• TOP
  • 作品検索
  • 劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

作品ページ DVD 作品ページ
劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

平均点数3.0点

平均点数3.0点

1件のレビュー

基本情報 - 劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

  • アニメ  >  魔界
  • 制作年2012
  • 配給:ワーナー
  • 制作国:日本
  • 上映時間:90分
  • 日本公開日:2013年02月23日(土)

キャスト/スタッフ - 劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

  • 声の出演 日笠陽子 (シャットアウラ=セクウェンツィア)
  • 声の出演 佐倉綾音 (レディリー=タングルロード)

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」のキャスト/スタッフ一覧

  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

解説 - 劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

解説

鎌池和馬の人気ライトノベル原作TVアニメの劇場版となる学園ファンタジー・アクション。主人公・上条当麻とインデックスの前に突如現われた一人の少女を巡り、魔術サイドと科学サイドが激しく対立していくさまを、原作者全面協力による完全オリジナル・ストーリーで描き出す。監督はTV版に引き続き「マジック・ツリーハウス」の錦織博。学園都市製宇宙エレベーター“エンデュミオン”の完成が目前に迫ったある日、上条当麻とインデックスは無能力者(レベル0)の少女・鳴護アリサと出会い、仲良くなる。素晴らしい歌声を持つ彼女は、デビューを夢見て路上ライブを続けていた。そんなアリサに、彼女の曲がエンデュミオン開通キャンペーンのイメージソングに大抜擢されたとの知らせが届くが…。

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」の 解説

レビュー - 劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

TSUTAYA ONLINE レビュー レビューを投稿する

[ネタバレ]

微妙
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ハイズルコントン 2013-11-06
何と言うか、微妙に勿体ない感じ。 劇場版ヒロイン達は悪くないのだが、メインキャラを無理矢理出した感が少しあって、後半せわしない。 画質、設定、構成も悪くないのだが、今回に限ってはトウマの活躍が微妙。特に今回のラストバトルの相手は……ほぼノーマル。つまり、幻想殺しは無意味なのである。なので主人公が出ばるより神裂に宇宙服でも着せて、素直に向かった方が早いのだ。まあ、それだと話にならないけど。  個人的に主人公の必要性が薄い話でした。

レビューを投稿する

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」のレビュー一覧 (1件)

TSUTAYA DISCAS レビュー

知ってる内容は面白かった
とりあえず詰込んで面白かった

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

[ネタバレ]

89人目は奇蹟の少女
『とある魔術の禁書目録』の劇場版。
 今回はスケールが大きいというか……。ローマとかヴァチカアンとか、ロシアじゃ物足りないってわけですか。
 地上としては、学園都市だけですけど、宇宙空間まで舞台にしちゃいます。
 鳴護アリサがキーヒロインですが、彼女が可愛いんだよな……。
 魔術サイドからは、聖人クラスと認識され、捕獲されそうになりつつ、当麻がなんとかしようと奮闘。
 当麻は相変わらず巻き込まれていき、不幸な事もありますが、ラッキースケベでもあるんですよね。
 インデックスも大活躍。
 見所は、間違いなく彼女……のライブシーン。
 かなり力が入ってます。
 三澤紗千香さんの歌はいいですね……。シャットアウラとのデュエットが流れる場面は熱い。
 というわけで、人物の見所としては、シャットアウラ=セクウェンツィアですね。アリサがキーヒロインではありますが、彼女の動向が見所です。
 奇蹟を信じない彼女が、なかなかにいい立ち回りをするんですよね。
 黒幕のレディリー=タングルロードは、ロリで幼女でゴスロリ。包帯・ツインテール・車椅子の黒子を遙かに凌駕するインパクト。
 もちろん、ただの幼女じゃありません。1000年以上を生きる、死ねない彼女。
 そんな彼女の願い――死ぬ事。それを叶えるために、宇宙エレベーター・エンデュミオンまで造って、地球まで組み込んだ術式で、死のうとする傍迷惑さ。その術式のコアがアリサ。
 とにかく、劇場版だけあって、かなり豪華メンバーです。
 学園都市メンバーは、ほぼ登場しています。禁書目録に登場する魔術師たちはもちろん書くまでもないですね。
 御坂美琴たち超電磁砲メンバーはもとより、御坂妹、一方通行、打ち止めたちが大活躍。
 そんな中で、圧倒的だな……と感じたのは、神裂でしょ。彼女のスペックは異常。あり得ないって。
 レディリーの死…

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

典型的な失敗例
ストーリーはご都合主義的展開でシラケまくり。
主要な人気キャラをズラーっと登場させて盛り上げようとしたんだろうけど
その分、一人ひとりの存在意義が薄れるわ、話の焦点もボヤけるわの
オールスターキャスト映画の典型的な失敗例。
シリーズファンなら話のネタとして1度は見るべきかもしれないけど
2度見る価値はない。

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

マクロス商法失敗?w
「禁書目録」と言えば当麻とインデックスのペアとアクセラレーターとラストオーダーのペアではないのか!!!!!
レールガンの出演陣は絡ませやすいのは当然だが、出番の比率が多すぎる。
歌と奇跡という「マクロス」商法っぽいストーリーの為、とてもチープな感じがしてならなかった。
名物の当麻のよくわからない理屈の説教も、とってもあっさり風味、イマジンブレーカーもほぼ出番がないとなってはねー。
登場人物を総出演させようとしたために、キャラの活躍や物語が中途半端になり、大失敗な気がする。
歌でポップに演出しようとしてるのに、本来の少女でもフルボッコな残虐性も入れてしまい、これ完成した時スタッフはどう思ったのか?
楽しみにしていた分、ショックでしたし、好きな作品でも映画では、こうなるのかと思うと今後、劇場にいく勇気すらなくなりました。

劇場版「とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-」

(C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX MOVIE

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。