ストーリー 映画「L change the WorLd」

最後の敵は、人間の手で作り出された新たな《死神》――。

「ワタリ、日本へ向かう手配をしてください。」
キラ事件を解決するために、ロサンゼルスから日本へと旅立ったL(松山ケンイチ)。そのとき彼を捉えていたのは、97%の確率 でキラは日本にいるという確信と、ここへはもう二度と戻ってこられないかも知れないという予感だった――。

キラと呼ばれ、デスノートを使って犯罪者なき新世界の神になろうとした夜神月(藤原竜也)と、キラの正体を突き止め、事件を 終わらせようとしたL。ふたりの天才の熾烈を極めた攻防戦が最終局面を迎えようとしていたころ、タイでひとつの村が消滅した。 何もかもが焼き尽くされ、あらゆる痕跡を消し去るかのように、地上から抹殺された小さな村。一体そこで何が起こったのか? そのときすでに、世界の崩壊にも繋がる大事件が、Lの知らないところで動き出していたのだ。

Lの究極の選択によってキラ事件は終結したが、それと同時に、Lはワタリ(藤村俊二)を失った。Lが育ったワイミーズハウスの 設立者であり、最も信頼できるパートナーであったワタリ。予測していなかったその死とともに、Lに残された最期の23日間。大き すぎた犠牲を噛みしめながら、ワタリのファイルに残った未解決事件を次々に片付けていくL。やがて、案件ファイルも尽きたこ ろ、Lのもとに届いたワタリ宛の“贈り物”。ヘリコプターで運ばれてきた箱の中にいたのはひとりの幼い少年。その無口な少年 ・BOY(福田響志)が身につけていたSDカードのデータから、Lは、BOYがタイで消滅した村のたったひとりの生き残りであること、 そして、その裏側では、人間の手で作り出された《死神》をめぐる大きな事件がうごめいていることを知る。

そこへ、ワタリを訪ねてまたひとり、今度は少女がやってくる。非業の死を遂げた父親から預かってきたものがあるという少女・ 二階堂真希(福田麻由子)。それこそが、事件の核心となる《死神》だと気付いたときには、すでに追っ手が迫っていた。幼いふ たりを連れて逃走をはかるL。残された日はあと6日。Lは、ふたり子供たちを守りながら身体を張って事件を解決するという「不 得意分野」へ突入していく――。

ストーリーイメージ写真

ストーリーイメージ写真


ストーリー 映画「L change the WorLd」フッター