• TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
明日に向って撃て!

レビュー一覧 - 明日に向って撃て!

平均点数4.5点平均点数4.5点

レビューを投稿する

1~20件/全65件

私、コアなファンです
  • ★★★★★
  • 投稿者:砂くじら 2012年04月30日

60年代後半から70年代前半に世界中を席巻したアメリカン・ニュー・シネマですが、その代表的な作品というと、『俺たちに明日はない』『イージーライダー』『ファイヴ・イージー・ピーセス』『真夜中のカーボーイ』あたりを挙げる人が多いと思われます。 そういった作品群の中で、コアなファンでもない、一般の映画ファンにも知られ、愛されている作品となると、『卒業』とこの『明日に向って撃て』にとどめを刺すのではないでしょうか。 ここで改めて思い知らされるのが音楽の力ですね。『卒業』ではサイモン&ガーファンクルが、この作品においてはバート・バカラックが映画の影の主役ともいえる効果をもたらしています。というより音楽無しでは作品を語ることは不可能なくらい。
有名になったラストシーン
  • ★★★★★
  • 投稿者:かおり 2012年03月10日

ポールニューマンとロバートレッドフォードがゴールデンコンビと言われるようになった作品です。実話だそうです。痺れます。たくさんの意味で。
[ネタバレ]名コンビ
  • ★★★★★
  • 投稿者:都こんぶ 2011年08月21日

主演の二人共渋くてかっこよかった。 自転車のシーンで流れる「雨にぬれても」や河に飛びおりるシーンが印象的でした。 最後は、だいたい想像出来たけど、映像だけ時間を止めて、そういうシーンをあえて見せないところがよかった。 それから、邦題がかっこいいですよね。
2人の生き様を見よ!
  • ★★★★★
  • 投稿者:かとぅゆっきぃ 2010年05月16日

ラストまで目が離せない。 ある時は、追われる恐怖をヒヤヒヤ感じ… ある時は、盛者必衰をせつなく感じ… ラストは間抜け?いや、最高にかっこいい最期? 主人公2人の生き様を見て下さい。 すごく感情を揺さ振られる映画です。
ラストシーン
  • ★★★★★
  • 投稿者:南関 2010年05月07日

ラストシーンはかっこいいですね。 何回観ても飽きません
[ネタバレ]永遠のコンビ
  • ★★★★★
  • 投稿者:なつ 2010年04月29日

ポールとロバートは実年齢10歳ぐらい違いがあります。でもこの映画ではその差は見られず、幼少時代からの仲のように思えるぐらい息のあった名コンビです。 女教師のエッタ・プレース役のキャサリン・ロスにも注目です。「雨にぬれても」のBGMが流れていてポールと自転車に乗るシーンは胸がキューンとなります。
西部劇が苦手な人にも
  • ★★★★★
  • 投稿者:ロビン 2010年04月28日

西部劇の設定ですが、西部劇が苦手な方でも全く問題ないです。基本は映画の楽しさ、人間性の豊かさが感じられると思います。
ラスト
  • ★★★★★
  • 投稿者:B25 2010年04月27日

ポール・ニューマン演じるブッチ・キャッシデイは銃で人を撃った事がない陽気な性格なのに対し、ロバート・レッドフォード演じるサンダンス・キッドは用心深く銃さばきが抜群だったのに金づちだった事が、当時高校生だった私の記憶に、未だに鮮明に焼き付いている。 銀行強盗なのにどこか憎めない二人が追い詰められた最後のシーンは、映画を観て30年位経った今でも私の中ではスローモーションのまま完結していない。 いや完結させていないのかも知れません。
明日に向かって撃て!
  • ★★★★★
  • 投稿者:たらこ 2010年04月17日

名作です
[ネタバレ]明日に向かった撃て
  • ★★★★★
  • 投稿者:かこ 2010年04月15日

主演2人もかっこいいが ラストシーンの衝撃なシーンが止まって おそらくめちゃくちゃな結末を想像だけにとどめてる 監督のポリシイがいい
[ネタバレ]名作なんですね
  • ★★★★★
  • 投稿者:うっちーおりじん 2010年03月31日

35歳ですが、初めてアメリカン・ニュー・シネマと呼ばれるものを見ました。正直…感動した。映画を見た気が久しぶりにした。生まれる前の時代にこれほど素晴らしい映画があったとは…レッドフォードはこの時私よりわかい。私は二人を初めてみたが、今出会えた事に感謝。ちなみに「あぶない刑事」がブッチ&サンダスへのオマージュだったことを初めてしりました。
強盗でしか生きられない男たち
  • ★★★★★
  • 投稿者:のびた 2009年08月28日

