作品ページ DVD 作品ページ
イノセンス

イノセンス

平均点数4.4点

平均点数4.4点

8件のレビュー

基本情報 - イノセンス

  • 原題:INNOCENCE/Ghost in the Shell 2 : Innocence
    アニメ  >  SF/ロボット
  • 制作年2004
  • 配給:東宝
  • 制作国:日本
  • 上映時間:99分
  • 日本公開日:2004年03月06日(土)

キャスト/スタッフ - イノセンス

イノセンスのキャスト/スタッフ一覧

受賞記録 - イノセンス

アニー賞
  • 映画部門 作品賞 ノミネート 
     第32回 2004年

イノセンスの受賞記録一覧

  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

解説/あらすじ - イノセンス

解説

2032年の日本。世の中は、人とサイボーグ(機械化人間)、そしてロボット(人形)の共存が進んでいた。同時に、テロが各地で続発している。そんな犯罪を取り締まる政府直属の機関・公安九課の刑事バトー。彼は、その体全てが造り物のサイボーグでありながら、純粋な部分としてわずかな“脳”と“素子”の記憶だけを残していた。ある日、暴走した少女型のロクス・ソルス社製愛玩用ロボットが所有者を惨殺する事件が発生。さっそく相棒トグサと共に捜査に乗り出すバトーだったが、その過程で彼の“脳”を攻撃する“謎のハッカー”の妨害に見舞われていく…。

あらすじ

そう遠くない未来の事だった。人間とロボットが共存し、電脳ネットワークが整備された近未来都市へと変化を遂げた世界。刑事・バトーは、ある日、とある事件の捜査を依頼された。少女型のアンドロイドが暴走し、自らの所有者を惨殺する事件が発生したのだ。相棒のトグサとともに捜査を開始したバトーは、複雑な思いをめぐらせた。なぜなら、彼自身も全身を義体化したサイボーグだったのだ。捜査の過程で様々なロボットと出会ったバトーは、ひとつの疑問に辿りつく。「人はなぜ、人形(=機械)を必要としているのか」。彼にとってその謎を解く手がかりは、わずかに残されている脳と、一人の女性、“素子”の記憶だけだった…。

イノセンスの 解説/あらすじ

レビュー - イノセンス

TSUTAYA ONLINE レビュー レビューを投稿する

ますます暗く、深い
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ばんでぃ 2010-07-07
前作の「GHOST IN THE SHELL」よりさらに沈鬱度が増し、もはやこれは押井監督が解釈した攻殻なんだなぁ、と。原作にこだわりすぎるのはよくないけれども、ちょっと違うテイストの攻殻も観てみたい感じがします。
イノセンス
  • ★★★★★
  • 投稿者:あんじ 2010-06-25
人間と機械の違い。 人形とは? 動物とは? 子供とは? 人間とは? 神とは? この作品の根底にある、『不在』と『遍在』。 デコイを巧みに使い、あちらこちらに散らしてある付箋。 何気ないカットにも意図が組み込まれていて、台詞1つ1つも引用文を多様する事によって、画面とは違う景色が広がります。 映画でありながら複数の小説を読んでいるかの様な錯覚に捕われました。 全てのイノセンスがイノセンスで在るが為に傷付いたり、傷付けてしまったり、そしてその事に気付かなかったり。 ラストのシーンで全てが解り、その瞬間鳥肌が立ちました。 見る人によって違う捉え方が出来る(様々な角度から見れる)深い作品でした。 個人的にアニメ作品の中では1、2を争う程の素晴らしい作品だと思います。
雰囲気が良いです。
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:梅太郎 2005-05-22
前評判で難解だと聞いていましたが。事件の原因は、意外とあっさりしていて拍子抜けしました。ロボットと人間の線引きはどこか、と言うテーマは確かに考えさせられましたが。バトーと素子の信頼関係が強くて、それが逆に切なく感じさせます。公安9課のキャラクターはとても魅力的で、暗いテーマの中、トグサとバトーのやり取りに救われます。

[ネタバレ]

