作品ページ DVD 作品ページ
ダブル・キラー

ダブル・キラー

まだレビューはありません

レビューを投稿する

基本情報 - ダブル・キラー

  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

解説 - ダブル・キラー

解説

脳卒中で倒れ、ICUで治療を受けているミンホ。その隣に、ミンホの妻子を殺した男が記憶喪失状態で運ばれてくる。男が目覚めたとき、体中傷だらけで……。チョン・ホジン主演によるシチュエーション・スリラー。

ダブル・キラーの 解説

レビュー - ダブル・キラー

TSUTAYA ONLINE レビュー

まだレビューはありません。1番乗りのチャンスです!

レビューを投稿する

TSUTAYA DISCAS レビュー

前半はドリフのコントみたい
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:たこら  2014年9月5日
お互い身動き取れない状況でどうやって相手を殺すかという状況設定は
とても魅力的なのだけれど、実際にあの手この手で殺害を実行しようとする前半は
演じてる俳優が執念を醸し出している割に、なんだか昔のドリフのコントを見ているようで違和感がある。
意外な展開で物語は捻ってあるものの、あーそっちの方向へ行っちゃうのねと、少々残念な感じ。
最初に期待したものとは違ったけれど、これはこれで普通に娯楽作として面白いと思います。

ダブル・キラー

密室・コメディ・サスペンス・スリラー
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:サランヘ  2012年9月6日
主演の2人(チョン・ホジンssiとユ・ヘジンssi)は、どちらかと言えば渋い脇役というイメージが強い役者ですから、何か味付けにこだわらないと売れない気がしますが、あえて”事故と記憶喪失”という韓流のお約束を持ってきたところに逆に好奇心をくすぐられます。
映画は、愛する妻子を殺された男ミノ(チョン・ホジンssi)と殺した男サンオプ(ユ・ヘジンssi)との死闘を描いた(そんなに大袈裟なものではないが)お話しなのですが、場所が病室という密室空間で、ミノは脳卒中で右手しか動かせず、その不自由な身体でサンオプの殺害を企てるというコミカルな展開です。
二人は、認可されてない新薬を投与され徐々に記憶や身体が回復し、殺さなければ殺されるという思いから一生懸命リハビリに励むところは笑えます。
ラストのスッキリさせてくれない謎解きにイライラさせられますが、”復讐”がテーマというのならそれもアリかもしれません。
それにしても、病院には意外と殺しのアイテムが揃っているんですね。感心しました。

ダブル・キラー

微妙かと
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:にも  2012年8月17日
小汚い病院の二人部屋に入院中の主人公。
自殺願望があるようで、みなに迷惑を。
そうこうするうちに隣のベッドに事故による記憶喪失患者が。
どうも主人公の妻の敵のようで、話は動き始める訳ですが・・・
ストーリー自体は、少し考えられているものの、なんだか微妙なんですよね。
そもそも事故にあう可能性
事故で運ばれてくる病院が、寂れてるっぽいその病院になる可能性
都合の良い症状になる可能性
目的を考えると、あまりに都合良すぎる気が・・・
アクションも、ともに入院患者だけに動きは限られてるし。
ということで、ヒマがあれば。

ダブル・キラー

(C)2010 FUNCH BALL. All Rights Reserved.

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。