バーン・ノーティス 元スパイの逆襲

「24」のジャック、「プリズン・ブレイク」のマイケル、次にハマるのはこの男! 味わい深いゆるカッコイイ・ニューヒーロー登場!

突然の解雇通告。 黒幕暴くまで、生きのびろ!

待望のシーズン2、早くも登場!!
2010.4.2 レンタル開始!
2010.6.18 DVDコレクターズBOX発売!

EPISODE GUIDE ネタばれ注意!

Vol.1

■Episode1 悲劇の始まり:前編
マイケル・ウェスティン(ジェフリー・ドノヴァン)は東欧・OPEC諸国を中心に活躍する敏腕スパイ。が、なぜかナイジェリアでの工作中、組織から解雇されてしまう。命からがら、たどり着いたのは、故郷のマイアミ。元カノのフィオナ・グレナン(ガブリエル・アンウォー)や口うるさい母親(シャロン・グレス)と距離を置きたい彼は一刻も早く、マイアミを去ろうとするが、FBIから監視され、おまけにカードは使用停止、口座も凍結され、無一文状態。仕方なく、小遣い稼ぎに元スパイ仲間であるルーシー・チェン(チャイナ・チャウ)を頼り、仕事をもらう。その依頼は昔の知り合いサム・アックス(ブルース・キャンベル)から請け負ったものだった。
■Episode2:悲劇の始まり:後編
資産家の支配人をしているハビエル(デイヴィッド・ザヤス)に雇われて、彼の雇い主であるミスター・パイン(レイ・ワイズ)の家で起きた強盗事件を調べていたマイケル。盗まれた絵の行方を追っていた彼は美術商ウォルターを訪ね、以前にパインらしき人物が絵を売ろうとして、失敗したことを突き止める。強盗事件が彼の自作自演と踏んだマイケルは彼の屋敷に忍び込んで、決定的証拠をつかむ。フィオナにアパートを突き止められたマイケルは、彼女にディナーの約束と引き換えに仕事の協力を要請する。フィオナはどうやらマイケルと復縁したがっているようだ。彼女とサムとともに、マイケルはミスター・パインに証拠をつきつけ、出方をみることにする。
■Episode3:アイデンティティー
実家で盗聴器を発見したマイケル。母親によれば、数ヶ月前に、二人の男が家を訪ねてきたという。詳細を知りたければ、彼女の友人を助けてほしいと持ちかけられ、仕方なく、当選詐欺の被害に遭ったローラ(イレイン・ウィルクス)の話を聞くことに。マイケルはサムとフィオナとともに、当選通知の加工から印刷会社を割り出し、社員(マイク・ベニテス)を尾行。やがて、ヨットに暮らす3人の詐欺師、クエンティン(マーク・ペレグリノ)、グレッグ(ジョシュ・ランドール)、ボニー(シンディ・テイラー)にたどり着く。クエンティンの元相棒と同房だったピーターに成りすましたマイケルは彼に年金詐欺を持ちかけるが、用心深い彼に断られてしまう。

PAGE TOP

Vol.2

■Episode4:二者択一
マイケルは自分に解雇通知を送った人物の手がかりを探ろうと、発展途上国経済首脳会議が開催される予定のホテルに潜り込み、顔なじみのスパイ、ターベットが出席することを知る。フィオナに彼への接触を頼んだマイケルは、その代わり、実家に置いてある亡父の愛車チャージャーを持ち出すことに。一方、大家オレグが、クラブの従業員カーラ(ディディ・ファイファー)が巻き込まれたトラブル処理を依頼。彼女はある暴行事件を発見したために脅迫され、娘ソフィー(ナタリー・ドレイファス)と家に引き篭っていた。マイケルは犯人アルバロ・デサントス(イヴォ・ロペス)に脅迫を止めさせようとするが失敗。逆にカーラ宅に殺し屋を送り込まれてしまう。
■Episode5:スパイの旧友
サムとバーでくつろいでいたマイケルは殺し屋ヤン(イリア・ヴォロック)に狙われる。母の呼び出しで、実家に戻ったマイケルを待っていたのは、仲が悪い弟のネイト(セス・ピーターソン)。借金まみれの彼は、マイケルの名前を勝手に使い、マイケルの高校時代の友人ビル(エリック・ラング)から、調査料を受け取っていた。依頼内容は家出した娘の捜索。断ろうとビルを訪ねたマイケルは結局、仕事を引き受けてしまう。彼の娘ジェナは、BFのブランドンの紹介で、手広く写真スタジオを経営しているウィルヘルム兄弟(マーク・トティ、ウィリアム・ヘイズ)のところに行ったという。その兄弟はモデル志望の女性を集めては、売春斡旋を行なっていた。

PAGE TOP

Vol.3

■Episode6:家族の絆
ネイトから、チャージャーは自分のものだから、遺書を探してほしいと主張されるマイケル。そんな折、車内で盗聴器を発見。サムの仕業だと気づいてしまう。ネイトから頼まれた、今度の依頼人は私設空港の警備責任者ジェイク(スコット・マイケル・キャンベル)。現在、不正に便宜を図っているレバノン人一家と手を切りたいのだという。マイケルが調査すると、この一家は元モサドのスパイである父イーライ(ジョエル・スウェトゥ)率いる武器商人グループであることが判明。しかもジェイクの前の責任者は殺害されていた。マイケルたちは彼らの武器の保管場所を探ろうとするが、見つからない。やがて、ジェイクは彼らから、新たな協力を要請される。
■Episode7:スパイの恩義
フィオナとアパートに戻ったマイケルは何者かが侵入した痕跡を発見。同時に実家のマデリンから不審者が家に押し入ったとの連絡を受ける。全てはマイケルの新しい監視員の仕業だった。その頃、サムの昔の仲間で、現在は船の回収業をしているヴァージル(クリス・エリス)から仕事の要請が。ジャマイカ人、アンドレ(ローレンス・メイソン)のクルーザーをメイソン(アントニ・コローネ)に届けて欲しいという。拒否するアンドレを巻き、無事、クルーザーを手に入れたマイケル一行は、なぜか今度はメイソンに襲われる。命の危険があるヴァージルをとりあえずマイケルの実家に匿い、3人が、クルーザーを調べると、船内から1000万ドルもの大金が見つかった。

