• mixiチェック
  • 共有・ブックマークする その他のブックマーク

VA ANOTHER SIDE VA ANOTHER SIDE

今月のCOVER

VA ANOTHER SIDE VA ANOTHER SIDE

今月のCOVER

Prev

Next

INTERVIEW - きゃりーぱみゅぱみゅ

INTERVIEW & TEXT:NAOKO TAKEICHI PHOTOGRAPH:YASU
STYLIST:matsuo HAIR & MAKE-UP:shunichi kawada

“ピカピカしているファンタジーな人” ということで、 “ピカピカふぁんたじん” なんです

――今回のアルバムコンセプトは?

今回は、『ピカピカふぁんたじん』っていうタイトルが付いたくらいピカピカしてたり、キラキラしたアルバムです。シングルは、『もったいないとらんど』(2013年11月リリースの7thシングル)から、『ゆめのはじまりんりん』(2014年2月26日リリースの8thシングル)『ファミリーパーティー』(2014年4月16日の9thシングル)とCD付きグッズとしてリリースされた『きらきらキラー』(2014年3月14日から放送されていたauのCMソングとして使用されていた楽曲を7,777セット完全限定生産で発売したモノ)が入るんですけど、キラキラした曲が多いのが特徴だと思います。歌詞にも“明日には消えるキラキラなんて”っていうフレーズがあったりするので、“キラメキ”が大きなテーマとなってます

――ということは、アルバムに至るシングルからつながっていたということ?

いや、それは偶然でしたね。まず、アルバムタイトルを決めようということになった時にシングルを並べてみて、改めてキラキラした曲が多いねっていう話になったんです。で、そこから、“ピカピカふぁんたじん”っていうワードが上がったんです。“ピカピカふぁんたじん”っていうのは中田さんが考えてくれたんですが、“ピカピカしているファンタジーな人”ということで、“ふぁんたじん”なんです

――なるほど。シングル以外にはどんな曲が?

結構いろんな曲があるんです。100%英語で歌っている曲もあるし、悪役っぽい曲とか。ライヴの幅が広がりそうな曲たちがいっぱいです

――悪役っぽい曲って(笑)?

ギターがすごく前面に出てる1曲なんです。『シリアスひとみ』っていうタイトルで、人見知りの歌なんです。タイトルだけ聞いても面白そうじゃないです(笑)?ちょっと気になっちゃうネーミングって私も大好きなんです!

――新たに挑戦したことはあった?

今回はハモリにかなり積極的に挑戦してます。アルト、ソプラノ、バスみたいなのを全部自分で出しているんです。あと、コーラスも頑張ってます!最初1回目に聴いてくれる時は、純粋に曲全体を楽しんでもらって、2回目に聴く時は、そんなコーラスワークにも耳を傾けてもらえると嬉しいなって思いますね

――1stアルバム『ぱみゅぱみゅレボリューション』がリリースされたのが2012年の5月。2ndアルバム『なんだこれくしょん』がリリースされたのが2013年の6月だけど、きゃりーちゃんのなかでそれぞれはどんな印象?

『ぱみゅぱみゅレボリューション』は、きゃりーぱみゅぱみゅっていう人は、こういうヴィジュアルでこういう音楽をやっている人だよっていうのを魅せることができた自己紹介的な作品で、『なんだこれくしょん』は、オリコンのランキングで1位を取らせて頂いたアルバムでもあったので、私のなかでもすごく思い出深い1枚になっているんです。家の近所のTSUTAYAに行くとアルバムランキングごとにジャケットを並べてくれているんですけど、1年間くらい1位の場所に『なんだこれくしょん』が置かれていて、それを見るたびに嬉しくなっていたんです!応援してくれたみなさん、TSUTAYAさんありがとうございます(笑)!だから、3枚目のアルバムも1位を取って、またそこに飾ってもらえたら嬉しいなと思います!

――そうだね。これまでも、アートワークにはきゃりーちゃんの意見がたくさん反映されてきているけど、今回も?

はい。ミュージックビデオとかジャケットとかヴィジュアル面は私も得意とするところなので、これまでもいろいろと関わって意見を出させてもらっている部分なんですが、今回もいろいろと意見を出させてもらって、スタッフのみなさんにそれを叶えてもらっている感じです。今回のジャケットは3形態あるんですけど、伊豆の方で撮影してきたんです。『ハトヤ』さんっていうホテルに行って撮影したんです!一泊二日で行って来たので、ちょっとしたプチ旅行みたいですごく楽しかったです。昔からあるホテルなんですけど、その古さ加減と洋服のキラキラのアンバランスさが絶妙なバランスだったんです!和とキラキラとの違和感がすごく面白いコントラストになっているんです。私は、そんな“違和感”っていうのがすごく好きなので、そこも私っぽいと思いますね。私って、ちょっと海外っぽい感覚なんだと思うんです。海外の女の子たちが好むような可愛いモノや洋服が好きだったりするので、敢えてキラキラとの違和感がある和風な場所で撮影するのがポイントでした。毎回ジャケットとかでは、そんな違和感を大事にしているんです。なので、今回もキラキラと『ハトヤ』ホテルとの違和感は、とても素敵なバランスになってると思います!

――初回盤に付くDVDはどんな内容に?

初回盤Aと初回盤Bと違った内容になるんですが、両方とも今年のワールドツアーの活動をまとめたライヴドキュメンタリー映像になっています!

――2回目のワールドツアーも大成功だったけど、最初は不安だったって言ってたよね?

