義経
メニュー
あらすじ
購入する
TSUTAYA DISCUS


都道府県
市区郡名or店名
都道府県の後の住所から入力してください


※市区郡名を入れなかった場合は、県にあるお店の一覧表示になります


【キャスト】

滝沢秀明/神木隆之介/松平 健/上戸 彩/南原清隆(ウッチャンナンチャン)/うじきつよし/伊藤淳史/海東 健/宮内敦士/長谷川朝晴/石原さとみ/稲森いずみ/市川左團次/美輪明宏/中島知子/渡 哲也/松坂慶子 ほか   

【スタッフ】

原作:
宮尾登美子(「宮尾本平家物語」「義経」より)
脚本:
金子成人
音楽:
岩代太郎
制作統括:
諏訪部章夫
演出:
黛りんたろう
木村隆文
柳川 強

●義経 Disc 1

第一回「運命の子」

平治元年(1159年)12月。平治の乱で源氏軍が平家に敗れ、源善朝の愛妾・常盤は、乳飲み子の牛若と幼子らを抱えて都を逃れ雪の中をさまよい歩いていた。母が平家に捕らえられたことを知った常盤は、自分の命と引きかえに、母と子らの助命を求めて平清盛のもとへ出頭する。清盛は、先に捕らえた源氏の嫡男・源頼朝の命とともに思案する。

第二回「我が父 清盛」

平清盛に助けられ、母・常盤と京に暮らしている牛若は、平家の子供たちと兄弟のように楽しいひとときを過ごす。清盛が常盤の所に通っていると知った時子は、密かに常盤を呼び出し、妊娠を知る。一方の清盛は、大切な屏風に落書きされているのを見て、それが牛若の仕業と知るが、叱らず自ら落書きに過筆し「新しき国」の夢を牛若に語る。

第三回「源氏の御曹司」

平家への出入りを禁じられた牛若は、常盤から、鞍馬寺へ入るように告げられる。突然のことに反抗する牛若だったが、寺の覚日律師や陰陽師の鬼一法眼と出会い、次第に荒れた心を落ち着かせる。やがて牛若は、「遮那王」という新しい名を覚日律師からもらう。そんなとき、寺を訪れた新宮十郎義盛に、己の隠された驚愕の出自を知らされる。

第四回「鞍馬の遮那王」

父親同然に思っていた平らの清盛が、実の父を討った敵であると知った遮那王は、その妾となっていた母・常盤の心中を思い、悶々とした日々を過ごしていた。やがて遮那王は、自分の気を静めるため、陰陽師の鬼一法眼に「弟子にしてほしい」と頼む。一方、都では、寺同士の抗争に巻き込まれた弁慶が平家に対して刀狩を行っていた。

●義経 Disc 2

第五回「五条の大橋」

平治元年(1159年)12月。平治の乱で源氏軍が平家に敗れ、源善朝の愛妾・常盤は、乳飲み子の牛若と幼子らを抱えて都を逃れ雪の中をさまよい歩いていた。母が平家に捕らえられたことを知った常盤は、自分の命と引きかえに、母と子らの助命を求めて平清盛のもとへ出頭する。清盛は、先に捕らえた源氏の嫡男・源頼朝の命とともに思案する。

第六回「我が兄 頼朝」

いつまでも出家せず、たびたび都に降りてくる遮那王に、平家の警戒は強まっていた。周囲に迷惑をかけると知った遮那王は、自分の行く末について悩み始める。一方、伊豆では遮那王の兄・源頼朝が。恋人・亀の目とともに、安穏とした日々を過ごしていた。偶然より友と出会い、行く手を邪魔された北条政子は、乳・北条時政に頼朝を殺してくれと迫る。

第七回「夢の都」

源頼朝を思い、いつになく元気のない北条政子の様子に、父・時政が気を揉んでいた。一方、遮那王は、金売り吉次から、奥州・平泉の都の魅力を聞かされる。父のように思っていた平清盛と自分との間にある隔たりを悟った遮那王は、奥州行きを決意する。そんな遮那王の前に、再び弁慶が現れ、家来にしてほしいと頼み込み。