映像が奇麗だ!
  • ★★★★☆
  • 投稿者:ヤス 2004-10-07
最初のオープニングから最後まで気の抜けない映像美。いや幻想美と言うのか、すばらしい作品です。スタジオジブリが参加しているからでしょうか。内容は、子供が見ても意味不明になるかもしれません。ガトーの心が少し覗けた様でよかったかも。CMでも流れた歌が、心に沁みます。
小難しいが面白い。
  • ★★★★★
  • 投稿者:REME 2004-09-23
私は、この作品について全く知識が無いのですが、最初のガイドで 何とかなりました。 オープニングから引き付けますね〜 圧倒されます。 映像、脚本 共にレベルが高い。 最近のハリウッド映画より何倍も完成度が高く 面白いです。 ただ、単純な事を わざと難しく言ってますね、うるさく感じる所があります。 これだけの技術があるのなら 幅広い年齢層が楽しめる映画を作って欲しいのですが・・・  まぁ、マトリックスより上なのは確実です。 当たり前かな。
2501
  • ★★★★★
  • 投稿者:3571 2004-08-14
二回ぐらい観ないと全部は理解できないです。 攻殻ファンなら、これは1回でも大丈夫です。それにしても、電脳戦とかいい感じでした。最後に心にキュンときましたね。
すごいすごいすごい!!!
  • ★★★★★
  • 投稿者:ひびき 2004-04-29
とにかくすごい!本気ですごい!もう、すごいとしか言いようがない。精神的なショック。内側にダイレクトにぶつけられる衝撃。広大で深いその世界に、引きずられて吸いこまれて、気がついたらエンドロール…。私の脳もハッキングされた模様…。頭がおかしくなりそうだった。暗めの室内で、ヘッドホン使って見ると、もっとすごいかも。
待ってました
  • ★★★★★
  • 投稿者:たっくん 2004-04-09
情報量が多い映画ですね〜。わけわかんないけど絵はきれいだ!とか、辞典がないと何言ってんだかわらん!とかありそうですね。私は楽しめました。特に電脳戦のシーンがグー。DVDが出たら買って楽しみ続けます。難をあげるとすれば、もう少し事件の規模が大きかったらなぁと。

レビューを投稿する

イノセンスのレビュー一覧 (8件)

TSUTAYA DISCAS レビュー

映像美と世界観が気に入っています。
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:茶々  2013年8月18日
攻殻機動隊自体知りませんでしたが、何かに出ていた作品紹介の内容と絵を見て借りました。近未来的な都市と、そういう系のストーリーに出てくる悪の巣窟化した町の独特な雰囲気や、お祭りの奇妙な美しさが目をひきました。攻殻機動隊を観た事無い方でも楽しめると思います。ただ、本編が始まる(メニューからではなくて)前にあるこの物語の解説、事前情報は観た方が分かりやすいです。

イノセンス

どうなんだろう?
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:okeihan  2013年7月28日
詳しくないのですが、攻殻機動隊の話の一部?
他のお話も見たくなりました。

イノセンス

う~~~~ん
  • ★☆☆☆☆
  • 投稿者:りょう  2013年5月12日
何を伝えたいのかが、わかんない。

イノセンス

映画観てるというより小説読んでる感じ
  • ★★★★★
  • 投稿者:あき  2012年10月30日
情報量が半端なく、見終わる頃には脳みそがぐったりしていました。
TVシリーズから入ってファンになった私としては、ややグロく、違和感だらけでした。
映画を観て絵とかグロさとかが駄目だと思った方は、TVシリーズを借りてみることをお勧めします。ややソフトになってます。やや。
このシリーズを観たことがないという方は、是非一度観てみることをお勧めします。
台詞理解するの疲れるし内容難しいし通して観ないと解らなくなっちゃうし(笑)
とにかく今まで観たアニメの中で一番疲れますが、それを乗り越えてでも見るだけの価値があると思います。
パソコンが普及するよりずっと前に生み出されたというのが信じられないぐらいリアルな情報社会の中で、
人の在り方を問う根幹的な哲学の投げかけ・・・。
きっと全部を理解するには、あと何十年も掛かるんでしょうね(苦笑)

イノセンス

旧Ver
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:MHF  2011年4月27日
笑い男とかではなく、初期の九課ですね。
これで新Verの九課なら星4なんだけど。

イノセンス

(C)2004 士郎正宗/講談社・IG, ITNDDTD

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。
  • ※ジャケットデザインは変更になる場合がございます。