互いの気持ちのイイ部分を言いあい、恥じらいもなく「プレイ」だけに集中しセックスを楽しむ二人。恋愛につきものの面倒な感情の行き違いもなく、あけすけに率直に思ったことを言い合い、二人はお互いの「進化した友情」にすっかり満足していた。ただ、ディランの同僚のゲイのトミー(ウディ・ハレルソン)だけは、「そんな関係続かないぞ。セックスが必ず意味をもつようになるんだ」と忠告する。そして、そんなトミーの予言通りになる出来事が二人の間に持ち上がるのだった・・・。