第八回「決別」

京を去り、奥州へ行くことを決意した遮那王は、金売り吉次にその旨を伝え、準備を始める。平家からの圧力で出家を迫られ、一刻の猶予もなくなってきた遮那王は、その前に今一度、清盛に会いたいと、お徳のもとを訪れる。お徳の働きによって無事、清盛と再会を果たした遮那王は、母・常盤に別れを告げるため、一条長成の屋敷へ向かう。

●義経 Disc 3

第九回「義経誕生」

密かに鞍馬山を降りた遮那王は、吉次らとともに一路奥州を目指す。その途中、山賊に襲われるが、追ってきた弁慶によって無事に難を逃れる。そして遮那王の素性を知った山賊のひとり、伊勢三郎に、家来にしてくれとつきまとわれる。やがて尾張の国で元服し「源九郎義経」となった遮那王は、危険な陸路を避け、駿河次郎の船に乗り込み、海路を進む。

第十回「父の面影」

義経一行は、奥州平泉で藤原秀衡らに迎えられる。義経と弁慶ら主従の様子を見守っていた秀衡は、次第に義経を信頼し名馬を贈る。そして自ら平泉を案内し、領主として哲学を語る。義経はそんな秀衡に亡き父の姿を重ねる。京から追って来たうつぼや家来たちとともに穏やかに暮らす義経。そんな中、秀衡の息子・泰衡が、狩りの途中で行方不明に…。

第十一回「嵐の前夜」

藤原泰衡を助け出した義経の武勇伝は平泉に広まり、義経に嫁取りの話が舞い込む。一方、京では鹿ヶ谷で平家討伐の密議が行われていたことが発覚。それに加わったとされる後白河法皇と清盛との間に微妙な距離が生まれていた。帝の子を身ごもった徳子を六波羅に迎えた時子は、領子にある決意を打ち明ける。

第十二回「驕る平家」

越後へ長旅に出ていた義経は、女武者・巴に追われて逃げる木曽義仲と出会う。京では徳子が無事に皇子を出産。平家は、栄華を極めるその一方で、清盛の最も信頼していた嫡男・重盛の死という重大な局面を迎える。自分に代わり夜叉となってくれた重盛の思いを受けた清盛は、これから自らが夜叉となることを決意し、その態度を一変させる。

●義経 Disc 4

第十三回「源氏の決起」

平宗盛に息子を侮辱され怒った源頼政は平家を見限り兵を挙げる決意をする。頼政により、平家追討の以仁王の令旨を託されて源行家は、頼朝、義仲を周って源氏の決起を促すが、すぐに平家に知られる。一方、令旨の情報を知った秀衡は、義経を呼び寄せ「一度は父と思った清盛に刃を向けることができるのか」と問う。

第十四回「さらば奥州」

戦闘の末、源頼政の謀反を制圧した清盛は、周囲の反対を押し切り、急きょ、福原に都を移す。その福原で行われた菊見の宴に義経の妹・能子の姿もあった。一方、伊豆で挙兵した頼朝は、石橋山で敗退。敵方の梶原景時に助けられる。頼朝敗退の知らせを受けた義経は、兄のもとに行こうと、藤原秀衡に挙兵の許しを請う。

第十五回「兄と弟」

家来を伴って黄瀬川に参上し、念願の兄・頼朝との対面を果たした義経。だが、最初に命じられた任務は、富士川を隔てた平家陣の見張り役だった。突然飛び立った水鳥の羽音に恐れをなして逃げ帰った平家軍の陣の跡で、義経は足をけがして動けなくなった静と再会する。鎌倉へ静を連れ帰った義経は、頼朝に「かつては清盛を父と思っていたのではないか」とその心中を聞かれる。

