• TOP
  • レビュー一覧

作品ページ DVD 作品ページ
スティング

レビュー一覧 - スティング

平均点数4.7点平均点数4.7点

レビューを投稿する

21~40件/全99件

脚本は、映画史上最高傑作間違いナシ!
  • ★★★★★
  • 投稿者:ぶぶ 2010年04月19日

1973年のアカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞受賞作品で、明石屋さんまも一番好きな映画と言っています!決して、この映画を見るときは、人から、あらすじを聞いてはいけません!ポール・・ニューマンとロバート・レッドフォードの2人の詐欺師が、ギャングはおろか映画を観ている私たちさえ騙してしまう最高傑作です!最後にポール・・ニューマンが撃ち殺される場面?この後すべてが解ります!ちなみに、私は文庫本で、スティングの原作を購入しましたヨ!
どんでん返し
  • ★★★★★
  • 投稿者:錦織美月 2010年04月17日

オチは見るまで聞いちゃだめ。 面白いですから。 そしてもう一度見たくなります。 菅原文太で舞台化されたって知ってますか? レッドフォードの役は錦織一清でした。
[ネタバレ]名コンビの演技とストーリー性の面白さ。
  • ★★★★★
  • 投稿者:サンダーバード 2010年04月16日

ポール・・ニューマンとロバート・レッドフォードの息の合った演技とユーモラスなストーリー展開に爆笑。最後にポール・・ニューマンが撃ち殺される場面とその後のトリックが特に記憶に残っている
心を癒す作品に遭遇する
  • ★★★★★
  • 投稿者:イーグル 2010年04月16日

私は幼いころから祖母に連れられ時代劇を中心とした映画をみて育ってきました。ですから個人的に、映画は娯楽性が一番と思っています。その点から、この作品ほど痛快な内容はありません。世間ではオレオレ詐欺など、弱者を更に貶める行為が卑怯な犯罪として糾弾される詐欺行為ですが、この作品の詐欺が多くに人の共感を呼ぶのは、強い悪に思わぬ仕掛けで復讐する爽快感・・・心が晴れやかになるのは人を傷つけななった事にもよると思います。
最高の「詐欺師」映画
  • ★★★★★
  • 投稿者:あさこ 2009年08月30日

1973年、アカデミー作品賞受賞作品。 とにかく、ポール・ニューマンが渋くてカッコイイ!!! この作品の音楽は日本でもCMでよく使われていますよね。 分かりやすい展開なのですが、そこが爽快で見ていて気持ちいい! 『オーシャンズ』シリーズよりも、 断然こちらの方が「詐欺師」映画として上かな!
まさに大物共演!
  • ★★★★★
  • 投稿者:ものくろ好き 2009年08月17日

ポール・ニューマンの登場シーンは、ほんっと、笑える。こんなかっこ悪いこともどってことなく演じられるのが、スターの中のスターってことかも。対してレッドフォードの若造ぶりも危なっかしくって、でもたくましくって素敵。周辺の登場人物たちを観ているのもあきません。肩の力を抜いて観て下さいな。
ココロ躍る♪
  • ★★★★★
  • 投稿者:カティンカ 2009年08月14日

 70年代に作られた映画だが、この手の映画でこれより上手(うわて)の作品に出会ったことがない。まさに色褪せない傑作。  この作品騙す側の手の内の半分くらいは見えているのだが、駆引きや騙しの多重構造がおもしろく、観客を唸らせる。作り手の心意気も感じられる。騙しにはセンスが必要だ。この足下にも及ばない作品で満足している輩は鮮やかに小気味良く騙されるこの作品にセンスを磨くべき。  脚本もさることながら、役者も魅力的だ。ポールニューマンがまた粋なオヤジなのだがその変貌ぶりや洒落っ気には心躍る。メインキャストはもちろんのこと、そこに集まってくる個性溢れる愛すべき面々も見逃せない。それぞれこのヤマを彩り私達を楽しませてくれる。役者達もやっていて心躍ったに違いない。それに人選から賭博場が出来上がっていく、着々と[仇]を迎え討つ準備が調っていく過程もたまらなく期待が高まる。ジャンルは違うが私達に幾多の驚きやワクワクをくれ、料理人の粋をもみせてくれたかの料理の鉄人を観ているのにも似た気分、と言ったら怒られるかな。  ちなみに各章のタイトルカットもセンスが窺える。本編鑑賞後に改めて観返してしまった。
絶対になるっ 〜Part5〜
  • ★★★★★
  • 投稿者:ピンク しゅっちぃ 2009年08月13日

