作品ページ DVD 作品ページ
I am GHOST

I am GHOST

平均点数5.0点

平均点数5.0点

4件のレビュー

基本情報 - I am GHOST

  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

レビュー - I am GHOST

TSUTAYA ONLINE レビュー レビューを投稿する

凄い。
  • ★★★★★
  • 投稿者:アユマリ 2010-05-23
ただのアクションとか恋愛ドラマを通り越して身体全体で表現しているゴーストには凄い。としか言い様がない作品です。

[ネタバレ]

孤独な暗殺者
  • ★★★★★
  • 投稿者:ジソブ様 2010-04-15
暗殺者として雇われ密航船にて日本に…暗殺者には過酷なルールがあった。心の底から孤独な暗殺者。その暗殺者には暗殺者にならなければならない理由があった。そんな暗殺者にも一人の少女と出逢い一時ながらも孤独を忘れられる時間が…次々に襲いかかる残酷な出来事。最後はその少女の耳元でささやく…ルールという壁を破り。
ジソブの目…
  • ★★★★★
  • 投稿者:きこ 2010-04-15
この作品に彼をキャスティングしたことに感謝! 目、表情…そのしぐさ…影さえも哀しく美ししかったです。 期待以上の作品でした。

[ネタバレ]

セリフがなくても関係ない
  • ★★★★★
  • 投稿者:にゃんちゅう 2010-02-01
演技力でセリフがなくてもぐいぐい魅力にはまること請け合いです。 韓流に興味ない人にも良くできた作品なのでお勧めです。 ジソプシのペンは歌声も胸キュン      最後の一言も・・・・・・・・・・・・        この作品 でファンが増えそう       にゃんちゅう

レビューを投稿する

I am GHOSTのレビュー一覧 (4件)

TSUTAYA DISCAS レビュー

う~ん。。。
  • ★☆☆☆☆
  • 投稿者:loverock  2011年6月29日
ジソブが好きなので借りてみましたが、つかみもテンポも悪くて途中で止めてしまいました(><)
殺し屋にリアリティーがないし、雰囲気はまるで「レオン」?ジソブの魅力もあまり出ていません。

I am GHOST ディレクターズカット 

それなりに楽しめた
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:STYLE  2011年4月29日
谷村の無理やり感は否めないが、それなりに楽しめた。

I am GHOST ディレクターズカット 

ソ・ジソブはかっこいいです
  • ☆☆☆☆☆
  • 投稿者:ハナオリ  2010年12月7日
ジソブは本当にかっこいいですが、お話としてはなんだかな~という感じでした。
まず、状況と、AI、GHOSTの言動があまりにもマッチしてない気が…。
なんかGHOST自身も自分の状況の割に甘くないでしょうか???
せっかく演技力抜群のソ・ジソブを出演させたんだから、もう少ししっかりとしたシナリオを作って欲しかったです。
でも、ソ・ジソブは本当にかっこいいです。アクションも決まってるし、セリフがなくても表情で魅せてくれます。
こういう役ってジソによく似合いますね。
それだけにものすごく残念です…。

I am GHOST ディレクターズカット 

7点満点中
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ビリケン  2010年7月17日
4点
BeeTVでは珍しいクライムアクション。なんかだらだら流れる映画やなと観ていたけど、終わってみるとなんかわからんけど、まあまあよかったんちゃうんかなって思ってしまった。スリル感もないし、アクションも全然やのに・・・ 何故でしょう???

I am GHOST ディレクターズカット 

[ネタバレ]

「愛!大丈夫か?ありがとう。」
  • ★★★★☆
  • 投稿者:サランヘ  2010年5月6日
本作は,日本の携帯サイト「beeTV」で配信されたアクションドラマです。
主演は“ゴースト”と呼ばれる暗殺者を演じたソ・ジソプssi,ヒロインを務めたのは,飛び降り自殺を図ろうとしていた少女“愛”を演じた谷村美月さんです。
“ゴースト”と“愛”は赤い糸で結ばれていたかのように出会いますが,暗殺を遂行するために日本に送り込まれていた“ゴースト”は,日本からの脱出に失敗して逆に消される対象となります。
追っ手を差し向ける依頼主のマフィア,仲間を殺されたヤクザ,スクープを狙う記者,そして愛を執拗に追う男性教師,逃げる殺し屋と,彼から離れようとしない愛,果たして二人は逃げ切れるのか,追っ手が迫る中,彼らは決死の逃避行を繰り広げます。
本作は,あくまでも邦画ですからネックとなるのはソ・ジソプssiの台詞です。
このハードルをクリアするために考え出された彼の役柄が,密入国し,国籍を隠すためにひと言も言葉を発せず,ターゲットを消した後は痕跡を全く残さないまま立ち去る暗殺者という設定です。
暗殺者というと悪役のイメージですが,映画でのジソプssiは,冷徹な殺し屋という顔と,その一方で見せる優しい仕草や表情の緩急が,演技派としての彼の魅力を十二分に発揮していると思います。
そして,喋ってはいけない掟のゴーストが,日本語の台詞で「愛!大丈夫か?ありがとう。」と発するシーンがありますが,これだけで日本のジソプssiファンは満たされると思います。
おまけ:ソ・ジソプssiは,2010年1月に公開された映画「ソフィーの復讐」で,あのチャン・ツィイーとも共演しています。

I am GHOST ディレクターズカット 

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。
  • ※ジャケットデザインは変更になる場合がございます。