第十六回「試練の時」

福原遷都で、荒れ果てた京を嘆く後白河法皇に懇願され、宗盛は清隆に都帰りを進言。一方鎌倉では、頼朝と亀の前の関係を知った政子が、嫉妬に打ち震えていた。男と女の激情にふれた義経と静は、互いの気持ちを確認し結ばれる。そんな折、政子と北条時政が、義経を退けるよう頼朝に進言する。

●義経 Disc 5

第十七回「弁慶の泣き所」

海に落ちた弁慶は、千鳥に助けられ、偶然にもその裸を見てしまう。日ごろからカタブツで、女に不器用な弁慶の初めての恋を、微笑ましく見守る義経と静たち。そんな平穏もつかの間、義経は政子から嫁取りの話を打診される。一方、京では、清盛の命を受けた平重衡が奈良の大仏を焼き、平家に対する反感が強まっていた。

第十八回「清盛死す」

鎌倉での義経の暮らしは肩身の狭いものだった。一方、京に戻った清盛は、潰れた福原の夢を抱きながら失意の日々。そんな折、清隆は突然の高熱で倒れてしまう。時子たちの必死の看病や祈祷のかいもなく、清盛は息を引き取る。その訃報を頼朝と政子から受けた義経の胸中には、複雑な思いが去来していた。

第十九回「兄へ物申す」

五足の死の知らせを受けた義経は、度重なる親しい人物の死に同様を隠せない。ある日義経は、頼朝からもう一人の兄・範頼を紹介される。柔和な人柄に家族の温かみを感じる義経だったが、そんな折、家臣の佐藤継信と忠信が突然、暇をとらせてほしいと申し出る。二人に疑惑が掛けられていることを知った義経は、頼朝のところへ向かう。

第二十回「鎌倉の人質」

平家の大軍が都を発ったという知らせを受けた頼朝の周辺は、身内である源氏の動向も含め、慌ただしく動き始める。だが一向に義経に対する出陣の要請はなく、いつまでも活躍の場が与えられないことに弁慶たちは苛立っていた。そんな中、木曽義仲の息子・義高を大姫の婿として鎌倉に連れ帰った頼朝は、義経に…。

●義経 Disc 6

第二十一回「いざ出陣」

頼朝から、情や絆ではなく道理や力で家臣たちを統制するという「新しき国」づくりの理念を聞いた義経は、それがかつて、清盛が語ったものとは全く別のもののように感じ、自分にとっての「新しき国」は何なのかと迷いはじめる。一方、倶利伽羅峠の戦いを経て、都に攻め上がろうとする木曽義仲の動きを知った頼朝は、義経に先陣として京へ向えと言い渡す。

第二十二回「宿命の上洛」

倶利伽羅峠の戦で平家に圧勝した木曽義仲は、敗走する平継盛に追い打ちをかける。そんな折、継盛の母・経子が時子を訪ね、敗走中の継盛が盗賊に手放した平家嫡流の鎧を買い戻したいと、借金を申し出る。一方、義仲軍の進軍を知った義経は、鎌倉の軍勢が迫っているという嘘のうわさを流され、兵を引かせようと画策するが…。

第二十三回「九郎と義仲」

うつぼから、平家が都落ちすると聞いた義経は、自ら都に偵察に行きたいと言い出す。平家の都落ちの後、都入りを果たし、後白河法皇に謁見した木曽義仲は、巴とともに都の派手な生活に溺れ、兵士の統制を執れずにいた。洛中で木曽の兵士の乱暴を目の当たりにした義経は、従兄弟として義仲を諫めようと、単身義仲に会いに行くが…。

第二十四回「動乱の都」

木曽義仲と失意の対面となった義経。その帰り道、何者かに襲われてしまう。朝廷内では、義仲に対する不満が爆発。後白河法皇は、源行家を取り立てることで義仲を牽制しようと画策する。このままでは義仲が立ち行かなくなると知った義経は、再度、義仲に会おうとするが、後白河法皇の裏切りを知った義仲は、法住寺殿を襲撃。ついに義経も義仲追討へと動き出す。

