• mixiチェック
  • 共有・ブックマークする その他のブックマーク

VA ANOTHER SIDEVA ANOTHER SIDE

今月のCOVER

VA ANOTHER SIDEVA ANOTHER SIDE

今月のCOVER

INTERVIEW - 西野カナ

取材・文/KANA YOSHIDA

西野カナ

Love Collection
~pink~

Love Collection
~mint~

デビューから5年間の愛を詰め込んだ初めてのベストアルバム、2枚同時リリース

国民的歌姫・西野カナが、デビューから5年間の軌跡を詰め込んだベストアルバム2枚を同時リリース。
『Love Collection ~pink~』『Love Collection ~mint~』と名づけられた、このアルバムに込めた思いをたっぷりと聞いた。

まるで中学校の卒業アルバムを見ているような気になるんですよね

---初となるベストアルバムがついに発売されますが、今の心境を教えて下さい。

純粋に嬉しいですね。ベストアルバムは、デビュー5周年というメモリアルな年だからこそ出せた素敵な作品。ここまでたどり着けたことがすごく嬉しいんです。この5年間、頑張った自分に“おめでとう”って言ってあげたいですね。

---初期の「I」や「MAKE UP」などは今あらためて聴くと、サウンドや歌詞がすごく新鮮で驚きました。

当時の曲はどの曲も声が幼くて、本当に恥ずかしいんです(笑)。まるで中学校の卒業アルバムを見ているような気になるんですよね。

---確かに、歌い方も、歌詞も全然違いますよね。

当時は歌詞にしてもひとつのテーマを掘り下げて書くことをしていなくて、ふわっとした内容の曲が多かったんです。衣装も今のスタイリストと出会っていなかったから、自分の中でどうしていいかわからない部分もあったんですよ。さらに、自分の中ではブラックミュージックが好きなのに、そこがうまく表現し切れなくて葛藤していたり…。今考えても、この頃は“自分探し”をしている最中だったのかな。

---今のスタイルに確立されたのはいつ頃でしたか?

『遠くても feat.WISE』の頃ですね。この曲は当時のテレビ番組の企画で、名古屋のカップルにたくさん話を聞いて曲を作り上げていったんです。そのときに、ちゃんとひとつの物語をピックアップして歌詞を書くことを覚えたんです。

---初めてフューチャリングをしたこと自体、革新的でしたよね。

はい。カップルに話を聞いたときに、女の子だけじゃなくて、彼氏の話も聞いていたんです。そのときに、一つの曲にお互いの気持ちを入れ込むことができたら、もっと温かみが増すんじゃないかと思ったんですよね。

---その反響もあって、今でも愛されている曲になっています。

昔の曲って忘れ去られていくのかなって思った時期もあったんですが、今でもこの曲のイントロが流れるとみんなが喜んでくれるんです。私の中でもすごく大切な曲になりました。

---この頃からサウンドががらりと変わりましたが、何か変化があったんですか?

当時の制作チームが変わったんです。そのなかのディレクターと音楽の趣味がすごく似ていて、すごく影響されるようになったんですよね。それまでエレクトロサウンドも興味がなかったのに、ディレクターに教えられてから目覚めて、結果として『LOVE one.』には当時走りだったエレクトロサウンドが多用されているんです。自分の中の幅も増えた時期でした。

---この頃に描いているラブソングは、“若さ”ゆえの“無敵さ”がすごく心地よい気がします。

あはは(笑)。確かに、25歳の今では書かない言葉が多いですね。なかでも『もっと…』は、メールの行数が少ないとか、いつ会えるの!?って問い詰めてばかりだし(笑)。今は、相手も忙しいからと思えるんですが、当時はそれが大問題。コレが一番の悩みになるからこそ、口にして、歌詞になってるんですよね。あとは『MAYBE』も若いかな。

---確かに!彼氏の元カノさえ許せないという。

そう!年齢を重ねていれば、自分が初彼女じゃないことくらいわかるし、その経験があるからこそ、今こうして優しく接してくれていると言うこともわかるから、むしろ元カノの存在に感謝したいくらいなんです。でも、20歳前後の頃は、その過去さえ許せないんですよね。まぁ、かわいいと言えばかわいいけど、若いですよね(笑)。

