作品ページ DVD 作品ページ
ラスト・ソルジャー

ラスト・ソルジャー

平均点数4.1点

平均点数4.1点

8件のレビュー

トレーラーを見る

基本情報 - ラスト・ソルジャー

  • 原題:大兵小将/LITTLE BIG SOLDIER
    洋画アクション  >  クンフー・忍者
  • 制作年2010
  • 配給:プレシディオ
  • 制作国:中国/香港
  • 上映時間:95分
  • 日本公開日:2010年11月13日(土)
  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

解説 - ラスト・ソルジャー

解説

ジャッキー・チェンが原案・製作総指揮・武術指導・主演をこなす歴史アクション。戦国時代の中国を舞台に、偶然捕まえた敵国の将軍を自国に連れ帰る兵士が、待ち受ける数々の困難の中で次第に将軍と奇妙な絆を築いていくさまをコミカルなタッチを織り交ぜ綴る。ある時、大国・衛(えい)の軍が弱小国の梁(りょう)に攻め入る。ところが、梁軍の待ち伏せに遭い、激しい死闘の末、両軍共にほとんど全滅してしまう。そんな中、死んだフリをして生き延びた梁の名もなき老兵。彼は偶然にも、深手を負った衛の将軍に出くわし、捕虜にすることに成功する。さっそく、報奨金をもらうため彼を連れて帰途に着く兵士だったが…。

ラスト・ソルジャーの 解説

レビュー - ラスト・ソルジャー

TSUTAYA ONLINE レビュー レビューを投稿する

[ネタバレ]

民の望み
  • ★★★★☆
  • 投稿者:うっちぃ 2013-03-06
戦を望んではいない。田畑を耕し平和に暮らす。人として有るままに。ラストは悲し過ぎ。二人して逃げて欲しかった。
奇妙な友情
  • ★★★★☆
  • 投稿者:サイボーグ 2011-10-28
中国の天下統一を図る,戦国時代の出来事をユーモラスに映画化している。ジャーキー・チェンのユーモラスなカンフーがいつもながら楽しめるが,今回はアクションが少なく,ストーリー重視かなと思える。ラストシーンは国を守る男の男らしさを十分表し切っていた。小鳥はなんだったのかがいまいちではあった。

[ネタバレ]

微妙?
  • ★★★★☆
  • 投稿者:VEIOUNISOU 2011-09-09
あまり戦わないジャッキーでした。 石を投げたりと泥臭い感じが新しくて面白かった。 ワン・リーホンも雰囲気が変わって格好よくなっていて気付かなかった。
おもしろい
  • ★★★★★
  • 投稿者:ヒロ 2011-08-07
ジャッキーらしいアクションがたくさんあります。

[ネタバレ]

良い!
  • ★★★★☆
  • 投稿者:はる 2011-05-03
ジャッキーらしい、アクションもあり笑いもあり。 ただ最近見るジャッキーの映画ちょっと暗い。 最後が〜!

[ネタバレ]

新しいジャッキー
  • ★★★★☆
  • 投稿者:琉音パパ 2011-04-09
痛快アクションって訳ではない!ただ、ストーリーはしっかりしているので2回3回観れる作品です。 個人的には嫌いじゃない。
ジャッキーの想い
  • ★★★★★
  • 投稿者:ぱん 2010-11-19
映像がアクションがってゆう飛び抜けたものはないけど、ストーリーの軸がしっかりしてるから作品として完成されてる。 見て損がない、期待通り。 ジャッキー映画って正義とか平和とかそうゆう題材が多いけど、 今回の作品はそれが押し付けがましくなく、話の中にメッセージが自然に練り込まれていて分かりやすかった。 欲をいえばもうちょいキャラの生い立ちを映像で見たかったけれど。 将軍はいいキャスティングだし、兵士のジャッキーは最近はアクションスターではなく「俳優」としてどんどんいい味出してきてます。 切ないジャッキー、ファンとしては涙が出ちゃうけどね。
う〜ん
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ひで 2010-11-15
最初はだらだらと始まり、退屈に思い観ていたら、後半に謎が解けて行き、捕虜役と敵の将軍がはえてくる。

レビューを投稿する

ラスト・ソルジャーのレビュー一覧 (8件)

TSUTAYA DISCAS レビュー

なんだか
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:ダイ  2012年9月3日
微妙かな・・・

ラスト・ソルジャー スペシャル・プライス

ジャッキーらしさを期待すると肩透かしを食らうかも
  • ★★☆☆☆
  • 投稿者:姫宮美羽  2012年1月21日
ジャッキー特有の家具アクションが見られるわけでもなく、
終始情けない小心者を演じておられるし
まったりした感じで進んでいくので若干退屈気味に感じちゃった?かも?
捕虜の将軍と最後は友人関係になり一緒に派手なアクションを、
というのを鑑賞していて期待してしまったけどそうなるわけでもなく、
かなり地味な感じに最後までいっちゃった?かも?
ジャッキーが原案らしいけど、
自分で主演までしちゃったのがマイナスになっちゃってる気がした?かも?
ドラゴンボールでいうピッコロとかベジータみたいな、
敵であるはずなのにいつの間にか心強い味方になってた的な描写がもう少し欲しかったと思った?かも?