●義経 Disc 7

第二十五回「義仲最期」

義仲追討の初陣を飾った義経は、弁慶ら郎党の活躍で無事、後白河法皇を助け出す。法皇から院の御所の警固を任され、都に落ち着いた義経は、久しぶりにお徳やうつぼとも再開し、心穏やかな日々を送る。金売り吉次の計らいで常盤とも再会を果たすが、常盤は再び、義経に「二度と会いに来ないように」と伝えるのだった。

第二十六回「修羅の道へ」

木曽義仲の首が、獄門に掛けられるという知らせを受けた義経は、思わずその処分に反対し、源範頼や梶原景時に諫められる。そんなある日、静が現れる。再開を喜ぶ義経だったが、平穏な日々も束の間、いよいよ平家との決戦に向けての動きが活発化する。後白河法皇より平家追討の院宣が下り、義経たちは一の谷へ向けて出陣する。

第二十七回「一の谷の奇跡」

平家追討へと出陣した義経。しかし平家が陣を構えた一の谷は、そそり立つ断崖絶壁に守られた天然の要害。伊勢三郎らが偵察から連れ帰った土地の漁師・鷲尾三郎の案内で、自ら偵察した義経は、まともに挑んでは勝てないと判断。平家の兵力を分散させるべくある戦略を考える。一方、平宗盛のもとには、後白河法皇からある書状が届いていた。

●義経 Disc 8

第二十八回「頼朝非情なり」

一の谷で勝利をおさめ、京に凱旋した義経は、鎌倉へ送られることになった平重衡の護送役を買って出る。鎌倉に着いた義経は、頼朝をはじめ、大姫や義高と再開。弁慶も千鳥と新しいひとときを過ごすが、義高が脱走を試みたことで事態は一変。義経は捕らえられた義高の命を救おうと、必死に頼朝にかけあおうとする。

第二十九回「母の遺言」

一の谷の戦いで目覚ましい功績を収めた義経だったが、未だ頼朝から恩賞を受けることなく日々が過ぎていた。そんな折、義経は後白河法皇から直接検非違使に任官される。それを知った頼朝は激怒。義経を出陣から外し、鎌倉から正妻として萌を送りつける。頼朝の真意がわからず困惑する義経だったが、そんな義経のもとに病の体をおして母・常盤が現れる。

第三十回「忍び寄る魔の手」

平家追討軍から外され京に残った義経は、横行する夜盗の取り締まりを命じられる。朱雀の翁の力を借り、無事に夜盗を鎮める義経。このことに喜んだ後白河法皇が、頼朝の承諾も得ないまま義経の更なる昇格を決めたため、頼朝と義経の溝はますます深まる。そんな中、頼朝は源範頼の苦戦の知らせを受ける。そしてついに、義経に出陣の命が下る。

第三十一回「飛べ屋島へ」

ついに平家討伐の総大将を命じられた義経。勇み立つ義経の姿に弁慶ら郎党は喜ぶが、義経を戦に送り出す静の心中は複雑だった。一方、義経が屋島に向かっていると知った平家は、義経の妹・能子が義経と通じているのではないかと疑いをかける。摂津で梶原景時と合流した義経は、戦略をめぐり景時と対立。義経は景時の反抗を押し切り、嵐の中の船出を決意する。

●義経 Disc 9

第三十二回「屋島の合戦」

嵐の航海を乗り越え、屋島にたどり着いた義経。平家を追いつめる一方、敵方にいる妹・能子の安否を気遣っていた。そんな折、海上の平家の小舟に女が現れ、扇をつけた竿をへさきに立てる。扇を矢で射落とせるかどうかという平家からの挑発だと知った義経は、その竿を持つ女が、妹の能子であることを知らないまま、弓の名手・那須与一に扇を射落とすように命じる。

