トップページ > 作品紹介 > BONES -骨は語る-

BONES -骨は語る- 海外テレビドラマ

BONES -骨は語る- イメージ写真 海外テレビドラマ

BONES -骨は語る- イントロダクション 海外テレビドラマ

全米で今、もっとも人気を集めるジャンル“クライム・サスペンス”。科学捜査、心理分析、地道な捜査……さまざまな形で描かれる犯罪ドラマにまたひとつ新たな傑作が誕生した。『BONES』のテーマはそのタイトル通り、ズバリ骨。損傷が激しく身元確認の困難な遺体が発見されると、法人類学者テンペランス・ブレナン率いる“ジェファソニアン法医学研究所”のメンバーが身元確定に全力を尽くす。骨の欠片から引き出せれる情報の多彩さには目を見張るばかりだ。
法人類学者ブレナンとFBI捜査官シーリー・ブースのコンビが数々の難事件を解決していくストーリーは基本は1話完結だが、劇中少しずつ明かされるブレナンの過去がやがて大きなテーマとして形作られていくという点も大きなポイント。分かりやすい1話完結ドラマと同時に、シリアス・ドラマの醍醐味も存分に味わえる、二重にエンターテイメントを追求した作品となっている。

BONES -骨は語る- ストーリー 海外テレビドラマ

高い知識と技術を持つ法人類学者テンペランス・ブレナン。普段は研究職に従事しているが、被害者の骨に残された証拠を読み取る超人的な能力を持っていることから、通常の死体確認方法が使えないような殺人捜査の際に警察から協力を要請されることも多々。そんな捜査の際、彼女がチームを組むFBI捜査官のシーリー・ブースは、元スナイパーで科学や科学者に不信感を持っており、理論思考で鼻っ柱の強いブレナンとの衝突が絶えない。日夜さまざまな犯罪に関わるブレナンにとっての支えは職場の同僚たち。3次元のコンピューター映像で犯罪の現場を再現する有能な科学者アンジェラ・モンテネグロや、ずば抜けたIQを誇るアシスタントのザック・アディはよき相談相手だ。そのほか、昆虫胞子と鉱物の専門家ジャック・ホッジンズや威圧的な上司ダニエル・グッドマンらに囲まれながら、彼女は"骨"を通し事件を解決していく。

BONES -骨は語る- キャスト 海外テレビドラマ

テンペランス・ブレナン博士(エミリー・デシャネル)

テンペランス・ブレナン博士(エミリー・デシャネル

ジェファソニアン法医学研究所の法人類学者で、骨に残された特徴から人物を特定する能力に優れている。幼い頃両親が行方不明になり、最終的に祖父に引き取られるまで里親の間を転々として育った経験を持つ。


シーリー・ブース捜査官(デイビッド・ボレアナズ)

シーリー・ブース捜査官(デイビッド・ボレアナズ

FBIの殺人捜査班の特別捜査官。元陸軍のスナイパー。科学に不信感があり、科学者を"スクインツ(目を細めるやつら)"と呼ぶ。物的証拠よりも容疑者や目撃者への尋問を重視する古いタイプの刑事。


アンジェラ・モンテネグロ(ミカエラ・コンリン)

アンジェラ・モンテネグロ(ミカエラ・コンリン

ブレナンの親友で同僚の法医学者。主な仕事は頭蓋骨からの復顔。コンピュータの技術にも優れている。気取りのないはっきりした物言いが特徴。ブレナンとブースを恋人同士にしようと献身的に動き回る。


ザック・アディ(エリック・ミレガン)

ザック・アディ(エリック・ミレガン

ブレナンのアシスタント。ずば抜けたIQを持つ若き天才だが、自分の意見をはっきり言うことや人と会話することが苦手で、典型的な学者タイプ。ジャックの家に居候している。


ジャック・ホッジンズ博士(T・J・サイン)

ジャック・ホッジンズ博士(T・J・サイン

"バグ・ガイ(虫野郎)"のあだ名を持つ昆虫学者。専門は昆虫胞子と鉱物、趣味は陰謀。ブレナンのアシスタントであるザックに、良き先輩としてアドバイスを与えることもある。実は富豪の一族出身。


BONES -骨は語る- PICKUP 海外テレビドラマ

BONES -骨は語る-

“骨”だけが真実を知っている-

BONES -骨は語る- DVDジャケット写真

BONES -骨は語る- 動画予告編

BONES -骨は語る- 3つの「ハマり」ポイント 海外テレビドラマ

「ハマり」POINT1

リアリティある犯罪捜査


この作品の着想者は実在の法人類学者であり小説も手がけるキャシー・ライクス。実体験から生まれるリアリティが、犯罪を扱う作品の世界に奥行きと厚みを与えている。

「ハマり」POINT2

ブレナンとブースの恋の行方


バツイチのブレナン、息子はいるがその母とは結婚せず今は別の恋人を持つブース。力を合わせ意見を戦わせて事件を解決する2人に、果たして恋は芽生えるのか?

「ハマり」POINT3

残忍な犯罪の裏にある人間ドラマ


非業の死を遂げた被害者の遺体に残る情報は事件解決の糸口。事件の裏に隠された複雑な事情と人間心理も描かれる、大人のための見応えあるドラマだ。

BONES -骨は語る- キーパーソン 海外テレビドラマ

キーパーソン1人目

キャシー・ライクス


アメリカ法人類学協会から正式認定された数少ない法医人類学者にしてベストセラー作家。原作・ドラマともに、専門知識はもちろん被害者の特定作業も詳細に描かれリアリティに満ちている。

キーパーソン2人目

ハート・ハンソン


製作総指揮。これまでにも『ジャッジング・エイミー』(2001)、『ジョーン・オブ・アルカディア』(2004)など人気ドラマを手がけてきた有名プロデューサー。

BONES -骨は語る- データ 海外テレビドラマ

放送開始

2005年9月13日〜アメリカ・FOX


原作、脚本、エグゼクティブ・プロデューサー

ハート・ハンソン