作品ページ DVD 作品ページ
処女<ヘア無修正版>

処女<ヘア無修正版>

平均点数3.0点

平均点数3.0点

1件のレビュー

基本情報 - 処女<ヘア無修正版>

  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

解説 - 処女<ヘア無修正版>

解説

数々の性問題を取り上げ、作品にその問題点を投影してきたカトリーヌ・ブレイヤ監督作品。本作では“少女の性”をテーマに、処女喪失についての考え方が異なる姉妹の性を描くエロティック・ドラマ。

処女<ヘア無修正版>の 解説

レビュー - 処女<ヘア無修正版>

TSUTAYA ONLINE レビュー レビューを投稿する

処女は大切に・・・
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:あやこ 2003-09-02
見た後唖然としてしまいました。 こんなラストでいいのか・・・いいのかもしれません。妹の心理を思うと胸が痛みました。きっとほんとに姉のことがすきだったんだなぁ、と。同じになりたいほど。

レビューを投稿する

処女<ヘア無修正版>のレビュー一覧 (1件)

TSUTAYA DISCAS レビュー

何を目当てに見るか?
この映画、何を目当てに見るかでしょう。まあ、ヒロインでしょうね。勿論15歳ではありませんが、あまり「手を付けていない」(男と接触していない、というだけでなく、彼女自身が体のお手入れをしていない、いやお手入れをする必要のない、という意味で)ヌードが見られます。その美しさや純粋(?)な性への憧れは面白く見れます。妹の存在も、まあ、なんとなくいいです。これが「フランス」の香りがしているから、また余計に見れるのでしょう。では、何故、星三つか?私はあまりラストが好きではないからです。特にラストショットのストップモーションなど、あまりに好きではありません。それはこの映画に込められたメッセージを考えてしまったからです。甘美な世界観を作りながらも、家族の断絶や思春期のどうしようもない欲望を描こうとするあまりに、それが作品自体を白けさせてしまったように思えます。

処女 ヘア無修正版

なぁーにが愛の証だ
まったく似ていない姉妹エレナ(ロキサーヌ・メスキダ)とアナイス(アナイス・ルブー)は、家族と一緒に行った別荘で大学生のフェルナンド(リベロ・デ・リエンゾ)と出会う。
初めての相手は「愛してる人と」と考えるエレナはモテモテなのに大切に処女を守っている。
一方初めての相手は「愛していない人と」と考えるオデブちゃんアナイスは、「終わったあとで愛がさめるのがコワイ」「私の処女を奪ったと自慢されるのもイヤ」と超現実的。
エレナの初めての相手としてフェルナンドはお勧めしないけど、高校生にとっては魅力的なんだろうな。
まぁエレナもかわいくないし(あっ 顔とカラダはキレイですよ)多少イタイ目にあったほうがいいかなとも思ったけど、あそこまではね…
でも 気づきました?
結局あの家族4人は願いどおりになっているんだって。
パパも望んだとおりに。ママとエレナもエレナが望んだとおりに。そしてアナイスも願い通りに。
ついでに言えば多分フェルナンドも。
それにしても高速を運転するママの顔怖かった。眠いの我慢して必死に運転してるときってあんな顔なのかな?

処女 ヘア無修正版

バイオレンス
  • ☆☆☆☆☆
  • 投稿者:gold  2008年3月7日
暴力映画だとおもいます

処女 ヘア無修正版

なかなか面白いんですがね~!
  • ★★★★☆
  • 投稿者:racquo  2008年2月12日
監督の考えでは「性行為」は決して「快楽(性欲)」そのものではなくって、「性的妄想」の実現行為でもあるわけで、更にこの妄想は社会的・文化的産物でもあるわけです。姉エレナが求めるものは王子様の出現と永遠の愛というあり得ない幻想。だから性行為はむしろ恐れなんですね。一方妹のアナイスはもっと現実的で、賢くもあり、自分の中の性欲を、はっきりと幻想から独立させて、意識している。両親の価値観をも含め「こういうものだ」と信じられ、彼女が押し付けられている世界観にアナイスは満足できない。だからそれを憂う嘆きの歌を彼女は歌っている。ラストは唐突なようだけれど、真実ではない幻想の世界に安住している母と姉は、幻想ではない現実の男にああされるけれど、姉を観察などして自分や男の現実を直視していた妹アナイスの知はああいう形で彼女を救うんですね。(←ネタバレしないように曖昧な表現を使いました。)

処女 ヘア無修正版

衝撃的な結末にただ唖然。
  • ☆☆☆☆☆
  • 投稿者:Twins  2007年4月25日
全然予期してなかったので本当にびっくりした。一応タイトルの方向性に合致しているが。。
しかし何がきっかけで、これを借りたんだろう。覚えがない。
しかもまったく脈絡がない。ネットで調べてみたら監督はフランス映画会の異端児だとかで、初めて聞く人だし。
考えられるのはトリュフォー作品と間違ってボタンを押してしまったことぐらいか。。
やはりフランス映画はトリュフォー以外は理解し難いという感想。
評価星2.5。

処女 ヘア無修正版

(C)Flach Film

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。