そうですね、最初はすごく不安がいっぱいあったんですけど、今は行って良かったなって思ってます。短期間でいろんな国に行くので、大変なことも多いんですけど、その分やりがいもあるし、海外のファンの人たちがすごく待っててくれたのが伝わってくるのもあって、2回目のワールドツアーでは不安が一切なくなっていたんです。みんなが本当に楽しそうな笑顔で見てくれていたり、一緒に歌ってくれているのを見ると、遠い所まで頑張って来て良かったなって思えるようになったんです。なので、2回目のワールドツアーは自分もすごく楽しめたなって思います。ご飯も美味しいし。けど、やっぱりホームシックケアだけはなんとかしないとなって思いますね(笑)

――ケア方法はまだ見つかってないの?

いや、最近はお母さんを連れてっているので、そこまでホームシックはないですね(笑)

――あははは。ホームごと一緒に行けたらホームシックにはならないね(笑)。

そうなんですよ(笑)。両親が来てくれたり、友達も来てくれたりするので、そういう時は大丈夫なんです!

――きゃりーちゃんらしいケア方法だね(笑)。ところで、今回のアルバムがリリースされた後には、アルバムツアーも控えている訳ですが。

はい。次のツアーは『雲の上のHEAVEN'S DOOR』っていうタイトルなんですが、ポジティブな死後がベースになってきます。1回死んじゃうところから始まる感じになっているんです。『きらきらキラー』のミュージックビデオが、自分が矢で打たれて死んじゃうところから始まっていることもあって、そこと連動させて、ライヴでは可愛い死後の世界をイメージしたステージングにしていけたらいいなと思ってます。ちょっとストーリー的なライヴになってくると思いますので、楽しみにしててもらえると嬉しいです。今回は、ホールツアーの後にアリーナツアーもあったりするので、そことも連動させていけたらと考えております!

――きゃりーちゃん自身、いろんなライヴを観て研究していたりするの?

しますね。いろんなアーティストさんのライヴを観に行ったり、舞台を観に行ったりしてます。ジャニーズさんとかはエンターテインメント性が高いので、参考のために観に行ったりもしたんですけど、やっぱりすごい演出だなぁって感動しましたね。演出そのものや照明の感じとかを見るのもすごく好きなんです。この前もシルク・ドゥ・ソレイユの『オーヴォ』を観に行って衣装とか研究してきたんです。最近も久しぶりにZeppで、そんなに演出を用いずに100%ライヴっていうライヴをやったんですけど、それはそれで違う盛り上り方があってすごく楽しかったんです。いろんな魅せ方があるけど、それぞれにそれぞれの盛り上り方があるし、会場によって魅せ方を変えていくのも楽しいなって思いました

――きゃりーちゃんは、きゃりーぱみゅぱみゅという存在をこの先、どんな存在にしていけたらと思っている?

みなさん、きゃりーぱみゅぱみゅという存在を、あまり現実のモノととらえず、アイコンとして見てくれてる気がしますね。私は、普段はすごく現実味のある人間なんですけど、やっぱり自分自身もライヴ中は夢を持って見に来てくれてる人たちの夢を壊さないようなキャラクターでいたいと思っているんです。この先も、きゃりーぱみゅぱみゅらしく、面白くて、ファンタジックなことをたくさん届けていけたらなと思っています

LIVE INFO

ピカピカふぁんたじんツアー
  • きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN'S DOOR
KPP 2014 JAPAN HALL TOUR
  • 07/27(Sun)
  • 埼玉・戸田市文化会館
  • 08/08(Fri)
  • 東京・オリンパスホール八王子
  • 08/12(Tue)

    08/13(Wed)
  • 宮城・仙台サンプラザホール
  • 08/15(Fri)
  • 千葉・松戸 森のホール21
  • 08/23(Sat)

    08/24(Sun)
  • 北海道・ニトリ文化ホール
  • 08/26(Tue)
  • 北海道・帯広市民文化ホール(大ホール)
  • 08/30(Sat)
  • 栃木・栃木県総合文化センター
  • 08/31(Sun)
  • 長野・ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
  • 09/06(Sat)
  • 新潟・新潟県民会館
  • 09/07(Sun)
  • 石川・本多の森ホール
  • 09/14(Sun)
  • 山梨・コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
  • 09/15(Mon)
  • 千葉・市川市文化会館
  • 09/18(Thu)
  • 広島・広島文化学園HBGホール
  • 09/20(Sat)
  • 香川・アルファあなぶきホール
  • 09/22(Mon)
  • 愛媛・ひめぎんホール
KPP 2014 JAPAN ARENA TOUR
  • 10/18(Sat)
  • 幕張メッセイベントホール
  • 10/23(Thu)

    10/24(Fri)
  • 大阪城ホール
  • 10/29(Wed)

    10/30(Thu)
  • 日本ガイシホール
  • 11/02(Sun)

    11/03(Mon)
  • マリンメッセ福岡
  • 11/08(Sat)

    11/09(Sun)
  • 国立代々木競技場第一体育館

ALBUM DISCOGRAPHY

もしもし原宿

もしもし原宿

NOW ON SALE/NOW RENTAL
1,905円(税抜)

ぱみゅぱみゅレボリューション

ぱみゅぱみゅレボリューション

NOW ON SALE/NOW RENTAL
3,000円(税抜)

なんだこれくしょん

なんだこれくしょん

NOW ON SALE/NOW RENTAL
3,000円(税抜)

最新作品

ピカピカふぁんたじん(A)(初回限定盤)(DVD付)

ピカピカふぁんたじん(A)(初回限定盤)(DVD付)

7.9 ON SALE
3,800円(税抜)

ピカピカふぁんたじん(B)(初回限定盤)(DVD付)

ピカピカふぁんたじん(B)(初回限定盤)(DVD付)

7.9 ON SALE
3,800円(税抜)

ピカピカふぁんたじん(通常盤)

ピカピカふぁんたじん(通常盤)

7.9 ON SALE/7.26 RENTAL
3,000円(税抜)

ページトップへ

>