主人公は強盗だし、敵に立ち向かうより先に逃げてしまうのに、この作品はどうしてこんなに良いのだろう。今流行りのダークヒーローと呼べるほど、やってることはカッコよくない二人を描いているのだが、僕は大好きな作品だ。 まず、適度にユーモアの効いた脚本が素晴らしい。ブッチとサンダンスが、もう人生の峠を過ぎて下り坂に入った時期を描きながら、悲惨な感じは微塵もなく、二人のやりとりは笑いを誘う。 良い映画には名場面、そして素晴らしい音楽がある。 ブッチとエッタの自転車のシーンがとても楽しい。当然名曲「雨に濡れても」も、聞いているだけで感動してしまう。このシーンは会話などいれず、まるでプロモーション・ビデオのように見せる。ポール・ニューマンが実際にやってる自転車の曲乗りは、観ていてハラハラさせるが、とてもうまい。かなり練習したのではないだろうか。 記憶に残る名場面、映画史に残るラストシーン。映画ファン必見の名作だ。
かっこいい!
  • ★★★★★
  • 投稿者:おかめさん 2009年08月28日

とにかくかっこいい!!!かっこよすぎる!!!ロバートレッドフォードを好きになるきっかけとなった作品であり、初めてDVDを購入した作品でもあります。
♂ 魁!!ブッチ塾 ♀
  • ★★★★★
  • 投稿者:ぼず 2009年08月13日

誰しも子供の頃に、とても嬉しい時や楽しい時に、つい調子に乗ってハシャキ゛過ぎて突然大人に叱られ半ヘ゛ソをかきながら「さっきまで夢みたいに楽しかったのに...馬鹿をするんじゃなかった..」と天国から地獄へ落ちて烈しい後悔や羞恥心に打ちのめされた事があるだろう。子はそうした事を繰り返しながら道徳や常識を身につけ、安定や平安の尊さを知る。だがいつの時代にも、良くも悪くも子供のまま大人になる者がある。それがアウトローだ。゛スケールアッフ゜した子供″の゛天国″も又ヤリタイ放題にスケールアッフ゜するが当然゛地獄″の方もスケールアッフ゜する。即ち死だ。フ゛ッチやサンタ゛ンスも初めて命のやりとりをした時はきっと足が震える恐怖を味わった事だろう。だが極度の緊張や恐怖はその後に安堵と共に待っている達成感や優越感によって常習性を帯びた使命感や喜びへと変わる。映画「テ゛ィア・ハンター」でロシアン・ルーレットをやめなかった彼の様に。麻薬と同じだ。だから彼等は渇いている。真の喜びも安らぎもそこには無い事を感じているから。刹那的な快楽は破滅の魁でしかない。そんな彼等に色気を感じ、どこか憧れてしまうのは何故だろう。
言葉少なの説得力
  • ★★★★★
  • 投稿者:ものくろ好き 2009年08月08日

全体に台詞が少ないが、無理なくわかってしまう、脚本の妙と役者の演技力に感服してしまう。ちょっとしたしぐさ、ふとゆるんだ笑顔、そっと眉をひそめただけで見せるせつなさ・・・主役三人の存在感に圧倒された。さてさて「雨にぬれても」のシーンも素敵ですが、レッドフォードの早撃ちも必見であります、ま、何してもかっこいいんだな、この男たちは。
音楽がすばらしい
  • ★★★★★
  • 投稿者:tinaba 2009年08月07日

内容もさることながら、バカラックの音楽がすばらしい。「雨にぬれても」筆頭に、ボリビアでの銀行強盗して逃走シーンのコーラスといい、サウンドトラックは、心に残る。
自由奔放に生きて
  • ★★★★★
  • 投稿者:ポン吉 2009年08月07日

ブッチとサンダンスという二人の実在の人物の映画。古き佳きアメリカの時代を自由奔放に生きる二人をポール・ニューマンとレッドフォードの名コンビが演じ、バックに流れるバッカラックの「雨にぬれても」。最高のシュチュエーションで撮られた傑作ですね。 ただ、時代は二人を取り残したように移ろい変わっていく・・・・ 何度、観てもいい映画だと思います。
思うんです
  • ★★★★★
  • 投稿者:チョコパ 2009年08月05日

この2人が画面に映るだけでいいと思うんです。台詞がひとつもなくてもいいと思うんです。この2人がただそこにいるだけで、あのかっこいい美しい姿を見せてくれるだけで。 ホ゜ール・ニューマン、ロハ゛ート・レット゛フォート゛。このみめ麗しい2人の男が存在している。それだけでいいんです!
[ネタバレ]High Sense !!
  • ★★★★★
  • 投稿者:k@ 2009年08月01日

どこを 切り取っても、 ポスターか、絵葉書になりそう…、 それが、 ニューシネマの カッコ良さ ですねぇ〜 !! おくれ毛を 気にしながら あんなふうに、 自転車に 乗せてもらったら 『 たのしい〜〜〜 !!! 』 … って感じ でしょうねぇ。
あまりに有名
  • ★★★★★
  • 投稿者:クリさん 2009年07月31日

衝撃的なラストシーンと、自転車の2人乗り、その時のBGMの「雨にぬれても」。。。あまりにも有名なシーンの数々。 社会の中で上手く適応できなかった、男たちがやがて破滅すると分かっていながら、突っ走るしかなかった=青春=短く蒼い春。 「卒業」の時のキャサリン・ロスも良かったけど、こっちも可愛かったなぁ。。。

1~20件/全65件