---とはいえ、年齢を重ねたから、このようなことに悩まなくなるのとは、違いますよね。

そうなんです。25歳になっても、30歳になっても、メールの返信がこなかったり、彼が相手にしてくれなかったら不安になると思うんです。ただ、それを口にして問い詰めるか、ほうっておくかの差なんですよね。大人になると、抑えなくちゃいけないことがあるから、当時、何も迷うことなく、こういった歌詞の曲を作り、歌っていた自分に“よくやった!”と褒めてあげたいです(笑)。

---失恋の曲も、とても多いですよね。

最初に失恋の曲をしっかり書こうという意識で書いたのが『会いたくて 会いたくて』だったんです。そんなときに出会ったのがこのサウンドだったんですよね。最初に聴いたときからすごくドロッとした印象を受けたんです。それなら、曲に合わせて、心に嘘をつかず、かっこつけることもせず、心の奥にある言葉をそのまま反映させようと思って書き出してできた曲なんですよ。この手法を名づけて“殴り書きスタイル”としていて。

---殴り書きって(笑)!

本当に殴り書きなんですよ。ノートに思ったことを殴り書きして、そのなかから音に合う言葉を捜していくんです。

---そこから、あの“震える”という歌詞が生まれたんですね。

そう!でも実は、あの“震える”というフレーズがあそこまでみんなに突っ込んでもらえるとは誰もが思っていなかったんですよ。むしろ、“会いたくて 会いたくて”と二度繰り返していることのほうが印象が強いよねって思っていたくらいで。リリース後にあんなに歌詞に反響があったのは初めてだったので、すごく面白かったし、嬉しかったんです。

---失恋ソングと言えば、「たとえ どんなに…」もドラマティックな名曲です。

ありがとうございます。この曲は失恋の曲だけど、すべてを否定するのではなくて、少しでも未来に光が当たるように書きました。その後、『Be Strong』では、失恋を経験して、さらに強くなり、前向きに立ち向かっていく女の子の姿を描いているんです。さらに最新で書いた失恋の曲は『涙色』。これまでたくさんの失恋の曲を種類や結末を変えて書いてきたけど、この曲が一番失恋に優しい塗り薬になったのかなって思うんです。この失恋があったからこそ、成長できたからありがとうっていえる強さは、きっと『MAKE UP』の頃にはなかったと思うんです。

---「MAKE UP」では、失恋した後、メイクして立ち直っている主人公を描いていましたね。

もう、ほんとに“そんなに単純に物事進まないよ!”って教えてあげたいくらい(笑)。でも、こうやって思えたのも、ベストアルバムをリリースできたからこそ。過去の曲にここまであらためて向き合うことはなかなかないので、すごく嬉しいですね。

---イントロを聴くたびに、その当時のことを思い出したりはしますか?

しますよ。自分の思い出を描いているときもあるし、そのときに好きだったサウンドを反映させている曲もあるので、すごくいろんなことを思い出すんです。

---サウンドも、本当にいろんなジャンルに挑戦していますよね。

はい。『I』を作ってくれたNERVO姉妹は、この後に、ビルボードチャートに登場するほどブレイクしたんです。さらにJeff Miya-haraさんやGIORGIOさんと一緒に曲を作らせていただいたのはすごく勉強になりました。よく歌詞を褒めてもらえるけど、これらの多くのクリエイターさんが作ってくれた曲があるからこそ、歌詞も思いつくんです。

---なかでも「Esperanza」はラテンサウンドに挑戦しています。これはすごく革新的だったのでは?

そうですね。サウンドの情熱的な匂いをそのまま残せるように、歌詞も情熱的な思いを綴っているんです。この頃にこだわっていたのが、“きわどい設定”ということ。好きになった人にはすでに彼女がいる、でも諦めたくないという気持ちを歌っていたんです。

---この細かい設定の曲のなかでは、「SAKURA, I love you?」も印象的でした。

これは優しい今彼と、自分勝手な元彼の間で揺れるという設定だったんですが、その世界観を表現するためにジャケットも2種類撮影したんです。ダンサーさんにも元彼と今彼を表現してもらったりと、すごく凝った面白いものに仕上がりました。

---アルバムのなかには、“西野カナ”を支える友達への歌もたくさん収録されています。

恋愛が終わっても、友情は終わらない。それは本当に確かなことで、いつも近くに親友がいてくれたから、今の私がいるんです。きっと、リスナーの人たちにもそういった友達がいると思うんですよね。『Best Friend』では、その純粋な思いを、さらにちょっと深みを増した『私たち』の関係として歌っているんです。

---「Believe」も、その親友との歌でしたよね?