第三十三回「弁慶走る」

平家と船戦を覚悟した義経に、弁慶は水軍を持つ熊野の湛増を味方につけるため、自ら直談判しに行くことを申し出る。熊野へ到着した弁慶は、力づくで湛増に面会して必死に説き伏せるが、湛増は応じない。しかし、恩ある漁師の娘・千鳥の婿が弁慶だと知り、湛増は迷い始める。弁慶は自らの命をかけ、湛増に闘鶏の勝敗で味方につくかどうかを決めることを提案する。

第三十四回「妹への密書」

周囲の水軍を味方につけながら、平家のいる長門へ船を進めていた義経は、平家軍にいる妹・能子の安否を人知れず気遣い、悩みを募らせていた。一方、船戦に自身を見せる平家の中でひとり戦の行く末に不安を覚えていた時子は、ある計略を考え始める。決戦の日が近づいたある日、義経は、心中を察した弁慶に促され、能子へ戦に巻き込まれないよう手紙を書くのだが…。

第三十五回「決戦・壇ノ浦」

壇ノ浦での平家との決戦を控えた義経は、駿河次郎に潮の流れを確認させ、その戦略を練っていた。手柄を立てたい梶原景時は義経に先陣を申し出るが、義経は三浦水軍に先陣を命じ、景時の反感を買う。一方平家では、帝の秘密を知った能子に対し、時子が船を降りるように伝えていた。ついに義経は、壇ノ浦で平家との運命的な決戦を迎える。

●義経 Disc 10

第三十六回「源平無常」

壇ノ浦で、平家を討ち滅ぼした義経。しかし、戦いを終えた義経の胸中には、ただむなしさだけが漂っていた。義経は、再会したお徳と共に亡き清盛をしのび、平家一門の栄枯衰退を顧みる。そんな中、義経は佐藤忠信からの報告で、助かった平家一門の中に能子がいることを知る。能子と再開した義経は、京で一緒に暮らそうと能子に提案するが…。

第三十七回「平家最期の秘密」

壇ノ浦での功績を後白河法皇から褒められ、喜ぶ義経。しかし鎌倉では、義経の功績を評価する一方、その前年、頼朝の許可なく官位を受けたことが問題視されていた。その後、頼朝は、義経が朝廷に神器を返還したことを知って激怒する。

第三十八回「遠き鎌倉」

徳子を見送った義経の行動は、梶原景時から敵方に好意的すぎると批判を浴びる。お徳から、景時が頼朝へ提出した報告書の内容を知らされた義経は、鎌倉へ行き、直接より友の誤解を解きたいと強く思い始める。折りしも、義経は後白河法皇から平宗盛の護送役を相談され、自らその役割を志願。郎党らと共に出発するのだが…。

第三十九回「涙の腰越状」

頼朝から鎌倉に入ることを許されず、腰越に留められた義経。弁慶ら郎党たちも日々不満を募らせていた。政子は、病の大姫を義経に合わせるため、密かに鎌倉に入ろうと画策する。そんな政子の申し出を断り、頼朝を神事続ける義経にしびれを切らした弁慶は、情を捨てて現実を見るように進言。義経は自分の思いを伝えるため、頼朝に書状を送ることを決意する。

●義経 Disc 11

第四十回「血の涙」

頼朝への思いを手紙にしたため、鎌倉へ義経。しかし頼朝からの返事はなく、弁慶ら郎党たちもいらだちを募らせる。一方、一度は義経からの書状を読まないと公言した頼朝だったが、書状を受け取っていた大江広元から、自分一人では抱えきれないと密かに書状を渡されてしまう。ついに書状を手にした頼朝は、読むかどうか深く悩み始める。

第四十一回「兄弟絶縁」

頼朝との対面を果たせず、平宗盛親子を伴い京へ帰ることとなった義経の胸中には、頼朝の仕打ちに対する疑念が芽生え始めていた。一方、南部への護送中に僧兵に引き渡された平重衡は、かつての東大寺・復興寺焼き討ちの罪に問われ、処刑されることになる。重衡を捜し始めていた妻・輔子は、処刑直前の重衡と会い、最後の別れを惜しむ。

