作品ページ DVD 作品ページ
監禁探偵

監禁探偵

平均点数3.5点

平均点数3.5点

2件のレビュー

基本情報 - 監禁探偵

  • 発掘良品

  • アジアマガジン

  • 好きなアーティスト・著者の情報をいち早くゲット!!

  • 動画配信

解説 - 監禁探偵

解説

人気本格ミステリー作家・我孫子武丸原作の同名コミックを「BADBOYS」の三浦貴大とTV「純と愛」の夏菜主演で実写映画化した異色の密室謎解きミステリー。監督は「シャッフル」の及川拓郎。向いのマンションの一室を覗き見ていた亮太は、異変に気づいてその部屋へと向い、女の死体を発見する。するとそこに若い女“アカネ”が現われ、殺人犯と疑われてしまう。亮太はやむを得ず彼女を自室に連れ帰って監禁し、潔白を証明するため真犯人捜しを開始する。しかしタイムリミットは、朝になるまでの5時間あまり。そんな中、なぜか捜査に協力してあげると申し出るアカネ。2人はお互いに秘密を抱えたまま、ネットやケータイを駆使して事件の真相解明に乗り出すが…。

監禁探偵の 解説

レビュー - 監禁探偵

TSUTAYA ONLINE レビュー レビューを投稿する

あまり深く考えずに楽しむのが吉
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ぢゅん 2014-05-01
原作コミックは未読ですが、我孫子武丸さんの作品ということで、グリグリひねったミステリーかな、と予想して拝見しました。 身構えて観始めたのですが、割とすんなり観終わりました。ラストで一気にひねりがほどけて、ああ、そんなにひねってあったのね、と(笑) けっこう強引で突っ込みどころは多々ありますが、あまり深く考えずに、夏菜さんの監禁された姿や三浦君との掛け合いを楽しめればよい作品、かなと思います。
B級映画の割に面白い!
  • ★★★★☆
  • 投稿者:星織音 2013-07-01
まず、エッチな感じのする映画の題名ですが、エッチじゃないんです。 夏菜さんのタンクトップ姿は、結構、エロさはありますが、小学生も観れる程度のエロさです。 夏菜さんって、比較的、顔が地味なのに、かなり派手な体をされています。 ネタバレになる箇所の多い映画なので、これ以上は、言えません。 続編が出来そうな面白い映画でしたが、題名が残念です。 チケット売り場の若い女の子に、 「監禁探偵、大人1枚」なんて、恥ずかしくて言いづらいです。

レビューを投稿する

監禁探偵のレビュー一覧 (2件)

TSUTAYA DISCAS レビュー

夏菜いつもテンション高い
  • ★★★☆☆
  • 投稿者:ヒロシ  2014年2月16日
夏菜はいつもテンションが高いので好き嫌いの分かれるとことだが、小生は結構好きである。
三浦貴大はこんな役もやっていたとは知らなかった。
最近似たようなルックスの松坂桃季の人気が高まり、影に隠れている感じ。
役者として自分のキャラが確立されてなく、迷いながら演技をしている風にも感じられる。
両親が有名だけに2世として、相当なプレッシャーなのだろう。
頑張れ!

監禁探偵

[ネタバレ]

つまらなくはないけど
途中までの拘束は当然の成り行きで良し。
残念なことに中盤に一度解放されてからの拘束は全く意味不明。
繋ぐ必要性が見当たらず、実は助ける為だったとしても
そこまでの義理があったのかは大変疑問です。
パソコンに無知な主人公にも?が付きます。
ハッキング等の専門知識は置いておいて、普通の操作くらいは
ほとんどの人が出来るはず。細かい所が気になりすぎて集中出来なかった。
真犯人の意外性と狂気は、おぉっと唸らせるものでした。ますます残念。

監禁探偵

夏菜の夏菜による夏菜のための映画
ミステリーとしてはかなりガタピシした出来で、語り口もラストの締めも大甘。
とうてい及第点はあげられないんですが、それを補って余りあるのが主演の夏菜嬢のはじけた存在感。
美少女(?)探偵アカネ役にズバリ嵌って、素のままで演じているのかと思うほど完璧に一体化している。
ホテル修行の娘や新米刑事、富豪令嬢やらんまよりも本作のアカネ役はどストライクで、彼女以外のキャスティングは考えられない。
昔のスター映画と同じで、話のつじつま合わせよりも主演スターを引き立てることを優先する映画が現在あってもいいわけで、夏菜嬢の一挙手一投足を鑑賞するための作品と言っても良い。
また、篇中でかなりきわどい姿態も曝しているが、どうにも健康的すぎて色気をほとんど感じさせない点も、性を意識させないスター映画の一つの要素であります。
映画というより低コストの単発テレビドラマ並み、それもパイロット版のような仕上がりですが、夏菜嬢に作品を引っ張っていくだけの力量(魅力)があると証明出来たのですから、次はこのキャラを活かして脚本と監督と予算を潤沢にして、上出来のミステリーを作って欲しいものです。
さしあたって、辻真先原作のスーパー・ポテトシリーズ(もちろん主役のキリコに夏菜嬢)なんて如何でしょう。
追記 三浦貴大クンは低音でボソボソ喋る時の発声訓練をやり直してください。

監禁探偵

劇場公開するレベルではないような・・・
  • ★☆☆☆☆
  • 投稿者:Q-man  2013年11月14日
本当にこれを劇場で公開したんですか?
主演の女優さんの演技は俳優としては落第レベルですが、可愛いのが救い。
その他、役者さんは悪くなかったので星一つおまけしましたが、内容だけなら星0.5くらい。
観客の思惑を外そう外そうとするあまりに謎解きが誰も納得しない方向にいってしまった感じ。
それでも度外れて異常な真相ならばそれなりに驚くところですが、へえーあーそうレベルの話なのがなんとも。。。

監禁探偵

割りと地味な作品!
この作品は、ほとんど監禁部屋でのシーンが多いので、観ている方としてはかなり地味な作品に映るかもしれません。
タイトルのジャケットの写真にあるような夏菜さんのセクシーシーンもありますが、せいぜいシャワーシーンでの背中
ヌード位なもので、それ以上のシーンはありませんでした。
また、ストーリーもサスペンスというほどでもなく、推理小説のドラマというほどでもなく、中途半端な出来栄えといった
印象でした。
この作品、主演がNHKの朝ドラでヒロインを演じた夏菜さんでなかったなら、観たかどうか疑問の残る作品でした。

監禁探偵

(C)2013「監禁探偵」製作委員会

  • ※記載内容は商品によって異なる場合があります。