PAGE TOP

Vol.4

■Episode8:スパイの掟
盗んだ財布から、マイケルを監視していた人物はCSS(中央保安局)のジェイソン・ブライ(アレックス・カーター)と判明する。ブライは財布を盗まれた腹いせに警察に通報。盗難車に未登録の銃を積んでいたフィオナのために、マイケルと彼女は町中を逃げ回る羽目になる。サムもブライの嫌がらせで、GFに浮気を勘ぐられ、散々な目に。同じ頃、商店の経営者アーニー・パセオ(イーサイ・モラレス)から、チンピラにみかじめ料を要求され、周辺住民が困っていると相談される。チンピラの元締めはキューバからの亡命者で女性のコンチャ・ラミレス(イダリス・デリオン)。彼らに近づくため、マイケルは荒くれ者になりきり、アーニーの店を容赦なく襲撃する。
■Episode9:お尋ね者
フィオナのアパートでランチを振舞われたマイケルは、彼女の賞金稼ぎの仕事を手伝わされることに。彼女が追っているのは逃亡犯のトーマス・マッキー(クリス・ベイン・ギルバート)。情報通り、滞在中であるホテル・ビクターを訪ねてみると、同じく賞金稼ぎのウェイン・レイ(ジェフ・チェイス)が彼を追っている真っ最中だった。ウェインを撒き、何とかトーマスをつかまえてみると、彼は無実を主張する。彼の話によれば、数日前、ホテル・ビクターの友人から、200万ドルもの宝石があしらわれたブローチを見せられたが、その後、その友だちが死亡、ブローチも消えてしまったのだという。トーマスは真犯人を見つけて、汚名を晴らしたいと申し出る。

PAGE TOP

Vol.5

■Episode10:スパイの交渉術
マイケルとフィオナはビーチでデートを装い、マイケルの解雇について調査しているCSSの官僚、ペリー・クラーク(アリー・グロス)の身元を調べる。彼の出方次第で、マイケルは組織に戻れるかもしれない。そんな一大事に、サムの恋人の紹介で仕方なく、マイケルはニック・ラム(ケルヴィン・ユー)という男性を訪ねる。豪邸に住んではいるものの、彼自身はハウスシッターで、金持ちではない。ところが誤解を受け、彼の婚約者ドーン(レイチェル・イェーガー)が誘拐されてしまったのだ。身代金は500万ドル。当然、ニックにそんなお金はない。サムとマイケルはニックに誘拐犯との交渉術を伝授。が、後一歩のところで、素人のニックがしくじってしまう。
■Episode11:偽りの依頼
偽造身分証を作ろうとしたマイケルはいきなり拘束され、フィオナに助け出される。マイアミを離れられないよう、マイケルの手配書が出回っているのだ。仕方がなくマイケルは偽造のプロに知り合いがいるルーシーの仕事を引き受ける。イヴリン(ルーシー・ローレス)という女性が、夫に息子を連れ去られ、困っているという。DVを受けているというイヴリンに、自分の経験を重ね合わせ、急速に深入りしていくマイケル。やがてサムの調査で、イヴリンの夫ダグ(アンソニー・スターク)の居場所が判明。イヴリンとともにダグを訪ねてみると、彼女の態度が急変。マイケルはダグとともに襲撃されてしまう。実はイヴリンはダグの妻ではなく、殺し屋だった。

PAGE TOP

Vol.6

■Episode12:機密情報/解雇通告の真相
サムが友人から頼まれ、依頼を持ってくるが、マイケルは自分を解雇通告した張本人コーワン(リチャード・シフ)との対決が迫っており、それどころではない。仕方なくサムは一人で依頼人ジリアン(マヤ・スタンジ)のもとへ。飛行機等の管理会社で働く彼女は同僚メリッサ(ニコール・トム)が、浮気相手から違法な荷物を承認するよう脅されて困っているという。トルコから送られてくる、その荷物はヘロイン。ところがフィオナに協力してもらい調べるうち、サムたちは被害者を装っていたメリッサとその夫ケント(ジェフリー・ジョンソン)こそがヘロイン密輸の実行犯だと気づく。一方、コーワンが狙撃され、マイケルは解雇の背景を知り損なう。再び、組織から追われる身となった彼は、危機を弟ネイトに救ってもらう。その頃、ケントの親玉を追っていたサムとフィオナは敵に見つかる。フィオナは間一髪で逃げ出したが、サムは拘束。拉致されたサムはマイケルに「関わるな」とメッセージを送るが、マイケルたちは彼を助けるために奔走する。しかし、組織からの追っ手が障害になる。マイケルは接触して来た彼らに、12時間後に出向くと自ら交渉。その時間内で、サムを救おうとする。

PAGE TOP