第四十二回「鎌倉の陰謀」

度重なる頼朝からの仕打ちに、失意のまま都に戻った義経を、後白河法皇は温かく迎え入れる。もはや頼朝との関係改善が困難と悟った義経は、頼朝と争うのではなく頼朝とは別の道を歩むことを決意する。所領を頼朝に奪われた義経を、法皇が独断で伊予守に任命。そのことを知った頼朝は、義経が法皇に取り込まれることを恐れ、様子を探るべく梶原景時を京へ派遣する。

第四十三回「堀川夜討」

義経たちが暮らす堀川の屋敷周辺に、不審な男たちが姿を見せる。弁慶は、その中の一人が知り合いの土佐坊昌俊だと気づき、土佐坊が逗留する寺に出向く。土佐坊の様子が気にかかった弁慶は、義経に気づかれぬよう不測の事態に備える。ある夜、土佐坊率いる一団が義経の屋敷を強襲。土佐坊を背後で操ったのが頼朝であることは、誰の目にも明白だった。

●義経 Disc 12

第四十四回「静よさらば」

都を去る決意をした義経に、後白河法皇は西国行きを命じる。都や郎党らと新しく国を築こうと船出する義経。だが大嵐を伴って現れた平知盛の亡霊に襲われ、弁慶の懸命の読経もむなしく船は転覆。はぐれた郎党を捜すうち、義経は自らの追討の院宣が出たと知る。法皇に真意を確かめようとする義経の前に鬼一法眼が現れ、都へは近づくなと告げる。

第四十五回「夢の行く先」

義経と別れ、吉野山を下る静が途中で捕われる。一方、頼朝の強硬な政策に危機感を抱いた後白河法皇は、義経をかくまうよう諸国の寺院に伝える。熊野でそれを知った義経は、法皇が自分を見捨てていないと確信、苦難の末、再び京へ向かう。しかし鎌倉方の探索は厳しさを増し、北条時政は静を詰問する一方、行家を捕らえ斬首する。

第四十六回「しずやしず」

平泉行きを決意した義経は、静が鎌倉に送られると聞き、道中で救い出そうと計画。だが、輿は空で、すべては自分を誘き出すための罠だと知る。次の瞬間、行方不明だった佐藤忠信が現れ、輿の列に斬り込んでいく。その頃鎌倉では、密かに到着していた静への詮議が行われていた。政子は静が身ごもっていると気づくが、頼朝は男子ならば殺せと告げる。

第四十七回「安宅の関」

平泉を目指す義経主従は、追捕の目をくぐり加賀国へ。木こりに宿を借りた義経は、その妻・巴と再会。母となった巴は、生きていて良かったと義経に感謝し、決してあきらめるなと励ます。翌日、安宅の関に向かった一行は、関守の富樫泰家に呼び止められる。先を急ぐ一行を不審に思った富樫は、東大寺大仏殿再建の歓進をしているという弁慶に、歓進張を見せろと迫る。

●義経 Disc 13

第四十八回「北の王者の死」

ついに平泉へ到着した義経主従を、藤原秀衡は温かく迎える。吉次から静の出産を知らされた義経は、生まれた男児が既に殺されたと察し、悲しみを新たにする。一方義経が平泉にいるとにらんだ頼朝は、秀衡に圧力をかけ、義経を差し出すよう迫るが、秀衡は一切動じない。だが、秀衡は泰衡の四代目継承を宣言した宴の席で、突然倒れてしまう。

最終回「新しき国へ」

頼朝との決戦に備える義経たちだが、藤原泰衡は一向に戦う決心がつかない。頼朝の度重なる圧力に屈した泰衡は、ついに義経を討つことを決意し、弟たちと決裂する。義経と弁慶ら郎党は怯むことなく、主従の絆の強さを胸に「新しき国」を目指す最後の戦いに臨む。