作品ページ DVD 作品ページ
海の上のピアニスト

海の上のピアニスト

平均点数4.6点

平均点数4.6点

64件のレビュー

基本情報 - 海の上のピアニスト

  • 原題:THE LEGEND OF 1900
    洋画ドラマ  >  ヒューマン
  • 制作年1999
  • 配給:アスミック・エース=日本ビクター
  • 制作国:イタリア/アメリカ
  • 上映時間:125分
  • 日本公開日:1999年12月18日(土)
  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

解説 - 海の上のピアニスト

解説

「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレが伝説のピアニストの半生を感動的に描いた人間ドラマ。1900年、大西洋上を行く客船の中で生後間もない赤ん坊が見つかった。その子供は、生まれた年にちなんで“ナインティーン・ハンドレッド”と名付けられるが、船内のダンスホールでピアノを聞いて育つうちに、驚くべき才能を発揮するようになる……。

海の上のピアニストの 解説

レビュー - 海の上のピアニスト

TSUTAYA ONLINE レビュー レビューを投稿する

サントラお勧め!
  • ★★★★☆
  • 投稿者:空豆チムヲ 2012-02-24
楽譜も合わせて購入することをお勧めします!映画の内容同様しんみりさせられます。ドラマチックな物語に心が癒されました。
すばらしい
  • ★★★★★
  • 投稿者:がいがいくん 2012-02-19
1度も陸に下りたことのない男。この人は本当に天才だと思った。 コーンは、この後またどこかで細々と演奏して生計をつないでいくかもしれない。 彼の心には海の上のピアニストがずっと生きるのだろう。
封切り当初見に行きました。
  • ★★★★☆
  • 投稿者:文鳥 2012-02-16
今も心に残る素晴らしい作品です。最後は涙涙でした。戸籍もなく、海の上だけで一生を送る人なんて実際にはありえないかもしれないけど・・だからこそ彼は人一倍、外の世界に憧れ、反対に恐怖や不安を抱いたのだと思う。彼の選択はまさにそうするしかなかった。切なかったです
手綱
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ビリ 2007-05-05
これを見て昔、自由に作文を書きなさいと言われて何を書いたらいいのか分からなかった自分を思い出しました。ある程度のお題(制約)がないと書けないよって(笑)深読みかも知れませんが彼にとって外の世界は自由では無く、ジャングルで「ほらどこへでも好きなところへ」と言われるような不自由なものだったのではないでしょか?「選択肢が多すぎる」とは的を得ています。それだけに切なく、簡単に終わらない話だと思いました。
感動しますよ。
  • ★★★★★
  • 投稿者:たろひな 2005-07-19
名声も富みもいらない。 ただただ自分が演奏したいだけ。 誰に聞いてもらわなくてもいい、ただ弾いていたいだけ。 こういう考え方は現代人も見習うべきですね。 何でも金の時代に旋風を巻き起こせ!!

[ネタバレ]

切ないのに最後がねぇー
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:めびうす 2005-02-06
うーんいい感じという所まできてたのに最後の船の爆破はねぇーいくら船から降りなかったとはいえあれはないでしょーもうちょっとしんみりしたかった。
映画館で観なかったことを後悔させる映画。
  • ★★★★★
  • 投稿者:haseo 2004-03-03
映画とは他人の人生を垣間見ることができるひとつの手段と言える。それ故、たった一度きりの人生を何十人、何百人分にも広げさせてくれる。一人の男の生涯は、ドラマだ。映画というものを作り上げた人類に感謝すべき映画だ。

[ネタバレ]

無題
  • ★★★★☆
  • 投稿者:かわうそ 2004-01-03
映像的には「ニューシネマパラダイス」の方が好きでした。しかし、音楽が良かったのと最後の終わり方が良かった。グローバル化の時代、目が外に外に行きがちですが、自分が生まれ育った所を愛する大切さを学んだような気がします。
友情&信頼が素敵
  • ★★★★★
  • 投稿者:hiroちゃん 2003-09-20
何と表現したら良いのでしょうか。とにかく見て下さい。お薦めの作品です。

[ネタバレ]