ラスト・ソルジャー スペシャル・プライス

[ネタバレ]

これは評価が難しい。
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:MonPetit  2011年12月27日
ジャッキー・チェンが原案・製作総指揮・武術指導・主演で、構想も20年
を超えるという歴史アクション。そこに描かれているものは非常に熱い。
この作品、評価が非常に難しい。
ジャッキー・チェンでなければ良作とよべる映画だと思う。
アクションメインではなく、自分の夢と国への愛。
まさにハードボイルドの精神を追求したような作品。
アクション炸裂ではなく、内に秘めたようなゆるぎない強さは実にいい。
だけど、ジャッキーチェンがやっていることで観ているものはアクションを
求めジャッキーもそれに中途半端に応えてしまっている。
それでも中国ではジャッキー主演作では最高の興行収入らしいんで
中国人のスピリットには響いてるようだ。
でも日本の興行収入は悪そうだなぁ。

ラスト・ソルジャー スペシャル・プライス

いつものジャッキーと違う歴史モノ
あんまり考えずに観てました。あら、中国の戦国時代七雄の興亡史なんかな、あの時代、結構面白い話があっていいよなぁ。とか思いつつ観ていたのですが、とりあえず設定だけそれだったらしく、あの時代の面白みのある興亡史が描かれているわけではなかったです、残念。まぁ、難しいと思うんだけどね(「墨攻」ひどかったもんなぁ。)。
ジャッキーということで観ていたのですが、いつもの楽しいアクションものとは違って歴史モノでした。ジャッキーの無類の強さでこの時代の英傑にでもなるのかと思いきや、あくまでも名も無きちょっと強い庶民。戦に明け暮れるこの世から逃れたいと願う、名も無き庶民です。それはそれ(物語は物語として)でなかなか良かったのですが、ジャッキーを期待していた者としてはがっかり。普通の俳優がやっていたのであればいい感じに観れたかも・・・・でも、それだったら誰も観んなぁ・・・難しいところ・・・
あっ、ジャッキー、みんなツッコんでいると思うけど、この手の歴史モノにはNGシーンはいらないよ・・・

ラスト・ソルジャー スペシャル・プライス

大兵小将
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:こうさま  2011年11月1日
評価72点(100点満点)
ジヤッキー・チェンが20年間温めてきた構想を映像化した作品で共演はワン・リーホン。
紀元前の中国で群雄割拠の戦国時代、弱小国の「梁」と「衛」の激戦で双方がほとんど全滅、そんな中で死んだふりをしてしぶとく生き残った名もなき老兵(ジヤツキー・チェン)文字どうりの名もなき兵で名を呼ばれるシーンはない。そんな彼が負傷しながらも生き残った敵の将軍を捕虜にする。目的は自国に連れ帰って褒美にあずかろうというもの。かくして老兵と将軍の破天荒な逃避行が開始される。老兵は故郷に帰って幸せに畑を耕したいと願う農民、方や死ぬなら戦場で名誉の死を望む根っからの軍人、二人はさまざまな危機に遭遇するうちに敵同士でありながら、全く立場の異なる境遇でありながら、いつしか心を通わせ合って、そこに奇妙な友情が芽生えてゆく。ジヤッキーも少し老いたか派手なアクションこそないが、ちよっとユーモアの要素で味付けしながら、かたくなに将軍を捕虜として連れ帰ろうとする老兵、今後生きてゆくために生け捕った宝を絶対に話さないというしたたかな強さを巧みに演じている。そして自分の事しか考えていないように見えた彼がラストのシーンで見せる愛国心にはちよっとホロリとさせられる。
本作は制作総指揮をジヤッキーが執り、細かい武等指導まで行ったと聞いているが、それだけこの作品に対する思いが強かったものと思われるが、ちょっと一味何かが足らない感じがしてならない。

ラスト・ソルジャー スペシャル・プライス

(C)2010 JACKIE & JJ PRODUCTIONS LTD. All Rights Reserved

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。