あなたは、きっとこう言う・・・ 騙されたぁ〜! でも素敵〜!
どうして今まで見なかったのか
  • ★★★★★
  • 投稿者:MICCHI 2009年08月10日

100円100選を機会に先日初めて観ました。いつか観てみたいと思いつつ、何で今までこの映画を観なかったのか、本当にもったいないことをしていたというのが感想です。 名作は色褪せない、この映画のことを言うのでしょうか? 男性のレビューが多いですが、女性の方も必見! ロバート・レッドフォードの甘いマスク、観ているだけで魅了されます。壁をスイスイ飛びこえて逃げる姿にうっとり・・・そしてポール・ニューマンの渋さ! 往年の2枚目俳優のかっこよさには、惚れ惚れします。 名曲STINGに乗せて、軽快なテンポのストーリ展開、何度でも観たくなる作品だと思いました。
★詐欺師たちの挽歌★
  • ★★★★★
  • 投稿者:ぼず 2009年08月10日

殺された仲間の仇をうつ為に続々と集結する詐欺師稼業のロクテ゛ナシども。このロクテ゛ナシども一人一人が何と魅力的なことか!その一挙一動からにじみ出る外連味・哀愁・茶目っ気に心を奪われる。またこの映画では視覚効果的な部分で斬新な手法が用いられているのも面白い。脚本や演出もまた然り。実にわかりやすく無駄の無い進行と共に、<カラクリ系映画>にもかかわらず何回観ても駆け引きの妙味などを堪能できてしまう。それにしてもこの映画、観客を虜にし共犯気分を楽しませつつ見事な手並みでその観客をも騙しにかかるとは、まったく詐欺師と映画屋は同じ技能を持っているに違いない。また俳優業は時として詐欺師に例えられる事もあるから出演者陣も皆ノリノリで演じていたのかもしれないな。更に今ではお馴染みとなっているお洒落なあのBGMがこの作品から陰惨な雰囲気を消し去るのに一役買っている。本当にどこをとっても文句のつけようが無い大傑作。シ゛ョーシ゛・ロイ・ヒル監督の名は永遠に色あせる事はない。そして08年9月にこの世を去った名優ホ゜ール・ニューマンにはこう言いたい。『「カッコイイ」という言葉は貴方のものだ』
若い人も見よう!
  • ★★★★★
  • 投稿者:名作100本全部見る子 2009年08月06日

めっちゃブラピに似た人が出てると思ったら、この人がロバートレッドフォードさんなのですね。TSUTAYAの棚にこのDVDがあるのを見て、古そうな映画だなと思ってなかなか見る気になれなかったのですが、見てよかったです!音楽もいいし、ストーリー展開もおもしろい!純粋に楽しめました。
ジョージ・ロイ・ヒルはもっと評価されるべき監督だ!
  • ★★★★★
  • 投稿者:Uncle-Oscar 2009年08月05日

全く痛快な話である、それを実に面白く見せてくれる映画である。ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードの主人公たちは勿論、敵役のロバート・ショウがいい、ノスタルジックな音楽も映像にピッタリでこれまたいい、まさしく傑作である。 ジョージ・ロイ・ヒルは、「明日に向かって撃て」とこの「スティング」の2作だけで充分、アメリカ映画史上に名を残す監督であるが、この監督の本領と才能が横溢している「スローターハウス5」と「ガープの世界」も是非、見てもらいたい。ジョージ・ロイ・ヒルの素晴らしさが解ります。
あと20年早く生まれていれば…
  • ★★★★★
  • 投稿者:チョコパ 2009年08月05日

「わたし将来絶対ロハ゛ート・レット゛フォート゛と結婚する!!」とわめいてただろうな。 この映画、脚本はいいんだけど役と俳優がマッチしてない。話の流れがおかしい。演技が嘘くさい。などなど、映画を見ていて文句をつけたくなる時あるよね?つっこみどころ満載の映画もよくある。だけどないんだよスティンク゛は。すべてがいい。脚本も俳優も裏方さんもすべてがちゃんと噛み合ってるからこそ、拍手喝采ってなるんですな。
これぞ映画の醍醐味
  • ★★★★★
  • 投稿者:noritama 2009年08月04日