素敵でした
  • ★★★★★
  • 投稿者:komamai 2003-07-15
ピアノめちゃめちゃ素敵でした。船酔いしない方法、ストッパーはずして演奏しちゃうところなんて最高でした!最後はとても切なかった・・・でもその切なさに感動したのかも。最後船を降りてたら、ちょっと違ってたかもしれません。

レビューを投稿する

海の上のピアニストのレビュー一覧 (64件)

TSUTAYA DISCAS レビュー

美しく整えられた ある男の物語
ねらったストーリーに、
ねらったカメラアングル…
何もかも、ねらいすぎ た ??
あまりにも美しく整えられすぎてて…
苦手かも…。
とにかく、心が動かない……
最後まで、物語に入り込めないまま、終わってしまった…。
*****好きなシーン*****
ロックを外したピアノ…
ゆれる船内、縦横無尽するピアノ…
戯れるかのように、奏でられる音楽…
このシーンは、好き♪

海の上のピアニスト

[ネタバレ]

これも人生
船の中だけの人生。他の人から見れば不幸なんだろうけれど彼はそれで良かったのかもしれない。人の人生は他人には分からないよね。

海の上のピアニスト

うーん・・・
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:エルザ  2014年4月21日
良い作品だとは思います。しかし全体的なテンポが悪いのか、エンドロール後も、どうもすっきりとしない。
テンポが悪いのに、シーンが急に飛んだり戻ったりするし、役者の演技もなんだかな・・・。
名作だとか感動作だとか言われているようだけれど、冷静にストーリー紹介を読んで、気になったなら鑑賞する事をおすすめします。
音楽も素晴らしいし、ストーリーも頷けます。主人公の登場シーンも洒落ています。
あとこれは、私の視聴環境のせいかDVDのせいか解りませんが、人物と背景が浮いてしまって合成のように見えますし、
合成(と思われ)する必要がなさそうなシーンで合成しちゃうからちょっと冷めてしまいました。

海の上のピアニスト

てっきり実話だとおもってました
そのわりにはリアル感ないなー、とやや不足ぎみだったのが、純粋な?作り話と思い直せばまあまあかな。手の込んだ美しさはさすがこの監督だわねー。
主人公のどうしようもなく哀しく哀れなところが、もっとミザラブルにきてほしかったな。相棒のやたらお涙ちょうだいテイストがやや興ざめ。

海の上のピアニスト

え?こんな結末だったのか・・・・コレ・・・・
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:みむP  2013年6月29日
気になりつつも後回しになってた映画。
.「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督
となるとちょっとあのレベルの感動を期待してしまいますわ・・・・
本作は
豪華客船の中で生まれ、捨てられた主人公が、
そこですごしていくうちに
ピアノの才能に目覚めるという話。
伝説のピアニストってところかな。
船に乗ってた人しか目撃してないし
生演奏も聴いてないことになりますしね。
この船で育った主人公、生まれた歳にちなんで1900って名前をつけられ
客船内の大人たちに助けられながら、
そして、毎晩のように行われるジャズ演奏を聴いているうちに
内なる才能が開花。
ピアノの腕前を披露するまでに。
ティムロス×ピアノ っていう組み合わせが意外に似合ってる!!!!
どっちかっていうと、クセのある役ばかりの印象なので、
こうやって、白いスーツ着てピアノを優雅に弾く姿
想像できなかったわ・・・・正直言って。
似合ってる!!!すごくイイ!!!!
予想では、プロデビューかなんかして終了するんじゃないかと思ってましたが、
そうじゃないのね!!?これ。
そう単純に終わる話じゃなかったのね。
でも、むしろ、単純に終わってもよかった気がする。
ここまできたらフツーのサクセスストーリーでもよかったんじゃないかって。
この映画がかつてセッションしたトランペッターの回想録形式をとってたのは
このラストがあったからか・・・・・
ふむふむ。
正直フツーに楽しめる映画でしたが、
あのラストはちょっと「え!!??」でした。
ベタで終わらなかったということで印象には残るラストですね。

海の上のピアニスト

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。
  • ※ジャケットデザインは変更になる場合がございます。