VIDEO&DVD TOP

『機動戦士ガンダム』特集

TSUTAYA online
特集TOPへ戻る 機動戦士ガンダム DVD BOX1、2 商品詳細はクリック
SPECIAL CONTENT

特集TOP
ガンダムMSイラスト頂上決戦!
週イチ更新ガンダム名言集
コメント投稿掲示板
スペシャルインタビュー
「機動戦士ガンダム」TOLスペシャルインタビュー
古谷「アムロを演じる前に『巨人の星』の星飛雄馬をやらせていただいたのですが、作品が大ヒットしたおかげもあり、星飛雄馬という熱血キャラがずっと染み付いてしまっていたんです。そのあとにいただいた役も、熱血キャラが多かったものですから、何を演じても星飛雄馬になってしまうんですよ。だから、とにかくその状態から脱皮したかった。それまでの熱血キャラとは全く異なる“アムロ”というキャラクターをしっかりと演じることができれば、プロとしてやっていけるな、と思っていました」

池田「僕は脱皮しません。もう一生シャアを抱えて生きていきます(笑)」

古谷「(ガンダムが)それほど大きな存在に育っちゃいましたからね。だから、僕も今はアムロから脱皮しようなんて思っていません(笑)。アムロは、僕自身もかなり冒険的なアプローチの仕方で演技しましたし、“ようやくプロとしての第一歩を踏み出せたなあ”と実感できたキャラクターです。ガンダムをやってなかったら、ここまで声優を続けていなかったかもしれません。僕のキャリアの中でも非常に大きな存在です」
「私の中では、ララァはニュータイプというものを教えてくれたような重要な存在ですね。ララァという役柄を演じたことで、様々な人たちとの出会いもありました。実は、私はGacktさんのファンなんですが、ある時、池田さんに取り持って頂いて、お会いしたことがあるんですよ。ガンダムに乗りたいと思って宇宙開発に携わってる方が東京大学にいらっしゃるんですが、その方の結婚式に一声添えた事もあります。 それに、“人の心をこういう風に感じるのは間違いじゃなかったのね”と思ったこともあるので、ガンダムは“人の心の感じ方を教わった作品”でもあります。ララァは、私にいろいろなことを教えてくれたという意味でも感謝したい存在です」
古谷「もちろんシャアに決まってるじゃないですか! 女の子にキャーキャー言われたかったし(笑)。でも、アムロも『逆襲のシャア』の頃になると成長して、ようやく大人の女性から“キャーキャー言われる”ようになるんですけどね(笑)」

池田「 僕は、ランバ・ラルがやってみたかったなと思います。ラルと同じような年代になってきましたから」

「私は他のキャラクターは考えられないですね」

古谷「そうなんですか。でも、マチルダとかどうですか?」

「う〜ん…。いや、やっぱりララァしかないかな。私にとって、ララァはそれぐらい大きな存在なんですよ」
古谷「シーンとして一番心に残っているのは、皆さんご存知の“親父にもぶたれたことないのに”のシーンですね。セリフとしては、アムロがフラウに対して言う“君にはガンダムの操縦は無理だよ。悔しいけど、僕は男なんだな”です。アムロがはじめて一歩前進というか、成長した事が分かるセリフで好きですね。あのシーンでは、アムロが男っぽい、すごくいい顔をするんですよ。“僕がフラウ・ボゥを守ってあげるよ”っていう想いが伝わってきて、シリーズを通して僕が一番好きなセリフですね」

池田「う〜ん、いっぱいあるんですけど、やっぱり“おまえも、もう大人だろ”っていうセリフですね。シャアがアルテイシア(セイラ)と出会って、“俺は過去を捨てた男なんだ”って妹に告げるところ。あれは、シーンとしても、すごく好きですね」

「私は“アムロとはいつでも遊べるから”っていうセリフが大好きですね。人っていうのは亡くなったあとでも、いつでも心の中で会えるっていうのは私自身も感じることですし。誰かが亡くなったあとでも“いつでも心の中で会えるから”って思えるような、とっても印象深いセリフですね」

79年に放映されて以来、世代を超えて愛され続けるガンダム。ただのロボットアニメではなく、“戦争”というものと真正面で向き合った奥深いストーリー性、心揺さぶる数々の名言を残したキャラクターたち。ガンダムの魅力は、とても一文で語れるようなものではないが、それだけ大きな作品とダイレクトに触れ合った3人の声優は、やはり特別な想いを抱いていた。

この取材が行われた8月26日、3人は日比谷公会堂にて開催された「GUNDAM FESTIVAL ‘06」にスペシャルゲストとして出演。若手の声優とは、ひと味違うオーラで会場を包んでいた。
←BACK
⇒PAGE TOPへ


(C)Copyright BANDAI VISUAL CO.,LTD. All Rights Reserved.
Copyright(C)2006 TSUTAYA online Corporation. All rights reserved.
 ガンダム関連DVD ガンダムグッズ DVDBOX1予約