はい。今年の正月に2人で旅行していたときに聞いた友達の失恋話…いや、失恋の“ネタ”をそのまま曲にしたのがこの曲なんです。完全にノリで描いた曲なので、私たちにとってはププッと笑ってしまうくらいリアルな曲なんですよ。

---このアルバムには、その友達との曲や、恋愛の曲がぎっしり詰まっているんですね。

はい。もう、すべてをさらけ出した1枚になっています。

---タイトルはどうして『~mint~』と『~pink~』に分かれているんですか?

私自身、ピンクとミントグリーンが一緒になっている洋服や雑貨などが最強にかわいいと思っているんです。それはどちらかひとつでもダメなんですよね。必ずこのふたつが一緒になっているときに、胸がきゅんとして“かわいい!”って思うんです。このアルバムも、双子のようなアルバムにしたいと思い、ふたつが合わさった瞬間、最強のアルバムになるようにこのふたつのタイトルをつけました。

---曲順も、お互いがお互いを意識しているような順番になっていますよね。

そうなんです。本当に姉妹みたいでしょ? さらに、今回はこのアルバムのために新曲を4曲収録しているんです。

---4曲とも、個性的でカナさんの大好きな音楽を鳴らしているな、という印象を受けました。

その通りです(笑)。いつもシングルのカップリングでは、私の音楽的なこだわりを詰め込んでいて、かなり力を入れて取り組んでいるんです。このベストアルバムのなかにも、その私を支える芯の部分である音楽的なこだわりを表現させてもらいました。表向きの西野カナのイメージを超えているので、ぜひ注目して聴いてもらいたいですね!

---ありがとうございました! さて、これからの5年は、どう成長していきたいですか?

これまで通り、自分の気持ちに嘘をつくことなく、リアルに歌詞に投影していきたいですね。きっとまた5年後に、今の曲を聴いて若いなって思うと思うんですが、それでいいと思うんです。

背伸びをせずにリアルな気持ちをリアルな愛を歌っていきたいですね。

最新作品

Love Collection ~pink~ 初回生産限定盤(CD+DVD)

『Love Collection~pink~初回生産限定盤(CD+DVD)』

9.4 ON SALE
3,990円(税込)

※初回盤特典
・スペシャルオリジナルジャケット&三方背BOX/オフィシャルフォトブック
・「Kana Nishino Video Clips ~pink~」DVD付
・「桜沢エリカ」書き下ろしオリジナルアナザージャケット ~pink~封入
・スペシャルグッズ抽選応募ハガキ封入(応募締切:2013年9月18日(水)当日消印有効)
・『Love Collection Tour ~pink & mint~』チケット先行抽選予約、応募チラシ封入(応募締切:2013年9月17日(火)18:00)

Love Collection ~pink~ 通常盤(CD)

『Love Collection ~pink~通常盤(CD)』

9.4 ON SALE/9.21 RENTAL
3,059円(税込)

※通常盤初回プレス特典
・スペシャルグッズ抽選応募ハガキ封入(応募締切:2013年9月18(水)当日消印有効)

Love Collection ~mint~ 初回生産限定盤(CD+DVD)

『Love Collection~mint~初回生産限定盤(CD+DVD)』

9.4 ON SALE
3,990円(税込)

※初回盤特典
・スペシャルオリジナルジャケット&三方背BOX/オフィシャルフォトブック
・「Kana Nishino Video Clips ~mint~」DVD付
・「桜沢エリカ」書き下ろしオリジナルアナザージャケット ~mint~封入
・スペシャルグッズ抽選応募ハガキ封入(応募締切:2013年9月18日(水)当日消印有効)
・『Love Collection Tour ~pink & mint~』チケット先行抽選予約、応募チラシ封入(応募締切:2013年9月17日(火)18:00)

Love Collection ~mint~ 通常盤(CD)

『Love Collection ~mint~通常盤(CD)』

9.4 ON SALE/9.21 RENTAL
3,059円(税込)

※通常盤初回プレス特典
・スペシャルグッズ抽選応募ハガキ封入(応募締切:2013年9月18(水)当日消印有効)

ページトップへ