全編を流れるスコットジョプリンのラグピアノを聴きながら、CGではない豪華セットで名優たちが最高の脚本で演じる映画。これが面白くない訳がない。ポール・ニューマンに目が奪われがちだが、ロバートショウの演技があってこそひき立っている。人を騙すのは良くないことだが、最後まで騙されぱなしで終わると何か不思議に気持が良い。本当に良きアメリカ映画を認識するにも是非見て欲しい1本です。
ジョージロイヒル病
  • ★★★★★
  • 投稿者:ももちゃん 2009年07月29日

中学生くらいになったら息子に「スティング」を見せてあげたいと思ってます。というか、思春期のややこしい時期を乗り越えるには、映画か音楽、本ですね!!全国の親父諸君、思春期はTSUTAYAで売ってるもので乗り切りましょう。「スティング」なんかどうや、と息子に薦めて「まあ、見てもええけど」みたいな感じで、最初20分でも見てくれれば、そのままいっきに最後までいくでしょう。ラスト10分前くらいに部屋に入って、わざとDVDの電源コード抜くとか夕べの仕返しを・・。「スティング」を初めて見て、何も感じない子にはなって欲しくない。ぼくは小学校6年生くらいの時に日曜洋画劇場で見ましたが、なぜかずっとテレビの前で立ちっぱなしで見てたのを覚えてます。「ほかにこういう映画ないのん?」と息子が聞いてきたらもう、こっちのもんです。これで思春期の反抗期は乗り越えられる。ジョージ、ありがとう!貴方はこれで3度もぼくを救ってくれた。
2大俳優
  • ★★★★★
  • 投稿者:クリさん 2009年07月29日

当時の2大俳優が競演しただけでも、話題性十分の映画ですが、最後まで騙されっ放しで先の読めないストーリに脱帽! 大人のポーカーのやり方をこの映画で学びました(私は表情でバレバレ)
騙されること請け合いの爽快映画
  • ★★★★★
  • 投稿者:ニッシー 2009年07月28日

映画と言えば楽しめるのは当たり前。どんな映画でも次から次の展開や登場人物の考えることを予想したりするでしょう。この映画はその時点で脚本家の罠にドップリ! もし、一回も見た事がなければ、あなたは世界一ラッキーです。ぜひご賞味あれ。
色褪せない129分
  • ★★★★★
  • 投稿者:PIKII 2009年07月27日

あっという間の129分でした。レトロな雰囲気、軽快な音楽に洒落たセリフ。私たちを何度でも騙してくれるストーリー。そしてかっこいい出演者達。ポールニューマン演じるゴードフの元に仲間たちが集う場面は心踊りました。 36年前の作品にも関わらず全く色褪せてなんていませんでした。129分の爽快な世界に、魅了されて下さい。
[ネタバレ]騙すって気持ちイイ!
  • ★★★★★
  • 投稿者:ヤマモ山 2009年07月22日

若々しいレッドフォードと、ベテランの貫禄を見せるニューマンの魅力が冴える名作。 前半はヨレヨレのゴンドーフが次第にしゃきっとしていき、中盤でのイカサマポーカーへと繋がっていく感じは、まさに老練な詐欺師の魅力が全開でおもしろい。 また、この作品の特徴は、極度に緊張するような場面でも、それを感じさせないような軽妙さなのだが、唯一自分が緊張で息を呑んだ場面がある。 それは、後半、フッカーが、ロレッタと会う場面だ。束の間の抱擁かと思いきや、突然ロレッタが頭を打ち抜かれる。 劇中のフッカーと同じく、ポカーンとしていると、実はロレッタがフッカーを狙う殺し屋だったことがわかる。 これは正直言って驚いた。まさか、こんな騙し合いがあったとは…。 そして、ラストの一世一代の大掛かりな詐欺。どうなることかと思いきや、気持ちの良い大逆転劇に胸がすく思いだ。 ちなみにこの映画を見ていると、レッドフォードとブラピが共演した「スパイ・ゲーム」を思い浮かべる。 詐欺師とスパイという違いがあるものの、レッドフォードをゴンドーフに、ブラピをフッカーに入れ替えて観ると、その共通性にびっくりするだろう。
とにかく
  • ★★★★★
  • 投稿者:シャムシエル 2009年07月21日

かっこいい!に一言ですね。 ポール・ニューマンのポーカーのシーン。今でも遊びでやるときにあの持ち方を真似してしまいます。 軽そうに見えて、常に命を削りながら生きている男達にあこがれます。

21~40件/全99件