作品ページ DVD 作品ページ
クローザー <ファイナル・シーズン>

クローザー <ファイナル・シーズン>

まだレビューはありません

レビューを投稿する

基本情報 - クローザー <ファイナル・シーズン>

  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

レビュー - クローザー <ファイナル・シーズン>

TSUTAYA ONLINE レビュー

まだレビューはありません。1番乗りのチャンスです!

レビューを投稿する

TSUTAYA DISCAS レビュー

寂しい限り・・
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:Ayrton  2013年10月24日
本DVDでLAPDの面々ともお別れです。
スピンオフはイマイチだったと風のうわさでききました。

クローザー<ファイナル・シーズン>セット2

[ネタバレ]

主演スターの多いドラマ
  • ★★★★★
  • 投稿者:ma  2013年7月22日
リスクを顧みず,責任感と正義感で犯人を追いつめて自白させる。
そんなクローザーであるブレンダが好きでした。
仕事中はバリバリなのに,家では猫と旦那様,キュートなご両親に囲まれる。
ツンデレ具合がまた良い。というか安心する。
でも,ブレンダには友達いないだろうな。素敵な人だけど怖い。
クローザーの魅力は,重大犯罪課のメンバーの多さだと思います。
たいていの刑事ドラマは,人種と性別を混ぜた4~5人ですが,クローザーは多い。
おかげで白人,黒人,中国系,メキシコ系など,老若男女(笑)色々混ざっていたからこそ幅広い事件を扱えたのかなと思います。
個人的な感想の追加
密告者はすぐにわかりました。1年前から交際しているなら,もっと前から登場してもよかったはず。不自然でした。ちょっと残念。
ブレンダの両親は,良いキャラでしたが,あんな形でドラマを去るのはとても悲しかったです。最後の言葉,気になりすぎる。
最終話のゲストのフィリップストローは,リゾーリ&アイルズのガブリエルです。片や殺人犯,片やFBI捜査官。知らずに連続で観たので,同じ顔???と混乱しました(私だけだと思いますが・・・)
もうブレンダに会えなんて寂しいな・・・と思っていたら,8月からテレビ放送されるようです。2周目を楽しみます(^^)
1話完結の要素が強いので,途中から観ても十分楽しめるドラマだと思います。

クローザー<ファイナル・シーズン>セット2

総評
個人的にはあまり好きではないブレンダ・ジョンソン。
なのに見てしまうのは重犯課のメンバーが個性的だからだろうか。
とはいえ、彼らを引き立てたのは、やはりブレンダである。
今作品は高視聴率のまま終了を迎えました。打ち切りが多いハリウッドでは珍しい事です。
その裏には、ブレンダ役キーラ・セジウィックの今作への【愛】があります。
低視聴率で打ち切りになるよりも、高視聴率のまま有終の美を飾りたいという事で決定した番組終了。
ハリウッドをよくわかってるね^^;
おかげで安定した作りとなりました。
今作はキーラ・セジウィックにとっても思い出深い物となったようです。
夫であるケヴィン・ベーコンも監督として数回参加し、実娘もブレンダの姪役で出演しました。
家族総出で作り上げた【クローザー】。
まだまだ続けられるだろうが、このラストは納得のいくものでした。
個人的には、ケヴィン・ベーコンにも役者として登場してもらいたかった。
弁護士ギャビンはケヴィン・ベーコンのイメージにぴったりだと思ったのは私だけでしょうか?
最後のサプライズとして出演してほしかったです。
【クローザー】はここで終了となりますが、この高視聴率を制作者側が放っておくはずもなく、この物語はスピンオフとして引き継がれます。
その名も【メイジャー・クライムズ】。
レイダーが中心となって重犯課を率いていきます。
要するにブレンダからレイダーに主役が取って代わっただけ。
ブレンダ、フリッツ、ガブリエル、ポープは登場しませんが、それ以外のメンバーはそのまんまです。
プロベンザ&フリンのおとぼけコンビとまた会えるのは嬉しいですが、視聴率はどんなものなんでしょうね。
キーラ・セジウィックの顔に泥を塗らなければ良いですが。。。
たまには検察側としてブレンダに登場してもらいたいですね。
リリースが待ち…

クローザー<ファイナル・シーズン>セット2

[ネタバレ]

最後の対決(VOL10のレビュー)
このラストって凄いです^^;
もう、執念です。
ブレンダにとって、ストローだけは逃がす事の出来ない宿敵だったのでしょうね。
エレベーターで襲いかかった時にはギョッとしましたが。そこまでやるか?!
法を曲げてまでも逮捕したいのか。
タレルの事件で懲りたかと思ったけど、またやっちゃったよ。。。
そして検事局に行くっていうんだからちょっと心配です(>_<)
でも、ガブリエルも連れて行くという辺りはなかなか良いラストですね。
そもそも、新人君のガブリエルを育てるところから始まった今作品。最後に連れて行くのが彼というのはセンス良いです。
さてさて、これにて7年間に渡った【クローザー】も終了です。
浮き沈みなく、安定した作品で見応えがありました。
大人のドラマといえるでしょう。

クローザー<ファイナル・シーズン>セット2

[ネタバレ]

悲しい別れ(VOL9のレビュー)
今回はブレンダに悲しい別れが訪れます。
癌である事を告白した父。その病状にばかり気を取られていたら、なんとママの方が!!!
疲れたんだろうなぁ。1人でパパの面倒を看てたんだものね。
ブレンダにとってかけがえのない存在だった両親。こんな悲しい別れが訪れるとは思ってもみなかった。
最後までブレンダを呼び止めて【話したい事がある】と言っていたウィリー・レイ。その言葉を聞く事が出来なくなってしまった事も、ブレンダにとってはつらい事でしょう。
ウィリー・レイを演じていたフランシス・スターンハーゲンは【ER】でジョン・カーターのおばあちゃまミリセント・カーターを演じていました。
こちらもとてもチャーミングで上品な女性でした。
彼女にとってウィリー・レイもまた当たり役だったといえるでしょう。
もう二度と会えないかと思うと残念です。
ま、ご本人はご健在ですが、年齢を考えるとシリーズ物に出演する可能性は少ないかと。

クローザー<ファイナル・シーズン>セット2

THE CLOSER: THE TELEVISION SERIES and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。