いよいよ3月3日発表!

アカデミー賞シーズン開幕

日本時間3月3日に開催される第86回アカデミー賞(R)授賞式。映画ファンの関心を集める祭典の最近3回の結果を振り返り!公開間近の話題作にも注目だ!!

第84回 アカデミー賞(R)

目前に迫った第86回アカデミー賞(R)授賞式。実話ベースの感動作や驚愕の映像美で魅せるSFなど、
バラエティ豊かな9作品から見事、作品賞の栄冠に輝くのは?

作品賞ノミネート作品

ヘンテコ詐欺師とFBI捜査官が汚職議員を摘発!

『アメリカン・ハッスル』

『ザ・ファイター』『世界にひとつのプレイブック』のデヴィッド・O・ラッセル監督が、3作連続でオスカーノミネートを果たした話題作。実際の政治事件をベースに、FBI主導のおとり捜査に協力する天才詐欺師の奮闘を描く。主演男優賞にノミネートされたクリスチャン・ベイルら、豪華出演陣のハジけた演技合戦が見ものだ。

ノミネート:監督賞、主演男優賞ほか全10部門

奴隷となった黒人音楽家の苦難の日々

『それでも夜は明ける』

19世紀の米国に実在した黒人男性の衝撃的な体験を映画化。自由証明書を持つバイオリニストが、白人の罠にかかり12年もの間、過酷な奴隷生活を強いられる。実力派俳優たちの迫真の演技にうならされる。

ノミネート:監督賞、主演男優賞ほか全9部門

宇宙空間から生還せよ!緊迫のサバイバルSF

『ゼロ・グラビティ』

宇宙での任務中に事故に遭い、無重力空間に放り出された男女の運命を、革新的な映像表現を駆使して活写。サンドラ・ブロックが自力で地球帰還に挑む主人公を熱演し、主演女優賞にノミネートされた。

ノミネート:監督賞、主演女優賞ほか全10部門

時代と戦ったエイズ患者の不屈の精神

『ダラス・バイヤーズクラブ』

80年代の米国でHIV陽性と宣告され、同病者のため当時未承認だった薬の密売を始めたエイズ患者の実話。21kgもの減量に挑んだマシュー・マコノヒーと、ジャレッド・レトの魂の演技に目を奪われる。

ノミネート:主演男優賞、助演男優賞ほか全6部門

海賊に立ち向かった勇敢な船長の実話

『キャプテン・フィリップス』

“ジェイソン・ボーン”シリーズのポール・グリーングラス監督とトム・ハンクスの初コラボ作。'09年、ソマリア沖で海賊の人質になった貨物船船長の、死と隣り合わせの航海を圧倒的な臨場感で描く。

ノミネート:助演男優賞、脚色賞ほか全6部門

イケイケ億万長者の栄光と凋落

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの黄金コンビによる伝記映画。80~90年代のウォール街で荒稼ぎした株式ブローカーの狂気に満ちた生きざまを、エネルギッシュに映し出す。

ノミネート:監督賞、主演男優賞ほか全5部門

モノクロ映像で紡ぐ父子の温かな絆

『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』

名優ブルース・ダーンが主演男優賞にノミネートされたユーモラスな家族ドラマ。“100万ドルが当たった”というニセの手紙を信じて旅に出た老人とそれに付き添う息子の交流を、詩情豊かにつづる。

ノミネート:監督賞、主演男優賞ほか全6部門

息子を捜し続ける女性がたどり着いた真実

『あなたを抱きしめる日まで』

50年前に生き別れた我が子を捜し、米国へと旅立つアイルランド人女性の姿をつづる実録ドラマ。大女優ジュディ・デンチが、芯の強い女性を妙演。主人公に同行する元敏腕記者との友情も胸に染みる。

ノミネート:主演女優賞、脚色賞ほか全4部門

人間と人工知能のピュアラブストーリー

『her/世界でひとつの彼女』

鬼才スパイク・ジョーンズが手がけた、少し先の未来が舞台のラブストーリー。妻と別れ傷心のライターが、人工知能型OSと対話するうちに恋心を抱く。OSの声を演じるのはスカーレット・ヨハンソン。

ノミネート:脚本賞、作曲賞ほか全5部門

▲PAGETOP

2月15日公開!アカデミー賞(R)前哨戦をにぎわせた実話に基づく感動ドラマも要チェックだ!!

アルゴ

全米ランキング3週連続1位を獲得し、各方面から高評価を得た実話ベースのヒューマン・スペクタクル。50~80年代にかけてホワイトハウスに勤めた黒人執事の目を通し、激動の米国現代史を描く。人種差別と正面から向き合った骨太な社会派劇に加え、主人公と家族のドラマが胸を打つ。アラン・リックマンやマライア・キャリーら、豪華出演陣も魅力だ。

予告編動画を観る

●'13年・米 ●132分 ●監督・製作/リー・ダニエルズ ●出演/フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー、ジェーン・フォンダ、アラン・リックマン、ロビン・ウィリアムズ
アスミック・エース配給
(C)2013,Butler Films,LLC.All Rights Reserved.

『プレシャス』の監督が描く黒人社会の変遷と家族の絆

『プレシャス』が第82回アカデミー賞(R)6部門にノミネートされ、助演女優賞、脚色賞を受賞したダニエルズ監督が、当時の米社会を活写。黒人ながら国家中枢で働く主人公と公民権運動を行う息子を対比させ、苦難を生きた家族の姿をすくい取った。

フォレスト・ウィテカーが7人の大統領に仕えた執事を熱演

『ラストキング・オブ・スコットランド』で第79回アカデミー賞主演男優賞(R)に輝いた名優ウィテカーが、実在の執事ユージン・アレンをモデルにした主人公セシル役に。ケネディやニクソンら7人の大統領に仕えた男を、味わい深く体現した。

『大統領の執事の涙』公開記念!あなたの「現代史力」が分かる!アメリカ現代史テスト! 期間:2014年2月14日(金)~2014年3月14日(金)
TSUTAYA×Cut×wowow 第86回アカデミー賞(R)授賞式は見逃せない!

▲PAGETOP